大企業でスキルがつかないは嘘。スキルを伸ばす3つのコツを経験者が伝授

ベンチャー転職

今回は次のような悩みを持つ人向けの記事です。

あなた
あなた

大企業で働いていると外でも通用するスキルが身についてる実感がない。そもそもどんなスキルを身につければ市場価値が高くなるかも知りたい

この気持ち、とてもよくわかります。

トニー
トニー

僕も大企業にいるとき、全く同じ悩みを抱えていました。

僕は「スキルをつけるにはベンチャーに転職しなければならない!と思い、社会人3年目の秋に勢いでベンチャーに転職しました。

結果、自分がつけたいスキルを身につけるなら大企業の方が良いと思い、今は大企業に戻っています。

そんなまさに同じ悩みを持っていた経験者の僕が、大企業でスキルは身につくか」というテーマについて、5年間2回の転職を経て気づいたことをまとめました。

大企業ではスキルがつかないのか?

大企業でつけやすいスキル・つけにくいスキル

まず結論ですが、大企業でもスキルは身につきます。大企業でスキルを身につけられている僕がいうので間違いなし。

ただ、「大企業でつけやすいスキルとつけにくいスキル」があるのは事実です。

 

「大企業で働いていてもスキルがつかないのかな」と不安に感じている人は「スキル」という言葉のイメージがあやふやなのではないでしょうか?

もう少し解像度をあげてみましょう。

大企業でつきやすい(逆にベンチャーでつきにくい)スキルは下記の通り。

  • 調整力
  • 専門的な能力(マーケティング、営業など)
  • プロジェクトマネジメント力

 

逆に、大企業でつきにくい(逆にベンチャーでつきやすい)スキルは下記の通り。

  • 部署や職種などの垣根を超えて目的を達成するやりきり力
  • 全体を俯瞰して目の前の仕事をする力
  • 早く意思決定をする力

 

この他にも「売上を作るためのビジネス感覚」は大企業だとつきにくいです。

大企業だと期初にミッションが割り振られますが、創業期の本当に ‘ベンチャー’ な企業だと明日からなんの仕事をするかは決まっていません。

自分で仕事を作らないと何もすることがないので、必死に自分で売上を作る工夫を考えます。その中で自然にビジネス感覚が身についていきます。

 

身につけたいスキルに応じて大企業が向いているかどうかが決まる

いまは終身雇用が終わり【個人のビジネスマンとしての力をつけよう!】と叫ばれてますね。

個人でお金を稼ぐ、自分で事業を作って起業するという意味では、ベンチャーでつきやすい能力の方が活きてきます。

繰り返しですが、自分がやるべき仕事が割り振られてくる大企業では、ビジネス感覚を身につけにくいからです。

しかし逆に、

  • フリーランスのように企業から仕事を自分でとって働きたい
  • マーケティングの専門家になって企業を渡り歩きたい
  • 管理職としてのマネジメントスキルを磨きたい
  • 組織論を学びたい

などであれば大企業の方が必要なスキルを身につけやすい環境があるでしょう。

 

『フリーランスとして活躍するためのスキル』は、ベンチャー企業の方が身につきやすいと思っている人も多いかと思います。

これは間違いで、ベンチャー企業だと個人のスキルの習熟を待ってはくれません。とにかく目の前の売上を上げるために営業に生かされるという企業が多いでしょう。

スキルを積むためにベンチャー企業に行きたいのであれば、そもそもある程度自分にスキルが身についた状態で、ベンチャー企業でも即マーケティングやエンジニアリングで活躍できるスキルを持って転職やフリーランスにならないと、雑用ばかりさせられることにます。

トニー
トニー

結局は、あなたがつけたいスキルに応じて大企業とベンチャーのどちらが適切かが決まります。

 

大企業で働きつつスキルを伸ばす3つのコツ

周りの同僚を見渡すと、大企業では「スキルを身につけるぞ!」と仕事に取り組んでいる人は正直少ないのではないでしょうか。

大企業は決まったルーティンワークが多く、上司の許可を取らないと仕事のフローを見直せない場合も出てくるでしょう。

しかし、何のスキルも身に付かずに大企業に飼い慣らされてしまって、数年後に転職市場での価値が低くなってしまう事態は避けたいですよね。

トニー
トニー

そこで、周りに流されずに大企業でスキルをつけるためのコツを紹介します。全部で3つあります。

 

1. その企業でのみ通用するスキルか、他社でも通用するスキルなのかを意識

あなたの仕事で得られるスキルは、次の2種類に分類されます。

  • その会社でのみ通用するスキル
  • 会社の外でも通用するスキル(ポータブルスキル)

例えば、社内稟議を通す力、社内のシステムを使って効率的に申請書を書く力は、その会社でのみ通用するスキルです(以下、“社内スキル”と呼びます)。

逆に、商談でのクロージング力、プロジェクトマネジメント力などは、会社の外でも通用するスキルです(以下、“ポータブルスキル”と呼びます)。

今いる会社で定年まで勤め上げる!という人は「ポータブルスキル」について考える必要はありません。ただ、終身雇用が崩れたこの時代にそのような考えをする人は少ないはず。

ポータブルスキルを身に付けることが転職市場での価値を高める唯一の方法です。

仕事の100%がポータブルスキルというのはあり得ませんが、出来るだけ自分の仕事の中でポータブルスキルを高める仕事の割合を増やすことが重要です。

 

2. 自分の担当する案件も、身に付けたいスキルに応じて自分から志願

大企業では基本は仕事を割り振られますが、自らこの仕事をやりたい!と志願することは可能ですよね。

また、頻度は少ないですが部署異動なども可能です。

まずは目の前の仕事で成果を出してから上司に「次はこんな仕事にチャレンジしたい」と申し出れば、自分が身につけたいスキルに直結する仕事をするチャンスが巡ってきます。

 

3. まずは目の前の仕事の中で、ポータブルスキルになり得るものを見つけて磨こう

とはいえ異動が実現するまでには時間がかかりますよね。。そこで今日からできるポータブルスキルを身につける方法もご紹介します。

ポータブルスキルを身につける手順
  1. 今日やる仕事を作業に分解する
  2. そのうちポータブルスキルとなるものを見極める
  3. 出来るだけポータブルスキルを身につけられる仕事をする時間を増やす

 

具体的に説明します。

Aさんは外回りの営業職。今日は2件の訪問と、1件の見積作成、1件の社内の営業会議があります。

この日のタスクを書き出すとこんな感じ。

そのうち、ポータブルスキルになり得るものにハイライトをつけてみました。

スキルとして表現すると次のようなイメージです。

  • パワポでの資料作成スキル
  • 商談スキル
  • 受注までのタスクスケジュール化のスキル

出来るだけこれらの時間を増やすためには、僕なら下記のような取り組みを考えます。

ポータブルスキルを高めるために時間を割くための案
  • 移動が本当に必要か(Web会議やChatWorkなどのツールで移動時間を減らしつつクライアントとコミュニケーションとれないか)
  • 議事録は誰かにアウトソースできないか
  • 自分でやる必要があれば、型化をするなど時間短縮できないか
  • 社内の会議は本当に必要か(開催頻度や時間含め)

自分一人で決めれることばかりではありませんが、上司への提案などできることはあります。こうすれば今日からでも大企業で働きつつ、スキルを身につけるための1歩を踏み出せます。

 

トニー
トニー

大企業でもスキルを身につけるためのコツを再度まとめます!

  • その企業でのみ通用するスキルか、ポータブルスキルかを意識
  • 自分の担当する案件も、身に付けたいスキルに応じて自分から志願
  • まずは目の前の仕事の中で、ポータブルスキルになり得るものを見つけて磨こう

 

ポータブルスキルが付いているかを確かめる方法

ここまで読んで、次のように不安を感じる人もいるかもしれません。

あなた
あなた

ポータブルスキルを意識することが重要なのは分かった。でも自分の仕事でどれがポータブルスキルになるのか判断できないな。。それに今自分がポータブルスキルがついているかも分からない。

トニー
トニー

安心してください。ポータブルスキルの判断の仕方や、今自分にポータブルスキルをついているかを確認する方法も解説していきます!

  

ポータブルスキルの見分け方

転職サイトに登録して、求人の中の「求める人物像」を見てみるのがオススメです。

転職サイトとは、リクナビNEXTのようなサービスのことです。

転職サイトの案件には「こういうスキルを持った人物が望ましい」という要件が書いてあります。その要件から何がポータブルスキルとして見られているのかが推測できます。

実際にリクナビNEXTに掲載されている求人を見てみましょう。下記は、とあるクラウド人材管理ツールの営業・コンサルティングの求人です。

このように見ると、今営業をやっている方は次のようなスキルがポータブルスキルとなり得ることがわかるでしょう。

ポータブルスキルになり得るもの
  • 特定の商材を扱ってきた経験(IT商材など)
  • 特定のクライアントを相手に営業してきた経験(人事をターゲット、経営層への営業)
  • 課題解決型の営業(≠ただ単に決まった商材をテレアポして売る旧来型の営業)

 

自分にポータブルスキルがついているかを確認する方法

転職エージェントとの面談を通じて、スキルの棚卸しと現時点で不足してるスキルを洗い出すのがオススメです。

前提として、あなたのポータブルスキルが価値があるかは一人で判断することはできません。

※抽象的ですが、あなたの営業力が100だったとします。これだけだと高いか低いか判断できません。

他の転職者がもつ営業力と比較して初めて「あなたに転職市場で価値のあるポータブルスキルがあるのか」が分かります。

他の転職者との比較ができるのは、数多くの転職者に日頃から接している転職エージェントならではの強みです。

転職エージェントとの面談を通じてわかることは、下記の通り。

  • 今の会社で働き続けると、どんなスキルが磨けるか
  • 今どこにいるのか(他の転職者と比較してどんなスキルを保有してるか)

 

また、次のように他社の状況・転職市場全体の傾向などもわかります。

  • 他の環境だとどんなスキルが磨けるか
  • もっと自分のスキルを伸ばせそうな会社はあるのか
  • そもそもこれからはどんなスキルの需要が高まるか

エージェントとの面談は例えるなら健康診断です。

すぐに転職をしなくても、転職エージェントと定期的に面談をしていくことで、自分にスキルがついているのかどうかの進捗がわかるからです。

そして、運良く今の会社よりももっとスキルが伸ばせそうな会社が見つかれば、そこから転職活動を始めればいいです。

くれぐれも、「エンジニアになるために会社を辞める」なんてことはしちゃダメです。

トニー
トニー

ポータブルスキルの分析のためには、丁寧に自分のスキルを棚卸ししてくれる良いエージェントを見つけるのが重要です。おすすめのエージェントを僕の経験も含めて選んでおきました。

おすすめの転職エージェント

識学キャリア

実力主義・成果主義の会社に特化した転職エージェント。成長ベンチャーの求人を多数保有。

20~39歳までの人で、

  • 年功序列な今の会社に不満を持っている人
  • 今の仕事に裁量権がなく、退屈に感じている人
  • 自分の市場価値を上げたい人

に特にオススメ。

ただし、求人数はあまり多くないので、圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントとの併用がおすすめ。

リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

レバテックキャリア

ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1!ITエンジニア経験者専門の転職エージェントです。
7,000件以上の求人を保有しており、そのうち5000件以上が600万円以上のハイクラス求人。大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅しています。
20代~40代のエンジニア経験者で、キャリアアップしたい方、年収アップしたい方におすすめです。

パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

 

まとめ|大企業だからスキルがつかないと思考停止するのはNG

確かに、大企業は個人の成長ができないという意見をよく聞きます。

ITに疎くて非効率なシステムを使っていたり、無駄な飲み会があったり、古くからの慣習で無駄な仕事が多かったり。

でも、、環境が悪いことを嘆いていても何も変わりませんよね?

大企業の環境をスキルアップに活用できるかどうかは自分次第です。まずは現在地を正しく把握することから始めましょう。

どうしても、今の会社ではスキルがつかないと判断したら転職を視野にいれるのもアリです。

 

最後に今回の内容をまとめます。

今回のまとめ
  • 大企業でスキルがつかないは嘘。つけやすいスキルとつけにくいスキルがあるだけ
  • 転職市場での価値を上げるためにも、目の前の業務のなかで、ポータブルスキルが付くかを意識しよう
  • 何がポータブルスキルなのか、自分はいまポータブルスキルがついてるのか、は転職エージェントとの面談で随時確認しよう。エージェントとの面談は健康診断と同じ
タイトルとURLをコピーしました