1日16時間労働で起きる体の異常。そんな会社もう逃げて!

ブラック企業から転職

ブラック企業ではあり得ないほどの長時間労働が慣行されます。

1日12時間?
1日14時間?

いえいえ、長いところでは一日16時間労働が当たり前。しかもそれが毎日継続していく・・・。

そんな会社が今でも巷に平然と存在しています。

あなたの会社でも長時間労働を強いられるようなら、体を壊す前にさっさと転職することをおすすめします。私のようになる前に…。

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

16時間労働は一日の3分の2が仕事という異常

ありきたりで当たり前の話ですが、一日は24時間しかありません。しかも全ての人間が平等に一日24時間です。

そのうちの16時間を仕事に費やしているということは、一日の3分の2の時間を仕事に投入している計算になりますね。

大げさに言えば人生の3分の2が仕事なわけです。

人間、一日に16時間も拘束されていると何が起こるのか?

 

意識全てが仕事に奪われます!

 

そりゃそうですよ。だって仕事時間を引いた残りの時間は8時間。当然ながらこの中には、

  • 飯を食う時間
  • 風呂に入る時間
  • 移動時間
  • トイレに入る時間

が入ります。人間が人間として生活するための最低限の時間です。

これらを差し引いてやっと睡眠時間が確保できる訳です。

その為、一日16時間も拘束さてれいる人の睡眠時間は、普通に4時間を切ってきます。

人によってはもっと短い。

 

【実録】一日16時間拘束のワークスケジュール

以下は実際に私がブラック企業時代に体験した1日のワークスケジュールです。

業種は飲食業でした。

今思い出しても地獄のような日々だったのを痛感します。

  • 7:00
    起床
  • 8:00
    本社出社。前日の売上チェック
  • 9:00
    仕込みセンターにて指揮の段取り後、仕込み作業開始
  • 15:00
    仕込み終了。各店舗へと配送開始
  • 16:30
    配送終了後、1週間の予定についてミーティング
  • 18:00
    ミーティング後に実店舗へヘルプ勤務
  • 24:00
    店舗勤務終了、退社
  • 翌1:00
    帰宅
  • 翌2:00
    風呂、軽食、入浴
  • 翌3:00
    就寝

これはある1日の例ですが、概ね毎日をこういったサイクルで繰り返していました。

とはいえ深夜の3時に床に着ける事は結構まれで、遅い時には5時を回ってしまうなんて事も普通に起こっていました。

今考えて見るとかなり異常なワークスケジュールです。これを今現在で実践しろと言われても到底できません。

 

しかも驚くべき事に、当初はこのワークスケジュールを行なっていたのが私だけでなく、他の社員も同様にやっていたという事実。

しかもこれが週6で行われていましたね。

まるで監獄。いや拘束時間が長いという部分にスポットを当ててみれば監獄より酷い。

理不尽なブラック企業なので、当然に残業代も深夜手当も一切つきません。

 

一日16時間労働で起こる面白い体の反応

一日で16時間も仕事をしていると色々な症状が体に現れ始めます。

拒絶反応が勝手に現れ始めるんですよね。無理がたたって。

疲労からくる体のおかしな異変を紹介します。こんな症状が出ているようならアナタも要注意です。

蕁麻疹(ジンマシン)ができる

普通、蕁麻疹(ジンマシン)というものは食べ物のアレルギーでできる皮膚の湿疹をさします。合わない食べ物や栄養素の関係で体が拒否反応を示してできるアレです。

ですがこの蕁麻疹、疲労やストレスでも発症します。

これは私自身も後から知ったことなんですが、心因性蕁麻疹という種類のもので、過度のストレスにさらされ続けたり疲労が蓄積していくと突発的にできる蕁麻疹のようですね。

 

自分の場合は、足にびっしりと赤いブツブツの蕁麻疹ができました。皮膚科に行っても原因が掴めずに、医者からも

「何か変な物を食べたか?最近サプリを飲んだか?」

のようなことしか聞かれません。

塗り薬を貰って一時をしのぎましたが、疲れを感じると慢性的に発症していました。

今思うと、16時間労働からくる疲労で内臓が疲れていて発症していたのかもしれません。

 

これを見た私の上司は、

上司
上司

俺も昔こうゆうのできたんだよ~

などと嬉しそうに語っていました。さもお前もブラック企業の仲間入りだなと言わんばかりのドヤ顔でしたね。

まるで何の自慢にもなりません。

常日頃から腹が痛い

これも周囲の社員を見渡して、全体的に腹痛持ちが多かった印象があります。

もう常に下痢なのです。

それこそ一日に何回もトイレに駆け込む始末。言えば下痢だけでなく、よくおならも出ていました。

 

周りの人間も同様で、職場では「便秘になんかなったことがない」というのを自慢しあってた記憶があります。

胃腸はストレスを反映する鏡なんていう箴言もあるぐらいですから、長時間拘束がかなり体に負担をかけていたのが事実だったのでしょうね。

 

しかし、そんな体調不良を自慢しあうブラック企業って・・・。

あなたも最近働き過ぎて胃腸の調子がおかしい。

こんな症状が出ていたら危険信号のサインと言えますよ。

ウォーキングスリープ

これは今私が思いついた造語です。要は「歩き寝」です。

読んで字のごとく、過労で歩きながら眠ってしまうのです。名づけてウォーキングスリープです。

普通人間って、体を動かしている状態では脳に刺激が行き続ける為に睡眠状態に陥る事はありません。

ナルコプレシーなどの睡眠障害でもない限り、歩きながら眠るなんてことは中々考えにくいのです。

しかし面白い事に一日16時間もの労働を強いられていると、歩きながら眠る事ができるのです!

 

やった事のある方は分かるかもしれませんが、歩き寝(ウオーキングスリープ)は寝ているだけあって、ほとんど前に進みません!

寝ると言ってもほんの一瞬なので、2~3歩あるってはっと我に帰り、

ブラック
ブラック

何してんだ俺!

と現実に戻ります。

まるで漫画やアニメの世界ですよ。歩きながら寝るなんてのは。

 

もしこの記事を読んでいて、一日16時間労働で、「分かる!俺もそんな体験ある!」という方。

もうそんな職場、2秒で辞めて下さい。

精神と時の部屋を実現する

もはや空想上の世界です。アニメといいますかね。

もう現実だか夢だか分からなくなってくるのです。

  • 1日の拘束時間が長すぎるため、夢の中でも仕事をしている
  • 夢の中で起きた事が現実で起きている事と錯覚する

こんな感じで、境目がつかなくなり精神が休まる事が皆無な状態にはまっていく。

上記のようにアホな状態が起きてしまうのも16時間労働の功績と言えるでしょう。

誰もこんな経験したくありません。

 

最後に|やはり16時間労働はおかしい

ブラック企業で働いていると本当に様々な経験をします。それこそ普通の会社で働いている人には出来ない経験ばかり。

一度親友に自分の労働環境を話したところ、ホワイトな会社で働いている友人は、

友人
友人

それって戦前と同じ状況だぞ!

こんな発言をしていました。

面白おかしい体験、普通に日常生活を送っていてはできない体験を率先して経験したい!という人にはブラック企業の一日16時間労働がオススメです。

ですがね・・・。

「もうこんなの懲り懲りだ!」っていう人は早く卒業すべきですよ。

  • 今の状況が3年、5年と続く事が想像できるのか?
  • このまま仕事に埋没するだけの人生でいいのか?
  • 身体はもつのか?

こういった事をじっくりと考える必要があるのではないでしょうか。

 

一日16時間も働いている現実にピリオドをうちたい。

もしあなたが本気でそう考えるなら、転職エージェントを利用してみませんか?

転職なんかできっこない

そんな人こそ、一度相談してみることをおすすめします。

はたから見たら自分の状況がいかにおかしいか再確認できた。まずはそういった気付きが今の環境を抜け出す第一歩です。

 

そもそも転職エージェントの利用は無料なので、とりあえず相談だけしてみるという使い方でもOKです。相談したからと言って、必ず転職しないといけないものでもありません。

おすすめの転職エージェントも選んでおいたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

doda
doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

「辞めたい」と言いづらいなら退職代行を利用しよう

会社を辞めたいなら、退職したいことを会社に伝えればOKです。会社には退職を引き留める権利はないのだから。

しかし、退職することを伝えたいけど上司が怖かったり、どうしても話を聞いてもらえなくて進まなかったりする人もいるでしょう。

そんな人は、自分で伝えることを諦めて退職代行を使うのも1つの手です。

退職代行を使えば、あとは弁護士や代行業者が会社に退職の意思を伝えてくれます。お金はかかりますが、精神的な負担が減り、確実に退職できるというメリットがあります。

 

実は、退職代行サービスにもいくつか種類があります。主なものは以下の3つ。

運営組織費用退職の
確実性
残業代や退職金
の請求
有休消化や退職日
の交渉
一般企業2~3万円
程度

やってもらえない

交渉はしてもらえるが
会社が対応するか
分からない
労働組合2.5~4万円
程度

交渉はしてもらえるが
支払ってもらえない
可能性もある

団体交渉権が使えるので
会社に対応してもらえる
可能性が高い
弁護士
事務所
5万円~
最悪裁判になったと
しても請求可能
(別料金)

当然可能

上記のように、確実に退職するには労働組合が運営している退職代行を利用すべきで、中でも退職代行ガーディアンが一番のおすすめです。

運営組織東京労働経済組合
料金29,800円(税込)
※正社員・アルバイト・パート一律
※追加料金は一切なし
過去の実績これまで100%退職成功
対応開始即日対応
対応エリア全国
相談受付24時間・365日
相談手段LINE・電話
支払い方法クレジットカード・銀行振込

東京都の行政機関である東京都労働委員会が認証している労働組合が運営しているので、安心して利用できます。

また、労働組合法に則って会社との交渉もやってくれ、会社との連絡はすべておまかせできます。

相談は無料ですし、苦しみから早く開放されるためにも、今すぐ相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました