早く脱出しろ!これがブラック企業の典型的な特徴だ

ブラック企業辞める

「今の自分の会社ははたしてブラック企業なのか?」
「長時間労働やサービス残業は当たり前だけど、他の人もみんなやってるし…」

こんな不安や疑問を抱えながら今の会社で働いている人は少なくありません。

もちろん、そういった会社の全てがブラック企業というわけではない。

 

ただ、ブラック企業はいかにも「この会社はブラック企業ではない」というカモフラージュがうまい。

なので、今働いている会社がブラック企業かもと不安になる時点でブラック企業である可能性は高い。

そこでこの記事では、ブラック企業の典型的な例を紹介し、あなたがブラック企業から脱出するのに役に立ててもらいたい。

典型的なブラック企業の特徴

「ブラック企業」というキーワードが世間的にかなり認知された今でも、実際問題として具体的にどういった会社がブラックなのか今一ピンとこない。

こういった方が意外にも多いのが事実です。

特に新卒入社の方であれば、表面的なブラック企業の知識は持っているものの、実体験が無いために実態としてつかみづらい。社会人の方であれば、今の自社がブラックかどうか曖昧で、どこの会社もだいたいこんな感じじゃないのか?

こういった錯覚に陥りがちです。

そこでここでは、ブラック企業とジャッジするのに顕著で典型的な4つの特徴を列挙したいと思います。

新卒社員の離職率が異常に高い

よく大卒新卒社員の離職率の平均は3年で3割と言われるのが標準とされています。

が、ブラック企業の場合はこれを遥かに凌駕する離職率を持っている事が大きな特徴です。

業種によってまちまちな部分はありますが、極端な例だと離職率が9割を超える。こんな会社も普通に存在します。

もし今の会社で、入社した人がすぐに辞めるということが頻繁に起こっている場合はブラック企業である可能性が高いです。

 

また、これから就職・転職活動をしようとしている方にとって、離職率を知ることはブラック企業を回避する大きなキッカケになります。詳細を以下の記事にまとめてますので、参考にしてみてください。

’超’長時間労働

これはブラック企業の「まくらことば」と言っても過言ではないでしょう。

非常識なほどに拘束時間が長いのです。

この場合の拘束時間が長いとは、休日も少ない、あっても半休処理されるなどの処遇も含みます。

 

また社員一同全員が長時間拘束の中で働いており、「自分だけ帰りづらい」「言いづらい」などの空気感にある事も含みます。

これは、企業の中に「働く時間が長ければ長いほど、より多くの結果につながる」という考えが根付いているためです。そして、こうした考えが変わることはありません。

残業代が出ない、歪んだみなし残業制

ブラック企業でありがちなのが、稼働した分の残業代が出ない。みなし残業制、固定残業代制を採用しており、うまく誤魔化されてしまっている。

こういった事が起こります。

ブラック企業が残業代を支払わないよく取られる手段として、基本給を低く設定し従業員に気づかないように搾取するパターンと、初期の段階で「管理職」扱いにして残業代を逃れる手口があります。

ブラック企業はとにかく、「社員からいくら搾り取られるか」を考えています。

待遇が著しくおかしい

ブラック企業での待遇のおかしさとは、世間一般の常識が全く通じないものを指します。こんなの普通に考えたら、常識でしょ!?といった事がまるで通用しない。完備されていないのです。

休日がない、社会保険がない、冠婚葬祭で休めない、昇格するのに昇給しないなど、上げればキリがありません。

あれこれこじつけてとにかく社員を安く働かせようとします。

 

ブラック企業はマインドコントロールに長けている

ブラック企業で働いている人の中には、はたから見たら明らかにおかしい状況にいるにも関わらず、なかなか辞めずに頑張っている人がかなり多いです。

周りの人からすると、

「なんであいつは、あんな環境でやってて辞めずに頑張っているんだろう?」

と首をかしげるほど。

しかし当の本人からすると、極々真面目に会社のために、売上を上げるんだとむしろ躍起になっていて、ブラックな環境だという意識も全く持っていなかったりします。

これは、ブラック企業がマインドコントロールを仕掛けているからだと断言できます。

 

ブラック企業はマインドコントロールをかけやすい人を率先して採用し、

救うように見せる ⇒ 奮起させ自ら決定させる ⇒ 気がつくと搾取されている

といった一連の動きを演出します。

そのため、当の本人は搾取されているといった意識が全くなく、むしろ自らその選択が正しいかのように行動してしまっているため、このループにハマっている事に気づいてもいないのです。

内部事情をつかむ事で、脱出するキッカケになるかもしれません。

 

今の人生を変えるには転職が一番近道

あなたの会社が、これまで紹介してきた項目に当てはまるなら、今すぐその会社を脱出することをおすすめします。

なぜなら、ブラック企業はその体質が変わることはありませんし、逆にあなたがブラック企業体質になってしまう可能性があるからです。そうなると、他社に転職することも難しくなるでしょう。

 

なにも一つの会社にしがみつく必要は全くありません。情報をしっかり集めて、転職活動を行えばブラック企業なんか脱出できます。

もうブラックな会社で働くのなんか辞めて、まともな会社に行きませんか?

 

とはいえ、会社を辞める前にまずは転職エージェントに登録だけでも済まし、徐々に準備に取り掛かることをおすすめします。

転職エージェントに登録すると分かりますが、世の中、まともな会社の求人の方が圧倒的に多いです。

転職エージェントなら、

  • あなたのキャリアの棚卸し
  • 効果的な志望動機の言い方
  • 年収の交渉

こういった自分一人でやったら面倒くさく、できにくいこともフォローしてくれます。

 

ただし、転職エージェントの中にも、ブラック企業でもいいから、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も20万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

 

パソナキャリア

業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人を保有!特に、IT業界やメーカーのエンジニアや営業の求人が豊富です。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴で、

  • 自分が本当に転職したいかわからない
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

 

第二新卒エージェントneo

面接対策や就職転職の満足度No.1!正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の人で、

  • フリーター、中卒、高卒の方
  • 大学中退・卒業者、就職浪人、第二新卒の方

向けにキャリアアップの転職を完全サポート。

職務経験なしの人の転職支援実績も10,000人を超えており、未経験OKの求人も5,000件以上あり。

約10,000社以上の企業の中からあなたに合った求人を探してくれます。

 

doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

 

reフレッシュ転職

弁護士と連携しているので、労働問題も転職先を探しながら解決できます。
20代の転職を考えている方で、

  • 中々辞められずに困っている人
  • パワハラを受けている人
  • 転職に手間をかけたくない人

などに特にオススメ。

他にも履歴書・職務経歴書の作成~面接対策まで完全サポートしているため、手間を省くことができます。

未経験OK・学歴不問の求人も多数保有しており、転職による転居サポートもあります。