飲食店の店長、最大の悩みとは何か?

ブラック企業辞める

今現在飲食店で店長をされている人。

これから新たに店長に就任しようとしている人。

不安や恐怖、現実に直面している問題と様々に不安を抱えているのが事実でしょう。

飲食店の店長の最大の悩みとは何か?

色々とまとめてみました!

人手が足りな過ぎてシフトもクソもない

店長に就任してまず頭を抱えるのが社員・アルバイトのシフト管理。

売上予算や、その月に使える人件費(レイバーコスト)の中から目標達成に向けてシフトを組みます。

ところがこのシフト、根本的に人手不足で組みようがなかったりします。

スタッフ数が10人規模のお店では特にそうで、週末は10人で臨みたいところ人手不足から7人営業。

こんな事もザラにあります。

しかもその7人中2人が日本語もたどたどしい外国人だったりと・・・。

とにかくシフトを組むというよりも、その日に出られるヤツをかき集めているような状態。

これをシフト作成と呼ぶのかどうか?といった疑念にも駆られます。

とにかく既存の週3希望の人を無理くり週4にするよう説得したり、金土出勤オンリーのスタッフを平日のどこか1日出れないかと交渉したり・・・。

ある意味で飲食店の店長は管理能力よりも、上手いトークが求められたりして戸惑う瞬間でしょう。

当然ながら日頃の店長自身の働きぶりがシフト作成にも影響しますが。

 

上層部の意味不明な売上予算組み

店長は当然ながらその月の売上予算を管理します。

損益分岐点に基づいて、その月にいったいいくらの売上を立てれば利益が出るのかをだし、緻密に予算を組んでいきます。

普通の会社は前年の売上に対して、それを上回る数字を設定して売上予算を組む。

もちろんここには前年と同じような事をやっていたのでは現状維持はおろか、衰退しかないという意図もあるのでしょう。

しかし中には先月の売上が悪いから今月で取り返そう的な短絡的なオーナーや幹部がいるのも事実です。

 

例えば、先月の売上目標が500万に対して450万までしか到達しなかったとします。

短絡的な上層部の中にはこのマイナスの50万を次月以降に按分して予算組を施すマヌケもいます。

飲食店長経験者であればよく分かることですが、先月の売上が前年比で90%にしか満たなかった場合、次の月に一気に売上を盛り返せるなんてことはありえません。

売上衰退の原因は大抵が長期的なプランのもとに徐々に登っていくのが普通で、いきなり一気にドーンと行かないのがビジネスの根本原則。

にも関わらず自分自身のエゴを押しつけるかのごとく、マイナス分を翌月以降に補填するような形で乗っけてくる上層部がいたら、そんな会社は要注意でしょう。

本質的な利益構造の仕組みを理解しておらず、売上挽回の施策が無いことを表しているのと同義と言えます。

 

理詰めで客観的なプランニングが出来ない経営陣の元では、予算以外にも無理難題をふっかけられたり、休みが取りづらかったりする。こんな事も十分に考えられます。

  • 売上が悪いというだけで休みを削って出勤
  • 働く時間を約束しているアルバイトを早上がりさせるよう指示が出る
  • 一人営業

こんな事をしても売上が回復するワケはないのに、一時的な感情に振り回されて無理難題をふっかけてくる。

 

一方で、売上不振の原因を理詰めでロジカルに一つ一つ潰していけるような冷静な人。

根本的な原因をしっかり捉えていて、大胆な改変でもそれを体を張って実行出来る人間が上に立っていれば、そのお店・会社は将来性があると言えます。

 

バイトのしでかしたクレームの処理

お店でバイトがドリンクをこぼし、お客にかけてしまった。

飲食店ではよくあるトラブルです。

当然ながら、それに対する処理を施すのは店長の役目。かなり嫌な仕事です。

怒った客
怒った客

ふざけんなよおめえ、誠意みせろ!

客から暴言を吐かれるこんな光景は店長経験の長い方であれば何十件、何百件と見ている事でしょう。

 

ここで一つ質問致します。

皆さんのお店では、こういった必ず起こりうるトラブルに対する処理法の講習ミーティングは実地されているでしょうか?

通常大手や優良な飲食店ではこのようなトラブルに対しての講習は定期的に行われているもの。

というのも、通常飲食店ではお客とトラブルになった時に対処するために、対法人の保険に加入しているのが一般的。

  • グラスが割れてて口を切った
  • 食材が傷んでいて腹をこわした
  • 店内で滑って怪我をした

こんなトラブルに巻き込まれた時ように、保険に加入しているのが普通です。

そして保険屋さんの中には、このトラブルに対してはいくら支払うなどの相場も決まっています。

  • 店内での怪我にはいくら
  • 店内での盗難にはいくらいくら

このように相場があるのです。

オープンな飲食店では、こういった保険屋さんを実際にミーティングの場に呼んで、保険の講義を実施しているところもあるぐらい。

 

同様に、お客の服にドリンクをかけてしまった時のクリーニング代なんかも予め相場が決まっていたりもします。

その一連で、「まずは必死に当事者として謝罪する」、「問題解決を急ぎ過ぎず慌てない」などの講義が行われるのが一般的。

 

逆に、こういった講習すら実施されず、経営陣から

社長
社長

お前はそんな対応もできないのか!
ちゃんと謝れるようバイトを教育しとけ!

こんな事を吐き捨ててくるようなら、その会社は要注意と言えるでしょう。完全ブラックですね。

 

意外にも孤独な生活

飲食店という独自の長時間拘束。

ややもすれば、家に帰るのは寝に帰るだけで、その大半はお店で過ごす事に。

それが長期に渡って繰り返されていくと、

ホントに自分の人生このままでいいのか?

こんな焦燥感のようなものを感じてきます。

また周囲の同僚や上司達も自分と同じような環境(もしくはそれ以上)にいるので、相談するにもできない。

 

更には、飲食業以外の友人や家族に飲食独特な長時間激務を相談しても、

ホントにそんな大変なの!?

的な感じで、実際に現実に起こっているにも関わらず、そんな事はあり得ないとばかりにまともに受け入れて貰えなかったりします。

そのため中には閉塞感に苛まれ、過度な飲酒に走ってしまう人や、最悪は鬱病になってしまう人、家に帰宅するのも困難で挙句の果て離婚する人。

こんな実態が現状だったりもします。

実はこういった現実世界とのギャップが、実は飲食店の店長の最大の悩みの種だったりするわけです。

 

「滅私奉公」という4字熟語があります。
簡単に言えば、プライベートの時間も顧みずに仕事に奉公するといった姿勢。

従業員の事を少しでも思いやる会社は滅私奉公の姿勢にはなりません。

会社・仕事が人生の全てと捉えがちな職種だからこそ、「私」の部分にも考慮してくれるお店が優良だとも言えます。

そういったお店で働いていれば、上記のような悩みを一人で抱え込むといったことも無いとも置き換えられます。

 

最後に|悩んでいるままでは何も解決しない

飲食店の店長の悩みについて記事を書きました。

ブラック
ブラック

私自身、もともと飲食店の店長をやっていましたが、そのときのことを思い出しながら書きました。

やはり当時のことを思い出すと、少し悲しい気持ちになります。なにせ、今の会社と比べると店長をしていた当時の職場環境は地獄でしたから。

あのときの自分を褒めるとすれば、転職するという決断をしたことです。

転職すればすべて解決、なんてこともないのですが、チャレンジしてみる価値はあります。事実、私の人生は変わったのですから。

もしかすると、あなたの人生も変わるかもしれませんよ?

それに、転職するならできるだけ早くやることをオススメします。若いほうが採用されやすいですし、職場に馴染みやすかったり新しいスキルも身に着けやすいからです。

 

とはいえ、転職するにしてもいきなり会社を辞める前に、まずは転職エージェントに相談してみることをオススメします。

水面下で転職活動し、転職先が決まってから退職届を出す。こうすることで、自分の収入が途切れることも防げますからね。

このようにスムーズな転職を行うためにも転職エージェントは利用すべきです。転職エージェントは企業の紹介だけでなく、書類の添削や面接対策も行ってくれるからです。

 

また、注意しないといけないのが、転職エージェントの中にも、ブラック企業でもいいから、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

doda
doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

タイトルとURLをコピーしました