事務系(事務職の)の営業以外の仕事がしたい人必見!事務の仕事内容の全貌を紹介

営業職の転職

営業はやりたくない!営業以外の仕事を求めてたどり着いたのが事務系の仕事ではないでしょうか?

でも事務系の仕事って結局どういう仕事をするのかわからないし、本当に自分に向いているのか不安。

そんなあなたのために事務系の仕事について詳しく、かつわかりやすく事務職経験者の私がご紹介しましょう。

事務系の仕事って何をするの?

まずはズバリ事務系、いわゆる事務職とは普段何をしている仕事なのかをお伝えします。

事務は営業のサポート役

具体的な仕事内容は後ほど詳しく語るとして、会社での事務職の立ち位置は基本的に営業のサポートになります。

会社の売り上げを直接上げるのは営業ですが、サポート役である事務職がいないと営業は何も動けません。

事務系の基本的な仕事内容

事務の仕事内容は業種・職種によって結構変わります。室内で出来る仕事は全部事務と言っても過言ではありません。

大変そうと思うかもしれませんが、外で神経をすり減らして営業をするよりはマシでしょう。

それで室内の仕事全部と言われても困るでしょうからどの業種・職種でもある基本的な事務の仕事内容をお伝えします。

  • 資料作成(ファイリング)
  • 電話・来客対応
  • データ入力
  • 伝票作成
  • 材料や備品の受注・発注

大まかな事務系の仕事は上記のような感じです。こうやって見ると結構やることってあるんですよね。

お茶出しのイメージしかなかった人もいるのではないでしょうか。具体的に見ていくと資料作成は他の部署に頼まれた資料をエクセルなどで作成する仕事です。

電話・来客対応はそのままですね。会社によってはこの仕事がメインになるところもあります。

次にデータ入力。売上データの入力や製品データの入力など、なんのデータ入力化は業種によって様々です。ただし単調な作業になるので地道な作業が苦手な人は要注意です。

伝票作成や受注・発注も事務系の仕事になります。入社したては戸惑う仕事ですが慣れれば問題のない作業です。

事務系(事務職)に向いている人

だいたいの事務系(事務職)の仕事を紹介してきましたが、自分に出来そうな仕事でしたでしょうか?

まぁ初めのうちは誰もが出来るか不安に思うことでしょう。そこで事務系の仕事に向いている人はどんな人なのかをこれから紹介します。

自分に当てはまっているか見てみましょう。

事務系に向いている人の特徴

  • コミュニケーションが苦手な人・得意な人
  • コツコツ自分のペースで仕事をこなしたい人
  • 計画を立てるのが得意な人
  • 慎重に行動する人
  • 数字に強い人
  • 簿記検定を持っている人
  • サポート役が好きな人

営業以外に転職を目指す人に人気の職である事務職ですが、事務職に向いている人には上記のような特徴があります。

一番初めに「コミュニケーションが苦手な人・得意な人」とあるためどっちだよ!と思うかもしれませんが、これが何とも言えないんですよねぇ。

まずこれだけは言っておきますが事務職はコミュニケーションを全く必要としない仕事ではありません

仕事内容に電話対応や受注・発注とあるように実は事務職は人と関わることの多い仕事なんです。

ただし!営業と違うのはいつも決まった人とのコミュニケーションだという点です。外部の人とはお得意さんとしか話しませんし、社内であれば決まった部署としかほぼ連携を取りません。

ですから初対面の人は苦手だけど慣れれば平気というタイプのコミュニケーションが苦手な人にも向いている仕事ですし、人と会話大好きというコミュニケーション能力抜群の人にも向いている仕事なんです。

事務職に転職した人の声(辛いこと&良かったこと)

次に実際に営業は嫌で事務系の仕事に転職した人の声を聞いてみましょう。

事務職に就いてよかったこと事務職に就いて辛かったこと
・営業のようにノルマがなく仕事が楽
・自分の仕事さえこなせば定時で帰れる
・夏でもクーラーの元、仕事が出来る
・土日に休める(会社からの電話もない)
・社内の空気(雰囲気)がいい
・電話対応が大変
・座りっぱなしが腰に来る
・給料が少ない

営業から事務系に転職した人の多くが転職して良かったと感じています。営業に比べれば事務はノルマもなく、飛び込み営業もなければ休みの日の急な仕事もないですからね。

精神的にも肉多的にも楽に感じる人がほとんどのようです。実際、私も事務をやっていた時はコツコツと自分のペースで仕事が出来るのが性に合っていました。

ただ、辛かったという声も当然あります。特に多いのが電話対応の辛さですね。事務=会話しなくてもいいと思っていた人にとっては今が耐え時です。

経験者から言わせてもらうと、電話対応は慣れます。言ってしまえば電話の向こう側の顔が見えない人相手ですし、あまり感情的にならないのがコツです。

またどうしても電話対応が苦手という方は電話対応があまりない事務職も沢山あるのでそちらでチャレンジしてみましょう。

 

営業をやりたくないなら事務以外の選択肢もある

もし営業をただやりたくないだけなら、なにも事務系の仕事に限定する必要はありません。確かに営業以外だと事務という固定概念は持ってしまいがちですが、事務以外にも営業がない仕事はたくさんあります。

  • プログラマー
  • 工場作業員
  • 倉庫内軽作業
  • ライター
  • 広告代理店
  • 小売店の販売職
  • 医療・福祉
  • 工場作業員
  • ホテル従業員

このほかにも営業以外の仕事は様々な業種・職種があります。何の仕事がいいかはなぜ自分が営業をやりたくないのか考えて、それを実現できるような仕事を選んでみましょう。

事務職にこだわらなければ、きっとあなたにピッタリの天職と思える仕事が見つかるはずです。

 

営業以外へ転職するのに必要なこと

これから営業以外への仕事へ転職するなら絶対に必要なことを転職経験者の私がご紹介しましょう。

転職は就活よりも失敗が許されない人生の分岐点になります。もし転職が失敗すればそのまま無職期間が続いたり、やりたくもない仕事を定年まで続けることになるんです。

転職エージェントへの登録は必須

一番初めにやるべきことは転職エージェントという転職サービスの利用です。一般的にはリクナビなどの転職サイトが有名ですが、転職サービスは転職サイトと違ってあなたに担当者がついて仕事探しから面接まで転職のサポートをしてくれます。

しかも登録は誰でも無料です。いつまでもネットの求人を探しているよりだったら確実にこちらでの仕事探しのほうが転職への近道になります。

利用はすべて無料で、転職相談だけでもOK

おすすめの転職エージェントも選んでおいたので、最後に紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】

★複数に登録しておくと転職成功率がアップします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は、なんと言っても求人数の多さ。日本一の求人数を誇ります。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人も10万件以上あり。

様々な職種、年齢、勤務地に対応しており、転職した者の2/3は一度は登録しています。

豊富な転職支援実績データに基づく選考サポートが手厚く、履歴書作成から面接準備まで転職のプロがサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。

カウンセラーの対応も迅速なので、働きながら転職活動をするのにうってつけのエージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、転職者の年収UP率が59%を誇る転職エージェントです。

世界でもTOP3位に入る人材会社のアデコグループが運営しており、細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当しています。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能です。

エージェントは各専門職種に精通しているため、他のエージェントにはできなかった専門的なことまで相談できます。

doda

dodaは、転職者満足度No.1、人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種ごとの多種多様な求人を保有しています。

求人数もリクルートエージェントに次いで多く、非公開求人を含めて約10万件。大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。

履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれるなど、転職成功のサポートも万全です。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

といった人にオススメ!

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、20代からの信頼がNo.1の転職エージェントです。

熱意のある担当者によるサポートも評価が高く、中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評があります。

転職サポートについては、職務経歴書のブラッシュアップや模擬⾯接はもちろん、利⽤回数や期間に制限なく転職相談をすることが可能です。

また、関東圏・関西圏・東海地方の求人が豊富で、20~30代向けのベンチャーから大手まで優良企業の求人を保有しています。

識学キャリア

識学キャリアは、急成長中のベンチャー企業に特化した転職エージェントです。

「識学」という組織コンサルを展開している会社が運営しています。
「識学」は大手企業や有名企業、上場企業などでも導入されており、導入企業は軒並み業績が伸びています。
また、2019年に上場した企業の10%以上は識学を導入しています。

 

特徴は何といっても紹介先企業との結びつきの強さ。組織コンサルを提供しているぐらいなので、企業の内情は知り尽くしています。そのため、高いマッチング精度が期待できます。

まだまだ相談者の数が少なく、他の転職者と競争しなくて済むので、今スグ登録しておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました