体育会系の会社が合わずに辞めたい人へ。合わないなら転職が幸せへの近道です。

ブラック企業から転職

体育会系の会社が合わないと感じ、「辞めたい」と考えている人はかなり存在します。

独特なイケイケの空気感や、まるで部活や道場のような張り詰めた空気感にそぐわずに、

こんな会社で、いつまでもやってられねえな・・・・

こう考える人は相当数います。

その根底には体育会系にはブラック企業が多い!といったれっきとした事実もあるのです。

無理せず辞めるというのもひとつの選択肢です。

おすすめ転職エージェント一覧【無料】

★複数に登録しておくと転職成功率がアップします。

体育会系が合わないと感じる理由

“非”体育会の方が、体育会系の会社が合わないと感じる最大の理由として、

視野が狭い感が非常に強い

といった部分があります。

 

体育会系というと第一に取り沙汰されるのが、「声が大きい」とか「根性で解決」といった事が先行します。

なんでも威勢よく行く事で、勢いで問題を解決したり、論理的な解決策が無い事から精神論で障壁を突破しようとするのですね。

それもどれも、根底には「視野の狭さ」からくる創造性が足りていない事に起因している。

 

また面白い事に、体育会系の会社に属している人間は似たようなタイプの人が多い。同じような人が凝り固まっている。

  • 自分の群れと異なる人間(考え)をけむたがる
  • みんなと同じ事をやたら好む
  • 自分で達成した事実を周囲の人間に報告したがる
  • 孤独を好まず、必ず誰かと行動したがる

一例ですが、こういった類の人が多いのです。

これは裏を返して言えば、体育会系の会社に合わない人は上記の例と真逆の思考を持っている人達だとも言えます。

  • 独創的な考えを持つ
  • 周囲の意見は参考程度
  • 陰の実力者
  • 群れる事を好まない

こういったクールな考えが根底にあるために、単純に「声が大きい」「根性論」以前の部分で会社にマッチングしていないのです。

当然会社にマッチングしないということは、適正な評価にも繋がってこない事を意味しますから、ますますやってられない気持ちが募ってくるわけです。

ある意味、体育会系の会社に合わずに辞めたくなるのなんか必然なんですよね。

 

「視野が狭い」人材はブラック企業にうってつけ

実は「視野が狭く」「みんなと同じを好む」といった思考や姿勢って、ブラックな会社ほど大歓迎なのです。

なぜなら、視野が狭ければ無理難題をふっかけて違法まがいの事を実行させても、見識の浅さからおかしな状況に置かれている事には気づきにくい。

 

みんなと同じことを好む人間を集めていれば、

みんなもやっているんだから、俺だけ文句を言うわけにはいかないな

こういった感情を喚起しやすいのです。簡単に言えば、容易に社畜化し操る事ができてしまう。

視野が狭く社会常識もままならなければ、

こんな普通では考えられない事をやってのけられるのです。

操り人形ですよ。こんなの。

別の意味で怖いですね~。体育会系。

 

集団的な自己チュー軍団

体育会系の人は「仲間」や「チーム」が大好き。この上なく強い仲間意識を持っています。

もちろんその背景には、過去にスポーツや部活動などで鍛えられた礼儀や上下関係が下地になっているのは言うまでもない事でしょう。

仲間や目上の人に対しての気配りにはきめ細かい所がありますし、それはそれで素直に立派だと感じます。

最低限の礼儀やコミュニケーション力自体を否定するつもりはサラサラありません。

ここで厄介なのが、体育会系の人が持つ独特な「集団的自己中意識」です。

どうゆうことなのか?

 

体育会系の場合、その強い仲間意識のために、自分と価値観が合わない人、自分の所属する集団以外の人間の意見や考えを一切認めないといった傾向がある。

仮に仕事で、

  • あきらかに非効率なやり方
  • 独創性が全く無い手法

である事がわかりきっていても自分の所属する集団以外の人から指摘されている限り、改善することはおろか、聞く耳すら持とうとしないのです。

凝り固まった価値観の集団内に閉じこもっているために、柔軟性がまるで無い。

非体育会の人間から見ればこれは異質なこと。

 

確かに非体育会系の人はスポーツマンのような長年縦社会で培ってきた礼儀や気配りは劣る部分があるかもしれない。

ですが、あきらかに非効率なやり方を目の当たりにして、それに対する外部の意見を聞かないなんていう行為なんてもってのほかです。

一方、あなたは色々な意見や考えを素直に柔軟性を持っている。

もちろん鵜呑みにする事はないけど、参考にしようとする姿勢は持ち合わせていますよね。

だからこそ、周りの人間と自分との間で葛藤が生まれてしまうのです。

 

  • 体育会系=仲間か敵か
  • 非体育会=仲間でも敵でもない

こういった集団に対する価値観のズレもあるために、ますます溝は深まるばかりだとも言えます。

周りの人
周りの人

なんだあいつ、ハッキリしない野郎だな!!

得てして体育会系ブラック企業にこういった暴言を吐く人間が多いのも、上記のような価値観の平行線が存在しているからだと断言できます。

 

最後に|自分に合う会社を選べばいい

パズル,チェック

会社が合わずに辞めたい。こういった気持ちは誰しもにあること。我慢が足りないとかそういった類の話では全くありません。

単純な話かもしれませんが、体育会系の会社が合わなければ、そんな会社は辞めてしまい、自分の考えに合う会社に転職してしまえばいいのです。

体育会系の会社に見切りをつけ、自分に合った会社を見つけた人の中には、

  • 結論を急がない過程を大切にする社風が合っている
  • おかしい事が素直に発言できる風通しの良い会社
  • 飲み会に無理に付き合わされない
  • 社訓の唱和や息苦しいチーム団結!のような空気感が無い
  • 気分屋で暴君のような上司が存在しない
  • 上司の気分で評価がなされるような事は絶対に無い

こういった閉塞感がない職場を見つけてノビノビと仕事に励んでいる人もいるのです。

 

芸能人のマツコ・デラックスさんもこう言っています。

今はビジネス環境が複雑化、多様化している。作れば売れるという規格大量生産時代では、それこそ行け行けドンドン営業でうまくいった。
ところが少品種少量生産、IT化の促進、産業のソフト化でビジネスモデルが変容し、より高度の専門性が求められている。
体力、気力勝負では40歳になってからどころか35歳でその限界を露呈してしまうことになる。

引用元:マツコ・デラックス断言「体育会系社員は30代で終わる」説を人事部長に聞いてみた|PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

もうこれからの時代、体力勝負で何でもかんでも乗り切るといった考えはそぐわないのでしょう。

今、体育会系の会社が馴染まないと感じているあなたの考えは先見の明があるのかもしれませんね。

一度、転職活動をして他の会社を見てみると、今の会社が異常なのかどうかがはっきりわかるでしょう。そして、転職活動ではまず転職エージェントに相談してみることをオススメします。

 

転職エージェントは調べても出てこない情報も持っていますし、自分で情報を集めるよりも効率的です。

そして何より、転職エージェントは紹介した人材がすぐに退職してしまうと報酬を減額されたり、ペナルティを課されたりなどの不利益を受けます。

つまり、わざわざ報酬を減額される可能性のあるブラック企業を紹介しようとはしないのです。

 

ただし注意しないといけないのが、転職エージェントの中にも、ブラック企業でもいいから、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、最後に紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】

★複数に登録しておくと転職成功率がアップします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は、なんと言っても求人数の多さ。日本一の求人数を誇ります。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人も10万件以上あり。

様々な職種、年齢、勤務地に対応しており、転職した者の2/3は一度は登録しています。

豊富な転職支援実績データに基づく選考サポートが手厚く、履歴書作成から面接準備まで転職のプロがサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。

カウンセラーの対応も迅速なので、働きながら転職活動をするのにうってつけのエージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント年収アップしている人多数!キャリアアップを目指す人向けの転職エージェントで、外資系、法務・経理などの管理部門、第二新卒などの転職に特に強いのが特徴です。

世界でもTOP3位に入る人材会社のアデコグループが運営しており、細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当しています。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能です。

エージェントは各専門職種に精通しているため、他のエージェントにはできなかった専門的なことまで相談できます。

doda

dodaは、転職者満足度No.1、人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種ごとの多種多様な求人を保有しています。

求人数もリクルートエージェントに次いで多く、非公開求人を含めて約10万件。大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。

履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれるなど、転職成功のサポートも万全です。

転職活動に失敗したくない人や、次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人などにおすすめです。

識学キャリア

識学キャリアは、急成長中のベンチャー企業に特化した転職エージェントです。

「識学」という組織コンサルを展開している会社が運営しています。
「識学」は大手企業や有名企業、上場企業などでも導入されており、導入企業は軒並み業績が伸びています。
また、2019年に上場した企業の10%以上は識学を導入しています。

 

特徴は何といっても紹介先企業との結びつきの強さ。組織コンサルを提供しているぐらいなので、企業の内情は知り尽くしています。そのため、高いマッチング精度が期待できます。

まだまだ相談者の数が少なく、他の転職者と競争しなくて済むので、今スグ登録しておくことをオススメします。

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、20代からの信頼がNo.1の転職エージェントです。

熱意のある担当者によるサポートも評価が高く、中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評があります。

転職サポートについては、職務経歴書のブラッシュアップや模擬⾯接はもちろん、利⽤回数や期間に制限なく転職相談をすることが可能です。

また、関東圏・関西圏・東海地方の求人が豊富で、20~30代向けのベンチャーから大手まで優良企業の求人を保有しています。

タイトルとURLをコピーしました