仕事を辞めず会社の雰囲気を知る”社会人インターン”を徹底解説

転職準備
あなた
あなた

転職に興味があるけど、いきなり転職するのも気が引けるから、今の会社を辞めずに他の雰囲気を知る方法はないかな…

こう思っている人も多いと思います。

僕は20代で2回転職してますが、最初の転職で大企業からベンチャーに行ったときは正直「失敗した」と思いました。

トニー
トニー

結果、2回目の転職で大企業(メガベンチャー)に戻りました。。

会社の雰囲気というのは、どうしても実際に就職や転職してみないとわからないところがあります。

そこで今回は、そんな不安を解消するために、今の仕事を辞めずに他の会社の雰囲気を知ることのできる、社会人インターンシップについて紹介します!

トニー
トニー

オススメの社会人インターンサービスや使用する際の注意点も合わせて解説します!

スポンサーリンク

社会人インターンを使うメリットは?

社会人インターンサービスを使うメリットは次の3点です。

  1. 会社を辞めずに他の会社の雰囲気を体験できる
  2. 自分の力がどの程度通用するのかを確かめられる
  3. 未経験の職種でも仕事内容がどんな感じかイメージできる

会社を辞めずに他の会社の雰囲気を体験できる

やはりこれが一番のメリットでしょう。

転職したことがないと、どうしても

あなた
あなた

今の会社って他の会社と比べていいんだろうか?

あなた
あなた

転職したらもっと待遇がいい会社にいけるのかな?

といった疑問が湧いてくると思います。

そんなときに、気軽に他の企業の雰囲気を知ることができれば、今の会社に留まるか、転職するのかの判断材料になるでしょう。

 

自分の力がどの程度通用するのかを確かめられる

普段会社では関わらない職種や業種の人たちとディスカッションをするので、自分の社外での実力が試せます。

仮に自分が実力不足だと感じても落ち込む必要はなく、転職マーケットでの自分の市場価値を客観的に知れた良い機会、と捉えればOK。

これからの時代は大企業といえど倒産のリスクがあるので、自分の市場価値を確認することは自分の身を守る上で非常に重要です。

 

未経験の職種でも仕事内容がどんな感じかイメージできる

未経験の職種へ転職したいと考えている人にとってもいい機会になります。

自分が関心がある仕事があっても、今の会社を辞めるのは勇気がいりますよね。。だからこそ、社会人インターンでは自分が興味がある分野を選んで仕事をすることができます。

もし興味が深まったら具体的に転職を考えてもいいですし、逆に「やっぱり仕事にするほどでもないな」と気づけた場合も大きな収穫です。

経験したことがない仕事だとイメージが難しいのですが、仕事内容が鮮明にイメージできていればいるほど、入社後のギャップは少なくなるので、転職前に実際に経験するのは重要です。

 

社会人インターンの種類は?

リクルートが運営する社会人インターンシップ検索サイトの”サンカク“によれば、社会人インターンは次の4種類があるようです。

  1. 1DAYインターンで終業後の夜にコミット
  2. 土日に実施するインターンに継続参加
  3. 夏休みや有給休暇を活用する短期インターン
  4. 半年以上の長期インターンでダブルワーク型のコミット

最近は①の1DAYインターンが多くなってきています。その方がハードルも低いし参加しやすいのでオススメです。

僕も以前に自社でアプリを開発している企業に無償の1DAYインターンに参加しました。終業後に2時間ほど、アプリの改善点をその会社の責任者と一緒に話し合うミーティングでした。

トニー
トニー

普段仕事では関わり合えない業界や職種の人と話せたのはとても刺激になったので良い経験でした!

 

社会人インターンの実際の事例や口コミは?

Twitter上では実際に使った人の感想や、今募集している社会人インターンの情報があるので、自分でも確認してみると良いです!

トニー
トニー

「自分でも価値を出せるかな…」などど難しく考える必要はありません。明確な参加目的などなくてもOKです。まずは自分で行動してみて、自分で感じた感覚を大事にしてください!

 

社会人インターンサービス5選

ここでは次の5つのサービスを紹介します。

サンカク

サンカクは仕事を続けたまま他の企業の課題を体験できる、社会人のためのインターンシップサービスです。

ベンチャーだけではなく、大企業の新規事業開発の案件もあるので、ベンチャーと大企業の比較もできて面白いかも知れません。

また、企業の会議に参加できる「スポットディスカッション」というサービスもあります。

他の企業の会議に参加することで、自分の知見やアイデアを活かしたり、「自分のスキルが社外で通用するのか?」を知ることができます。

 

DIVERK(ダイバーク)

DIVERK(ダイバーク)は、ITベンチャー特化型の1day社会人インターンシップサービスです。

ベンチャー企業の採用直結型で、 自身の適性や会社との相性を確認した上で転職ができるサービスです。

平日就業後の空き時間や、土日の3時間など、気軽に参加することができます。

 

プロジェクトインデックス

 プロジェクトインデックスは、日本全国のインターンシップ検索サイトです。

NPO法人の案件や地域おこしのプロジェクトもあり、社会課題の解決を目指している人には面白い案件が多く見つかりそうです。

オンラインで参加できるプロジェクトもあります。

 

仕事旅行

仕事旅行は短期の職業体験サービスです。

こちらもベンチャーに限らず、伝統のものづくり仕事から新しいスタイルのオフィスワークまで、様々な仕事場を旅するように訪問できるのが特徴です。

こちらも、オンラインで参加できるプロジェクトがあります。

 

Wantedly

Wantedlyは、月間200万人が利用するビジネスSNSです。ベンチャー企業やIT系企業が多く利用しています。

社会人インターン専門のサイトではないですが、インターンを募集している企業もあります。

まずはサイト上で企業とやりとりができるので、気になる企業があれば社会人インターンに参加できないかを聞いてみるといいでしょう。

 

もっと詳しく会社の雰囲気を知るには、面接を受けてみるのが一番

ここまで社会人インターンについて紹介してきましたが、

自分が行きたい会社の雰囲気を知るには、面接を受けてみるのが一番です。

代表や幹部社員と話をしてどんな価値観を大事にしているかを聞くことで深い話ができるし、自分が知りたいことに対する答えが早く得られるからです。

まあ、面接を受けるのはちょっとハードルが高いから、社会人インターンというサービスがあるわけですが…。

 

なお、社会人インターンは、企業側からすれば採用目的でやっています。

しつこく勧誘されることはあまりないですが、社会人インターンで雰囲気がよさそうだったからといって、いきなり面接→内定→入社と進めていくのはやめておいたほうがいいです。

なぜなら、1つの会社が欲しがるということは、他にもあなたを欲しいと思っている企業がいる可能性が高いからです。

要は、社会人インターンで出会った会社以上の年収を提示してくれる会社が他に存在するかもしれないのです。

トニー
トニー

どうせ転職するなら、高い給料を払ってくれる企業に行ったほうがよくないですか?

  

社会人インターンは、企業側からすると採用目的というのもありますが、採用のコストも安くて済みます。つまり、社会人インターンを使っている企業は、採用にあまりお金をかけられない会社である、という可能性があります。

逆に、転職エージェントは企業から高い報酬を得ているので、転職エージェントが紹介する企業は比較的お金を持っている企業(=年収も高めの企業)が多いです。

今の段階では転職を考えていなくても、転職エージェントの相談は無料ですし、もしかしたら条件のいい求人が見つかるかもしれないので、社会人インターンのサービスと並行して利用してみるといいでしょう。

 

まとめ|まずは自分で行動をしてみて考えよう

自分が働いたことがない会社だと、どんな仕事をするのかや会社の雰囲気がイメージできずに不安ですよね。今回紹介したサービスを使えば、会社を辞めることなく他の会社を体験することができます。

転職活動よりも低いハードルで自分を客観視できるのはとても良い機会になります。

特に、自分が未経験の職種や業界を経験するいい機会になります。

 

今は無料で使えるいろんなサービスが出てきていて、ネットでもアクセスが簡単にできる状態なので、情報格差というより行動格差が顕著に現れます。

何でもそうですが、「やった後悔よりやらない後悔」なので、未来の自分が「あの時行動しておけばよかった」と思わないようにしたいですね!