ゴールデンウィークもビッシリ仕事。飲食業はもうウンザリ!

ブラック企業辞める

世間的には華やかな連休「ゴールデンウィーク」。

人によっては10連休も取る人もいるほどです。

方や一方で飲食業はどうでしょうか?

真逆です

むしろ10連勤など、休みがなくなるため非常にいい迷惑なのがゴールデンウィークなのです。

バイトも休みたがるので人材不足

ゴールデンウィークともなると、大学生アルバイト達は実家に帰省したり友達と旅行に行ったりするシーズン。

パートの主婦さん達も、子供が休みのため家で子供の面倒。

そのためどこの店舗も人材が枯渇します。

そのくせ、毎日が休日前ということもあって、お店は大フィーバー!

ランチも夜も店は忙しいのに、人手不足。

世間の浮かれ気分とは裏腹に、飲食店にとってゴールデンウィークはあまり嬉しくないイベントなのです!

 

しかもこの時期、春の人員の入れ替えで、入社1ヶ月とかの慣れないアルバイトも多いので、店長ともなると、殆ど素人同然のスタッフと営業にとりかからなければならない。

まさに、

  • 多忙による激務
  • 超絶人手不足
  • 新人との仕事

とワンツーパンチを食らった上で、更にフィニッシュブローをくらうという苛酷さ!!

飲食社員からみると泣きたくなるような瞬間です。

 

ゴールデンウィークは更に数字を求められる店長

人手不足だから売上立てるの無理だ・・・

こう思う社員は多いでしょう。

しかしその過酷な状況が故に、上司や社長から、

社長
社長

今年は忙しいけど、人出が足りないからゴールデンウィークの売上はそこそこでいいよ

こんな声をかけられる社員はまずいないことでしょう。

むしろ、

社長
社長

お前ら、この5月は他の飲食店に差をつけるチャンスだぞ!
今年は去年よりも2日連休が長いから、更に数字取りに行け!

といった感じで、ヤクザまがいの脅迫ともいえる進言を頂くのが店長・社員の常でしょう。

 

また中にはこんな境遇の人もいるかもしれません。

ウチはお店がビジネス街だから、連休はカレンダー通りの休みだ!ラッキー!

こんな感じで都内でも、西新宿や赤坂、銀座などの立地に存在している飲食店は、ゴールデンウィーク中に軒並みお店を休む所が多い。

しかし、

こんなぬか喜び一瞬で粉々に砕かれます。

上司
上司

〇〇君は、ゴールデンウィーク中は池袋店にヘルプに行ってくれ

このように、自店は休みだが、他店で営業しているお店にスポットヘルプとして飛ばされるのです。

しかも場合によってはヘルプに行ったが故に休日が無くなる・・・なんてことも。

こんな仕打ちにさらされたら、「飲食店の社員なんか辞めてえな~」と思わない人はいないでしょうね。

新卒で4月に入社して、初っぱなからこんな状況目の当たりにしたら、この先が思いやられるんじゃないでしょうか?

 

周囲は遊びまくっているという葛藤

悪魔のようなゴールデンウィーク。

自分はこんな必死こいて働いているのに、InstagramやLINEのタイムライン、Twitterに上がるのは友人たちの楽しそうな風景ばかり。

  • 豪華で華やかな海外旅行
  • 楽しそうな飲み会と美味しそうな料理
  • 幸せそうな子どもとの、団らん風景

こんな画像ばかりが、ダダダダーと流れてくる。

無力な自分は、ため息をつきながら「いいね!」なんぞを押している矛盾。

やっぱり大企業の奴らはいいな~
土日休みは羨ましいな~

こんな感じを抱きながらも、

自分は飲食店勤務だから仕方ない

こう思い、変えられそうもない現実に無理やりフタをする。

そして、

明日も忙しい。人もいないし、準備を確実にするためちょっと早めにお店に行かなきゃ。

こんな感じで今年のゴールデンウィークも終わっていく。

来年も。

再来年も。。

3年後も・・・。。。

 

ゴールデンウィークというか、いわゆる世間で言う連休は常に仕事。

理由は飲食業だから。

本当にそうでしょうか?

このままでいいのでしょうか?

 

思っているだけでは何も変化しないのは当然

飲食店の社員は簡単にバックレて辞める人間が多い中で、我慢強く働き続ける人も結構いる。

そうゆう人に限って、真面目で勤勉だったりするのです。

上司や経営者からも、

社長
社長

飲食業は休みが少なくて長時間拘束だけど、その分お客様の笑顔や感動してもらえるからやりがいがある!

などと言われると、

確かにそうだな。今は大変だけど、何だかんだで充実感はあるしな

こんな風に自分の中でそのお店に適合しようとしてしまうのです。

しかしこれは全てまやかしです。
巧みな経営陣の罠です。

上記の記事でも書きましたが、経営陣は何かと正論をかざして、飲食店のダークな部分、見られたくない部分を隠そうとしてくるのが王道手法です。

それに気付けてないアナタは、ただ単に周囲の情報を拾いきれていないだけです。

  • ゴールデンウィークで休みがないのが不満
  • 長時間拘束が不満
  • 人手不足で激務薄給だ

ということに違和感を感じれば、素直に他の業種に目を向ければいいだけの話なのです。

ただ漠然と大変さに流されて行動しなければ何も変化はしないのです。

 

最後に|自分の生きる道を選択しろ!

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

この言葉は元ライブドア取締役、堀江貴文氏の言葉です。

近畿大学の卒業式で、これから社会に出る卒業生に向けたメッセージです。

このとき堀江氏は「権威に屈する時代は終わった」と提言しています。

上司の言いなりになっていればいい時代は終了したと続きます。

そしてこれからは自分自身が率先して情報を取りに行き、最高峰を走れと告げている。

これは全く同感できる事象です。

 

インターネットやスマホを活用し、何が正しく、何が間違っているのか客観的に判断できる時代。

会社内で起こっている事が全てではないのです。

まずはあなたの気持ちを整理し、これからどうしていきたいのか、それこそが大事なのです。

世間が楽しんでるときに休めない
こんなに頑張ってるのに報われない

飲食業にウンザリしているなら、転職するのも1つの手です。

特に、あなたがまだ20~30代前半ぐらいであれば、転職は問題なくできるでしょう。

転職するならできるだけ早くやることをオススメします。若いほうが採用されやすいですし、職場に馴染みやすかったり新しいスキルも身に着けやすいからです。

 

とはいえ、転職するにしてもいきなり会社を辞める前に、まずは転職エージェントに相談してみることをオススメします。

水面下で転職活動し、転職先が決まってから退職届を出す。こうすることで、自分の収入が途切れることも防げますからね。

このようにスムーズな転職を行うためにも転職エージェントは利用すべきです。転職エージェントは企業の紹介だけでなく、書類の添削や面接対策も行ってくれるからです。

 

また、注意しないといけないのが、転職エージェントの中にも、ブラック企業でもいいから、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

doda
doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

タイトルとURLをコピーしました