赤字続きのベンチャーで居続けても大丈夫?

ベンチャー転職
あなた
あなた

ベンチャーって赤字だけど会社大丈夫なのかな?なんでそもそも会社が存続できてるの?

こんな不安を抱えている人もいるでしょう。

トニー
トニー

もし今の会社に将来性がなさそうだと思ったら、転職するのもありです。

僕は、20代で大企業→ベンチャー→大企業(メガベンチャー)と転職した経験があります。

その経験から言うと、ベンチャーよりも大企業のほうが給料も高く、スキルも身につきます。

トニー
トニー

とはいえ、いきなり転職を勧めているわけではありません。まずはこの記事を読んで今の会社で居続けて問題ないか判断するといいでしょう。

ベンチャーって赤字だけど運営大丈夫?

赤字だけど会社が持っている理由は本当にシンプルで、お金を借りているから。理由はこれだけ。

普通の会社では、赤字だったら銀行はお金を貸してくれません。しかし、ベンチャーが成功(上場や売却)した場合のリターンが大きいので、お金を貸す側もリスクをとって投資をします。

 

ベンチャーは短期間で急激な成長をすることを目指しており、大きな売上を作るためには初期投資が必要です。

  • サービスを開発するエンジニア
  • 販売するためのマーケター、営業
  • 新卒、中途採用担当、総務などのバックオフィス

このように、事業を創り運営するには数多くの人手が必要ですよね。

立ち上げ初期の給料はそれほど高くないですが、社員を5人雇ったら50万円×5人=250万円が毎月キャッシュアウトします。1年だと250万円×12ヶ月で3,000万円ですね。

ちなみに上記は全て人件費なので、下記のような費用は別にかかってきます。

  • WebやTVのCMでプロモーションを打つ
  • オフィスを借りたり、PCやプリンターなどの必要備品を購入する
  • 営業活動のためのパンフレットを作成したりイベントへ出展する

これらの全てを初期の売上だけでカバーするのは不可能なので、投資家からお金を借りるわけです。

 

お金を借りる先はいくつか種類がありますが、

  • ベンチャーキャピタル
  • 銀行
  • 個人投資家

などがあります。

多額の資金調達をしているベンチャーだと、数億、数十億円単位の投資を受けているので、すぐすぐ潰れるということはあまりないと思います。

 

赤字でも大丈夫なベンチャーとは

「お金借りてるからずっと大丈夫なの?」というと勿論そんな訳はありません。

当然資金が尽きたらゲームオーバーです。その前に売上を上げないといけませんし、立たないなら追加で資金調達を行わなければなりません。

手元資金が尽きたら試合終了なのは、大企業もベンチャーも個人のお財布も一緒です。経済の原則。

逆に言えば、現時点で赤字でも大丈夫なベンチャーは、次のどちらかです。

  • 資金が尽きる前に、売上で回収できる見通しが立っている
  • 資金が尽きる前に、追加で投資家から資金調達をする準備がある

例えば2018年6月に上場したメルカリ

上場時点では赤字です。それは投資家たちが将来この会社が大きな売上を作ることを想定しているので、投資フェーズだと位置付けているからですね。

 

潰れたらどうなる?

じゃあ潰れたらどうなるの?という疑問があるかなと思いますが、潰れたら潰れたで別にそれだけです。どうということはないかなと。

創業者は借入金の連帯保証人としての責任や、自己破産手続きなど大変ですが、、多くの従業員にとってはたかだか転職すればいいだけの話。

勤務先が潰れたからという理由だけで転職に不利になることはありません。というより、勤務先が順調であろうが倒産してようが、転職者自身の市場価値が高いかどうかだけが重要なので、自分が成長してさえすればOKです。

あなた
あなた

勤務先が倒産したら路頭に迷うじゃん…

というイメージがあるかもしれませんが、転職自体が一般的になっている今では、会社が潰れること自体にリスクはありません。

それに、会社が倒産した場合は会社都合退職になるので、失業保険を申請してから1週間で失業手当の給付を受けることができます。

(ただし、会社が雇用保険に加入している場合ですが…)

 

そもそも会社が潰れた場合、それはあなたの責任でしょうか?

違いますね。創業者ですね。であれば、繰り返しになりますが、あなた自身がいつでもどこでも必要とされるような人材になるにはどうすべきか?だけを考えていればOKです。

「個人としての戦闘能力を高めるためにはどうするか」だけに頭と時間を使う方が、個人の生存戦略としては間違いなく良いです。

 

最後に|ベンチャーの赤字が不安なら大手に行くべき

あなた
あなた

それでも自分が転職するベンチャーが赤字だったら不安だな…

という人はベンチャーから大企業に転職しましょう。

大企業は数十億、数百億円の利益を毎年作り上げたり、そもそも持っている資産が多いので、すぐに倒産しません。心配な方は大企業に行った方が不安感なく仕事ができます。

今の時代はベンチャーからでも大企業に転職できるようになってきました。

 

ただ、大企業に転職するならできるだけ早いほうがいいです。

なぜなら、ベンチャーに勤務していて目立った実績がない場合「この人はベンチャーで何をしてたんだろう…」と企業側から見られてしまうからです。

しかし、成果をあげられるかどうかは会社の状況・マーケット環境・チームメンバーの能力などによって左右され、自分次第だけではないのが難しいところ。

なので成果を出せそうにないと思ったなら、ベンチャー在籍歴が長くならないうちに早めに転職活動をする方がベターになります。

トニー
トニー

後から後悔しないように、転職する・しないに関わらず、エージェントを通じて情報収集だけでも早めに動いておくことをオススメします!

いきなり転職しなくても、保険をかけるつもりで、今の自分だったらどんな企業に転職できるのかを知っておくことは重要です。ベンチャー企業はいつ潰れるか分からないですから…。

おすすめの転職エージェントも選んでおきましたので紹介します。

リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

識学キャリア

実力主義・成果主義の会社に特化した転職エージェント。成長ベンチャーの求人を多数保有。

20~39歳までの人で、

  • 年功序列な今の会社に不満を持っている人
  • 今の仕事に裁量権がなく、退屈に感じている人
  • 自分の市場価値を上げたい人

に特にオススメ。

ただし、求人数はあまり多くないので、圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントとの併用がおすすめ。

パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

タイトルとURLをコピーしました