飲食店で転職を繰り返している人へ

ブラック企業辞める

転職を繰り返すと聞くと、

あいつまた辞めたの?

ほんと続かね~な~

こんな感想を受けて、全く何やっても仕事が続出来ないダメな奴。こんなレッテルを貼られる。

飲食店でも似たような人はいて、履歴書こそはコンパクトにまとまっているものの、いざ受け入れて一緒に働いてみると、まあ様々なお店を渡り歩いてきたんだろうなあと気づく。

こんな人は意外にも多いことに気付く。

飲食業は好きじゃないのに飲食業を渡り歩く人。

こういった人間の特徴を紹介し、何かこの現状を打破する方法・対策はないのかを共有しましょう。

同業内で転職を繰り返す人の特徴

飲食店の仕事に嫌気がさし、他業種に転職したものの続かず、再び飲食業界に戻ってくる人。こういった人はかなりいる。

転職先の方が拘束時間も短いし、休日も多いのにも関わらずです。

いったいなぜわざわざ劣悪な労働環境の飲食店に舞い戻ってくるのでしょうか?

また、同業種内を何店舗もグルグルまわり転職を繰り返す人。

彼らはいったい何がしたいんでしょう?

中途半端にかじっているから変なプライドがある

一度飲食店を辞め、しばらくブラブラしているが、そろそろ就職活動をしないとまずい!とあせり活動を始める。

飲食業以外の仕事を探そうとはするが、目に留まる求人案件は飲食関係のものばかり。

結局はやっぱ飲食業に戻るかと再スタートをきる。

 飲食転職する人
飲食転職する人

だって俺、魚おろせるしな
ワインの知識もそこそこあるし、腕も落ちてないだろ

こんな感じで本来は大した実力はなく表面的な技術なんだけど、ちょっとやってたから行けるだろ的に再び別の飲食店の門を叩くパターン。

いざ入社すると、その会社にの乏しい部分に目を向け得意のウンチクを披露してしまったりする。

中途半端にかじっているから変なプライドがある人の特徴だ。

楽な飲食店を探し求めている

楽な飲食店勤務はあるのかの記事にも書きましたが、とにかくいくつもお店を巡回してればいずれは好待遇で、時間も短い楽なお店があると心のどこかで信じている。

意識の節々でも勤めるお店ごとに腰掛け的なニュアンスが拭いきれていない。腰掛け的だという意識自体も持っていない。

面接では

飲食転職する人
飲食転職する人

新しい技術を習得したいです

とか

飲食転職する人
飲食転職する人

同業で全く違うジャンルにも触れてみたくなりました

なんて言っちゃう人。

何だかんだ悩むが結局飲食業しかない

ちょっと色々な仕事をかじったりもしてみるが、あまりしっくりこない。というより物足らない。

特に飲食業を辞め、労働時間のきっちりしている工場作業や、8~17時できっちり終わる土方などの外仕事を経験した事がある人に多い。

仕事自体にもいまいち打ち込めず、ただ淡々と作業しているだけの毎日に飽きてきちゃう人。

以前の飲食業を振り返ってみて、仕事内容の激務さに歴然の差がある事に気づくが、同時に飲食の激務が懐かしかったりもする。

そのため結局再び飲食業に舞い戻ることになる。言わば飲食業中毒のような人だな。

 

転職を繰り返してしまう事への対処法

いくら離職率が高い飲食業といっても、あまりにも転職を繰り返しているようだと印象が悪いのも事実。

そうならないためにはどうしたら良いのか?

何か対策法はあるのか?

変なプライドを持っている人

こういった特徴の人って自分の調理技術に自信を持っていたり、セールストークが得意だったりと何かしら凡用性の高いモノを持っているパターンが多い。

しかし昨今の飲食業界では技術レベルの高低はほとんど重要視しないお店がほとんど。

魚がおろせようと、オムレツが得意だろうが、ワイン・日本酒の知識があろうがあまりそんな事は気にしない。
持ってりゃ便利。その程度。

むしろ、

面接官
面接官

何回も転職を繰り返しているがうちの考え方に合わせて働いてくれるか?
会社独特の雰囲気に馴染めるか?

こんな心配をする。

いくらやる気と能力があっても考え方が合わなければ採用される事もないし、自分自身も非常に苦しみます。

そのため、変なプライドが悪い意味で出てしまい転職を繰り返すって人は、まずしっか/りと自分自身の事を徹底的に見直すべきです。

  • プライド云々かんぬんの前に、このまま転職を繰り返したらどうなるのか?
  • そもそもプライドを支えるほどの技術といったものが本当にあるのか?
  • 実は自分は人の悪い面しか見てなかっただけじゃないのか?

こういった自分自身に対する客観的な眼差しを深めるためにも、実際に紙にペンで書き出していくといいでしょう。

 

とはいえ、自分ひとりで自分と向き合うってけっこう大変です。そんな方にオススメしたいのが有料のキャリアコーチングサービス。

中でも一番おすすめなのはポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアを一言で表すと”キャリア版ライザップ”。

最大で75日間、あなたのキャリアについて徹底的に付き添ってくれます。

 

「そうだんドットミー」というサービスが前身で、30分4,980円~と安価な値段で相談を受けていました。

ただ、ポジウィルキャリアの代表によると、

「そうだんドットミーで寄せられる相談は、具体的な転職の悩みというよりかは、何がしたいか分からない、どう生きたら分からないという悩みが多かったんです。その悩みに対して、『毎日頑張ってますね』『偉いですね』という上辺だけの会話で終わっていて、根本解決はできておらず、相談して満足で終わってしまっていました」

引用元:“キャリア版ライザップ”を展開するポジウィル、1億5000万円の資金調達を実施|DIAMOND SIGNAL

と語っています。

そうだんドットミーの経験から、「相談するだけでは人は変われない」と考えた末、価格を上げてでもしっかりと相談者のキャリアに寄り添いたいという思いで、ポジウィルキャリアを立ち上げているんですね。

 

なお値段は、入会金55,000円(税込)+330,000円(税込)~と、けっこう高額。

運営会社も高額なのは承知の上なので、分割払いに対応したり、返金保証をつけたりしています。

初回のカウンセリングは無料で利用できるので、まずは気軽にお試し感覚で申し込んでみてもいいと思います。

 

楽な飲食店を探してしまう人

こういった人はまず、自分自身の価値観と生き方がマッチングしているのかを考えましょう。

世の中というものは、楽で待遇が良く稼げるといった職種は基本ありません。

あったとしても、楽に稼げる仕組みを構築した人の恩恵として後付けで出来上がる事がほとんど。とはいえ、まったく努力せずに楽に稼げるということはない。

新米の人間が楽して儲かる仕事や職場であれば、その会社の存続は決して長くないはずです。当然、競合他社は参入してきますし、「楽に稼げる」という理由で入社してきた社員ばかりだと競争に負けるからです。

 

楽という価値観でもって人生を謳歌するのであれば、飲食業で社員の枠を探すというスタンスは取らない方が良いです。どこも大小の差こそあれ一緒です。

楽であれば自由奔放で気ままでいい。
俺は俺の人生。将来がどうとかとやかく言われる筋合いはない。

こんな考えであって、自分が生きる分だけ食いっぱぐれなければいいって方は是非リゾートバイトをするのがお勧めですね。

 

結局飲食業に落ち着く人

こういった類の人は非常に勿体無いです。時間を損してしまっている。
というのも飲食店の長時間労働、休日の少なさに耐えうる精神力・体力を持ちあわせているから。

ただ他の職種に目移りしてしまうだけ。一つの飲食店に腰を落ち着けるのをお勧めします。

転職の際には大手企業よりも5~7店舗ぐらいの中小企業でこれから伸びる可能性の会社を選ぶと良いです

そして働いた際には強い問題意識を維持して日々取り組むといいですね。

ただ会社の不備を愚痴るのではなく、どうしたら改善できるのか?を毎日意識するといいでしょう。会社の利益的な部分だけでなく、労働環境などの待遇面も平行して考えて行けばどんどん働きやすい職場は作れるはず。

中小企業ならできます。

 

そんなときに利用すべきなのが転職エージェント。
飲食専門の転職エージェントであれば、求人サイトにはない優良店の求人も紹介してもらえることがあります。

ブラック
ブラック

転職エージェントは求人サイトよりも企業が支払う金額が多いので、多くのお金を支払う余裕のある企業を紹介してもらいやすいのです。

中でも、一番のおすすめはフーズラボエージェント

外食産業、飲食業界特化の転職支援サービスとして年間約5,000名以上の実績があり、満足度もNo.1!

もちろん、あなたの希望に沿った求人ばかりではないでしょうが、あなたの知らない優良企業の求人を紹介してもらえるかもしれません。

当然、優良企業への応募は殺到しますので、早めに登録して情報を得ておくことをオススメします。

 

まとめ

自分の周りには飲食店で転職を繰り返していって、上手くいったという人は一人もいない。

それは大抵の人間が辛いが故にお店を転々としているからだと思う。

客観的に考えてみれば分かることだが、飲食業界でこれだけ人手不足が横行しているのはそれだけ人が辞めていっているということ。
大変できつい仕事という職種なわけです。

ならば、漫然と同じ業界を渡り歩いていても何も変わらないでしょう。

  • 他に決まらないから飲食店を選んだ
  • 結婚を理由に正社員として採用してくれる飲食店を選んだ

こういった心構えで臨んでいると、採用後もあまり状況は変わらない。ただ単純に大変な毎日を我慢しているだけで過ごすことになる。

  • この会社で何かを試してやろう
  • サラリーマンマインドは捨てて働く

これぐらいの気構えが必要です。こういった姿勢は会社側からは自発性が強くやる気に満ちた人間だと受け止められる。

 

覚悟は決まりましたか?

次こそは長く働けるところに就職しよう

こう思えたなら一歩前進です。

覚悟が決まったのであれば、次は行動に移してみましょう。

飲食業で転職をするなら先ほど紹介したフーズラボエージェントを利用することをおすすめします。

他業種へ転職するなら飲食以外の企業も取り扱っている転職エージェントをおすすめします。

ブラック
ブラック

転職エージェントは企業の紹介だけでなく、書類の添削や面接対策も行ってくれるからです。
利用できるものは利用する。それが転職成功の近道なのです。

ただし注意しないといけないのが、転職エージェントの中にも、ブラック企業でもいいから、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

doda
doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

タイトルとURLをコピーしました