転職したが半年で退職。次の面接でどう説明すればいいのか?

ブラック企業辞める

転職したものの、全く合わずに半年で辞めたい。

実はこんな悩みを抱えている人はかなりいる。

「求人詐欺」や「誇大広告」が横行している最近なため、入社したものの自分の予想と大きく異なりミスマッチ。

こんな話はありきたりと言えるぐらいです。

 

しかし真面目な人ほど、

「とりあえず1年は頑張らなくちゃ」
「半年で退職してしまったら次の面接でどう説明すれば・・・」

こんな事を深く悩んでしまい、行動に踏み切れないのです。

キッパリ言います!悪いのはあなたではありません!半年だろうがなんだろうが辞める決断は早い方がいいです。

退職に1年も半年も大差ない

辞めることに踏ん切りがつかない人は、最低でも1年は頑張らないと職歴として成り立たない!などと気張ってしまいがち。

ですが、ぶっちゃけ1年も半年もほとんど大差はありません。

というのも、ほとんどの会社で1年も半年も経歴として同じとみなします。変わらないのです。

むしろ次の面接の事を考えるなら、「勤務期間」よりも「退職理由」の方をどう説明するか?こちらの方が重要です。

 

まだ入社して半年しか経ってないし、とりあえずあと半年は頑張らばければと意気込む気持ちがあるかと思いますが、職歴や経歴のことを気にするなら、ほとんど意味をなさない事をまず押さえて下さい。

既存の会社が、激務なブラック企業だったり長時間労働でストレスフルな会社であれば、あと半年を気張って頑張る方がリスクを伴います。

むしろ貴重な時間(年齢)を消費し、精神が削られるだけマイナスです。悪いのは嘘つきのブラック企業です。

合わないなら合わないで、いち早い決断を下し、転職に踏み切った方が賢明でしょう。

 

半年で退職した経歴の説明

半年で辞めるに辞めれない束縛理由がこれ。

次の面接で「半年退職の説明」をどうするかが引っかかってしまうのです。

それもそのはずで、転職するにしても次の面接官は短期で退職した経歴を必ずつっこんできます。必ずです。

 

整理しましょう。

なぜ面接官が退職理由を突っ込んでくるのか?を深く考えることで、自然とどう説明したらいいのか答えが見えてきます。

 

面接官が退職理由を聞く理由

面接でなぜ短期退職の理由を聞くのか?

それは、

またすぐに辞めてしまうのではないか?

この部分をしっかりと確認しておきたいからに他なりません。

面接官
面接官

半年で退職してしまうなんて、不誠実な人間なのではないか?

こういったところを事前に確認しておきたいのですね。

そのため「半年退職」の理由をしっかりするには、自分は不誠実な人間ではないところをアピールする必要があります。

 

不平不満はNG

文句や悪口と受けとられかねない内容のトークは不誠実そのものと判断されます。

半年という短いスパンで退職しているため、何らかの大きい理由があるのですが、いくら後ろめたい理由でもその理由を攻撃するような事は控えます。

  • 残業時間が長すぎて疲弊した
  • 仕事内容がくだらくやる気を削がれた
  • 嫌な上司がいてストレスで体を壊した

このように、前の会社を非難攻撃するような発言は一切控えながらも、実際のあなたの気持ちをからめて説明します。

 

あなたは当初、入社して半年で退職なんて事は考えていなかったはずです。その事を一番不本意に感じているのは何よりも自分自身ですよね。

そこを面接官に説明します。

  • 半年で退職に至った経緯を非常に反省している
  • やむを得ずに半年退職せざるを得なかった

この部分を、具体的な理由をからめながら不平不満にならないように説明します。

 

半年退職の説明具体例

コツは、

  • 仕事自体に嫌気がさしているわけではないこと
  • 自分で進んで解決策を探しているというポジティブな姿勢
  • ウソは言わず本音を話す(不平不満はだめ)

を表し、面接官に会社側にも問題があったのだなと思わせる。

※下記はあくまで例文なので参考程度にとどめて下さい。

 

長時間拘束が原因で退職した場合

ブラック企業ではありがちですよね。

みなし残業や固定残業などと言いくるめられてしまい、長時間労働にも関わらず残業代が出ないパターン。

ポイントは長時間働きたくないのを濁す点。

あなた
あなた

前職では働く時間が長いにも関わらず、自分自身が成長できている実感があまりありませんでした。長くダラダラ働く環境よりも、効率的に仕事を吸収し成長をはかりたいと思ったため転職を希望しました。

あなた
あなた

メリハリのある環境で働く事で、自分で使える時間を増やしたいと思っております。空いた時間を読書に費やしたり、仕事に繋ががるための勉強に当てて自己成長したいです。

長時間労働にウンザリして短期で退職した場合、短い時間で働けることのメリットを話しながら、余った時間に何を費やし、それが仕事にどのように活きるのかを話すのがポイント。

更に詳しく知りたい方は下記のページを参照して下さい。

 

職場の雰囲気が原因で退職した場合

入社したが、イケイケの体育系会社、わんまん社長の会社だった・・・。辞めたい。

こんな話もよくあるところです。職場の雰囲気が合わずに辞めた場合、どう説明すればいいのか?

あなた
あなた

前職は体質が古く、意見や改善案を受け入れてくれない気風でした。上司にも何度か提案を申し入れましたが、中々聞き入れてもらえませんでした。自分自身の会社に対する問題意識が希薄になっていくと考え転職を決意しました。

あなた
あなた

以前の会社には、全員が同じ方向に向かって頑張る姿勢に魅力を感じて入社しました。しかし意見を言えるような環境ができておらず、偏った価値観になっていき、自分自身これでいいのか疑問を感じてしまいました。そこで、一人一人の意見がしっかり反映される環境の職場で働きたいと思いました。

職場の空気感に嫌気がさして退職した場合、面接官からはコミュニケーション能力に不備があったのではないかの疑問がかけられます。

そこを柔軟に説明できるトークが必要でしょう。

 

ボーナスが出ない事が発覚した場合

面接ではその年の業績によるなどと説明されていたが、実際に入社してみると向こう3年近くボーナスが支給されていない事が発覚。こんな時、退職理由をどう説明するのか?

あなた
あなた

当初の説明ではボーナス支給となっていましたが、業績の悪化で全面カットとなってしましました。もちろんボーナスが出るか出ないかは評価の面もありますが、自分の中でチャンスが狭まってしまったと感じたので退職を決意しました。

ボーナスだけにとどまらず会社の将来性に不透明感を感じた場合には、文句にならないようにその部分を打ち出すのはオッケーです。

その上で、自分にどのような変化が生じ、だからどういった会社で働きたいのかを話せるかがキーポイントでしょう。

 

仕事内容が面白くない場合

仕事が雑用ばかり、無駄な工程も多く面白くない・・・。こんな時次の面接でどうする?

あなた
あなた

もっと自分が挑戦できる環境で働きたいです。さらに成長のスピードを加速させて、より会社や社会に対して貢献できるチカラを養いたいと思っています。

正直、仕事がつまらないから辞めた場合、その理由を変換させるのは大変です。なぜなら基本的に仕事自体そんな面白いものではないというのが根底にあることが周知の事実だからです。

 

そのため、この理由を面接で展開する場合には、

  • 忍耐力がないことをカバーできる説明
  • 成長して具体的にどうしたいのか?
  • なぜ前の職場ではそれが実現できなかったのか?

をハッキリと答えられる必要があります。

 

半年で退職することを上手く説明できないなら

半年で退職することにポジティブな印象を持つ面接官はいません。何かしら非があって辞めてきたものだという認識が必ずついてまわります。

不平不満を言わずにうまく立ち回ろうとし、饒舌にアレコレ話すのは禁物です。

面接官
面接官

弁だけはやたらたつ人だなあ

こんな印象を持たれかねません。

 

上記に述べた退職理由の説明はあくまでも一例です。

職種や職場の環境によっても差があるでしょうし、あなた自身の都合も多いはず。

もし半年で退職した理由を上手く説明できないと感じたら「転職エージェント」に相談するのが一番の解決策です。

退職理由のいかんを問わずに、自分について自分の言葉で話すにはどうしたら良いのか?を具体的に指南してくれます。

そのうえ、

  • どういった求人を選んだらいいのか
  • 職務経歴書の書き方

などの転職の基本的なノウハウを教えてもくれます。

 

またブラックな会社に当たらないためにも、離職率や平均勤続年数なども知っている限りで共有させてくれるので、短期退職するリスクも軽減できます。

もしあなたがどうしようか迷っているのであれば、とりあえず登録だけでもやっておいた方がいいです。

登録すると紹介できる求人がやおすすめの求人が送られてきます。

こういった求人を眺めておくだけでも、自分のキャリアならどんな業種があり、どんな仕事につけるのかの指針につながります。

おすすめの転職エージェント

最後におすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェント自体の利用は無料なので、とりあえず相談だけしてみるという使い方でもありでしょう。

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

doda
doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

タイトルとURLをコピーしました