飲食店の社員を猛烈に辞めたい人へ!後悔しないために。

ブラック企業辞める

世の中に多数ある飲食店。

居酒屋やレストラン等どこもかしこもありふれた町並みの景色として存在します。

しかし、

実際の内部で働く人から見ると、その労働環境は酷いの一言。

飲食業の内部の酷さを大暴露しながらも、その後一体どうしたら良いのかを提案します!

飲食店を辞めたい人必見!

こんな環境で働くのはもう嫌だ!

異常な長時間労働

まずもって飲食店を辞めたいという最大の理由が、異常なほどに長い長時間拘束です。

この労働時間、異様です。

通常のサラリーマンであれば、朝9時に出勤し、残業をしたとしても大抵が夜の19時か20時には終業をむかえるのが一般的。

おおよそ一日の拘束時間は長くても10時間ぐらいでしょう。

 

しかし飲食店だと、普通に12時間を突破します!

 

12時間位ならまだ短い方で、長い時には16時間、18時間拘束なんてのも極々当たり前に起こってきます。

最近では、流行る店・廃れる店の2極化が進んでいる事もあり、商品やサービスのクオリティに力を入れている店舗も多い。

要は料理も全て手作りのうえ、営業内容や店舗の状態に関するミーティングや打ち合わせが頻繁に行われる。

 

こうなってくると、仕込みのために朝早出をしたり、営業終了後に打ち合わせなんてこともしばしば・・・。

夜の12時閉店のお店だと、終電ギリギリまで営業に携わっているため、下手すりゃ帰れずそのまま店舗に泊まるなんてことも普通に起こります。

翌朝始発で帰宅しても、仮眠をとって瞬く間に出勤。

 

こんなサイクルが頻繁に起こってくると、

あなた
あなた

なんで俺、飲食店なんかで働いてるんだろ。辞めてえな~

という気持ちがフツフツと起こってくるのです。

 

残業代が出ない

これだけの長時間労働なのにも関わらず、残業代が一切出ないなんてことは業界の常識。

第一、従業員を安いコストで長時間働かせる事がビジネスモデルにもなっているため、あの手この手で言いくるめタダ働きさせようとするのが根幹にある。

 

最も代表的な手口として「自主的に残業をしている」形に持っていく方法です。

  • 終電まで残業させる
  • 2時間早出させる

こういった事をタダで社員にやってもらうには、なんとなく納得させる方法をとる必要がある訳です。

 

ブラック企業でよくありがちなのが、高邁で抽象的な理念を掲げる説得法です。

  • お客様の「ありがとう」の為
  • 社会への新たな価値を生み出そう
  • 今の頑張りが3年後の夢を描く

一見すると、こういったフレーズと残業が一体何の関係があるのか?といったようなレトリックを巧みに使い、従業員を縛り付ける。

我々は世のため人の為に仕事しているんだ!といかにもなことを全面に打ち出す事で、そこに我々の貴重な人件費が生じているという事実に触れさせないようにしている。

 

美しい経営理念を全面に掲げる事で、「会社に出勤するのはお金を稼ぐためではなく、社会奉仕・社会貢献をするためだ」といった空気感を強烈に作り出す。

人間は美辞麗句の前では、反論の余地すらなくなってしまうという心理を卑怯にもついてくるのです。

従業員全員がこういった雰囲気の中で突き進んでいると、とても残業代の事などは切り出せなくなってしまう。

結果、自主的に働いているというテイに。

あなた
あなた

残業代うんぬんは、まずは自分が一人前になってからだな。それからだな。

こうして、あなたは残業代が支給されないことを我慢してしまうのです。

 

経営者や上司が悪質

それでも我慢にも限界はあります。

そこで、飲食店を辞めようと上司に相談すると、必ずと行ってよいほど引き止めに合います。

 

そりゃそうです。

上司も上司でアナタに退職されたら、その穴埋めをしなければならないからです。自分がシフトインする必要があるし、休日も無くなってしまう可能性があるから必死です。

オーナー社長なんかも、自分の経営理念を否定されてるのと同義ととらえるので、

あなた
あなた

辞めたいです

などと言おうものなら、

社長
社長

今はどこも就職難だから厳しいよ

社長
社長

どこいっても待遇なんて似たようなものだよ

こんな根も葉もない言葉を振りかざしてきて、必死に引きとめようとします。

 

断言します。

これ全部、感情に振り回されて言っている適当な嘘ですから。

 

だいたい上司や社長にアナタの一体何が分かるのでしょう?

長時間拘束で労働に縛り上げ、あなたのまだ見ぬ可能性を潰してきた彼らに一体何が分かるのか?

上司はとにかく経営者って根本、低賃金で自分の思い通りに働いてくれる人を重宝します。

特にこの人手不足のご時世にありながらも、今だにこんな考えを持っている経営者も存在します。

お店を辞められる=思い通りにいかなくなる

という式が成り立ってしまうのを非常に嫌います。

そのため何かにつけて必死に引きとめようとするわけです。

 

こんな時こそ冷静に考えて見て下さい。

  • アナタの上司は幸せそうか?
  • 3年後、4年後もこのライフスタイルが変わらない事に耐えられるのか?
  • 家族、恋人と過ごす時間もままならないこの現実

この現実から目を背けてはいけない。行動するべきは今なのです。

 

飲食で働いていても報われない

この記事を読んでいるということは、あなたは飲食を辞めたいと思っているはず。ところが、まだどこかで踏みとどまっている。

しかし、このまま我慢し続けていてもその我慢が報われることはないでしょう。

 

これからお話しすることは残念ながら事実です。

飲食業のブラック労働は今後も変わらない可能性が高いです。

理由を解説します。

 

まず、飲食業界の1人あたり利益額は他の業界と比較しても圧倒的に低いです。

1人あたり利益額は年間で、

  • 飲食業界だと350~450万円ほど
  • スーパーなどの小売業で約550万円
  • 製造業だと650~1,000万円ほど
  • 建設業だと700~1,100万円ほど

となっています。

そして、

1人あたりの利益額が少ないから給料も少ない

給料も少ないから働きたい人も少ない

少ない人数で現場を回す必要がある

ブラック労働はなくならない

このような構造になっています。そして、これはもはや世の中の仕組みに組み込まれていることなので、変えようがないんですね。

 

飲食業界では1人あたりの利益額を上げるのは難しいです。利益額を上げるためには、商品の値段を上げるか、原材料の食品の仕入れ額や経費を下げるかしかありませんが、このどちらもが難しい。

ラーメンであればだいたい1杯あたり500~800円ぐらいなどのように、世間の人の中で適正価格ができ上がってしまっているためです。また、下手に値段を上げると他の店に客を取られます。

原材料の仕入額を下げるということは質を下げることになりますが、そうなると料理の味に影響してきて、これまた客は離れていく。

このようになっているため、飲食のブラック労働がなくなる可能性は限りなく低いわけです。

 

後悔しないために今すぐ行動すべき

ここまでで十分おわかりいただけたと思います。飲食業界に居続けることのリスクを。

とはいえ、今すぐ会社を辞めて転職しろ、とは言いません。会社を辞めた後に転職活動をするのもリスクがあるからです。

会社を辞めてしまうと給料が入らなくなるので、焦って転職活動を進めてしまい、またブラック企業に入社する、なんてことになりかねません。

 

そこで、転職先が決まるまではなんとか今の会社で働きましょう。もう少しの我慢です。

ここで頼りになるのが転職エージェント。

転職エージェントが紹介してくる求人はまともな会社のものである可能性が高いからです。

転職エージェントは紹介した人材がすぐに退職してしまうと報酬を減額されたり、ペナルティを課されたりなどの不利益を受けます。

なので、わざわざ報酬を減額される可能性のあるブラック企業を紹介しようとはしないのです。

 

ただし、転職エージェントの中にも、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

doda
doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

タイトルとURLをコピーしました