バカばっかり?レベルが低い職場の特徴と原因

ブラック企業から転職

周りのレベルが低いと感じる職場の特徴と原因は、

  • 会社や部署の仕組みが整っていない
  • 社外の取引先の評価よりも社内の評価を過剰に気にする
  • 働いている人のビジネススキルやマインドが低い

です。

おそらく、あなた自身は高いビジネススキルをお持ちで、仕事ができる部類にいらっしゃるのだと存じます。

しかし、あなたのような素晴らしい人材が、レベルの低い職場にいるとあなたは損をしている可能性が大きいです。

「成長を最大化できる機会を失っている」かもしれません。

しかし、もしあなたがその職場にいることで

  • 優越感に浸るのも悪くない
  • 違う職場へ転職することで自分よりできる人と仕事してシンドイ思いをしたくない
  • 今、ぶっちゃけ余力を持て余して仕事をしているのは楽

などと思っている場合は、その職場に残る方が幸せなのかもしれません。

 

とはいえ言葉を選ばず言うと、あなたは今の職場に

バカばっかりでうんざり・・
なんでこの人はこんなこともできないのだろう?
職場でしかアイデンティティ無いのかな?

と思っているはず。

であれば本記事は一読の価値ありです。

レベルが低い職場の特徴や原因

あなた
あなた

なんだか職場の人たちのレベルが低いなあ〜

と感じることがあるでしょう。

おそらくですが、そう感じられるのであれば、あなたは仕事ができる部類のタイプだと思います(羨ましいです..)。

さて、レベルが低い職場の特徴や原因は、どのようなものがあるのでしょうか?

特徴①:会社や部署の仕組みが整っていない

会社の部署や仕組み、業務フローが整っていないケースが多いです。

  • 例えば 営業であれば、売り上げた後の請求の処理を誰にどこまで頼めば良いか?
  • 営業活動の入力の際、どこからを見込み客として登録できるのか?
  • 事務の方であれば、不毛とも思われる入力作業が複数 (一つのシステムに入力で一括で登録されてほしい〜!)
  • その他、見積書作成、書類作成のフォーマットがどこに入っているか分かりにくい

などなど

仕組み化を完成させておらず、前線で働く「人」に汗をかかせることでなんとか凌いでいる感じです。

仕組み化ができていないと、人が育たず、会社全体としてレベルは低くなります。

また、仕組み化ができていない場合には得てしてブラック企業化します。

ブラック
ブラック

もしまだ今のあなたの業務量がそこまで多くないとしても、できる人に仕事が集まってくるのがブラック企業。覚悟はしておいたほうがいいかもしれません。

 

特徴②:取引先など社外よりも「社内」の評価を過剰に気にする風潮

本来、会社としてビジネスを行っていく上で大切なのは、取引先やエンドユーザーなど「お客様」にいかに良質なサービスを提供し、対価としてお金を頂くか、ということです。

これだけは、どの会社においても共通している事です。

ビジネスは「お客様ありき」

であれば、会社員やビジネスマンは「お客様の評価」を絶対視し、気にするべきなのは間違いありません。

 

しかし、レベルの低い職場の特徴として出世や社内政治、承認欲求を満たしたいが為に「社内の評価」に一番の重きを置きます。

「社外」よりも「社内」。

実際に給料などの原資になっている「お金」を頂けるのは社外です。

お客様を一番に考えない会社が将来的に繁栄するかどうかは、考えるまでもないですね。

 

余談ですが、仕事ができる人は「社外」の評価を重視します。

皮肉にも「社外」の評価を気にして数字を伸ばした人が結果として「社内」でも評価されるのです。

 

特徴③:ビジネススキル・ビジネスマインド・職務能力が低い(=仕事ができない)

ビジネススキルやマインド面が低く、仕事ができない人が多いです。

それらが低いかどうかは、「社内」で相対的に判断するのではなく、他社も含めた「市場」において判断するのが良いでしょう。

例えば、あなたが営業先の担当者に対して「コイツ仕事できないな〜」と思っていても、社内ではその担当者が評価されている可能性がある。

それは、社内の他の人たちがレベルが低すぎるが故に起こる現象です。

こういう場合は、1個人の力ではどうしようもありません。

 

あなたは成長機会を失っているかもしれない

あなたは本来であれば、もっと能力を開花させ、高みに登れる人材かもしれません。

その能力を開花させるのは周りの環境をアップさせ、多少シンドイ思いをしながら成り上がっていくしかないのです。

であれば、今あなたはレベルアップできる環境に身を置けていないのはかなりの「機会損失」をしていることに他なりません。

転職することが本当の意味であなたの為になるでしょう。

ただ、いきなり会社をやめることはオススメしません。

転職先が決まらないまま先に退職してしまうと、転職活動のときに焦ってしまい、ブラック企業に入社する羽目にはるかもしれないからです。

なので、まずは会社に在籍したまま転職エージェントに相談してみましょう。

 

ただし、転職エージェントの中にも、嘘の情報を伝えてでもいいから、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】

★複数に登録しておくと転職成功率がアップします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は、なんと言っても求人数の多さ。日本一の求人数を誇ります。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人も10万件以上あり。

様々な職種、年齢、勤務地に対応しており、転職した者の2/3は一度は登録しています。

豊富な転職支援実績データに基づく選考サポートが手厚く、履歴書作成から面接準備まで転職のプロがサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。

カウンセラーの対応も迅速なので、働きながら転職活動をするのにうってつけのエージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、転職者の年収UP率が59%を誇る転職エージェントです。

世界でもTOP3位に入る人材会社のアデコグループが運営しており、細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当しています。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能です。

エージェントは各専門職種に精通しているため、他のエージェントにはできなかった専門的なことまで相談できます。

doda

dodaは、転職者満足度No.1、人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種ごとの多種多様な求人を保有しています。

求人数もリクルートエージェントに次いで多く、非公開求人を含めて約10万件。大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。

履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれるなど、転職成功のサポートも万全です。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

といった人にオススメ!

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、20代からの信頼がNo.1の転職エージェントです。

熱意のある担当者によるサポートも評価が高く、中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評があります。

転職サポートについては、職務経歴書のブラッシュアップや模擬⾯接はもちろん、利⽤回数や期間に制限なく転職相談をすることが可能です。

また、関東圏・関西圏・東海地方の求人が豊富で、20~30代向けのベンチャーから大手まで優良企業の求人を保有しています。

識学キャリア

識学キャリアは、急成長中のベンチャー企業に特化した転職エージェントです。

「識学」という組織コンサルを展開している会社が運営しています。
「識学」は大手企業や有名企業、上場企業などでも導入されており、導入企業は軒並み業績が伸びています。
また、2019年に上場した企業の10%以上は識学を導入しています。

 

特徴は何といっても紹介先企業との結びつきの強さ。組織コンサルを提供しているぐらいなので、企業の内情は知り尽くしています。そのため、高いマッチング精度が期待できます。

まだまだ相談者の数が少なく、他の転職者と競争しなくて済むので、今スグ登録しておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました