市役所から転職したいあなたへ贈る!私が転職した7つの理由

公務員の転職
わび
わび

航空業界の外資系企業で働く元自衛官・公務員のわびです。詳しい自己紹介はこちら

市役所職員の方の中には、

  • 何かしらの理由で市役所から転職したい!
  • ストレスに耐えられなくて転職したい!
  • とにかく転職したい!笑

と疑問に思っている人もいるでしょう。

しかし、転職したいと思っていても理由がモヤっててなかなかはじめの一歩を踏み出せずにいませんか?

この記事で紹介する『市役所職員の転職理由』を読むとあなたの転職したいという決心がつきますよ!

なぜならみんな本当は転職したいと思っているのに背中を押してくれる人がいないだけなんです。
私もいろんな人たちから転職した理由を聞いて転職したいという決心がつきました。

誤解がないように最初にお伝えします。以下で紹介することは、市役所に勤めている友人からも話を聞き、『転職したい理由』を調査しました。

市役所から外資系企業に転職した私が市役所から転職したいあなたへ贈る、私が転職した7つの理由をお贈りします。

市役所からの転職理由1:ストレスな毎日から解放されたかった

私が市役所から転職したい最大の理由は『ストレスフルな毎日から解放されたかったから』です!

  • どうでもよすぎる上司の指導事項
  • 何かしら理由をつけて飲み会
  • 無駄な業務、無駄な会議、無駄な残業
  • ほぼ毎日ある市民からのクレーム対応
わび
わび

あげたらきりがありません!

私は上記の内容に関して『意味を見出すこと』ができず、とてもストレスを感じてしまいました。

『このストレスフルな毎日から1日でも早く解放されたかった!』というのが最大の転職理由です。

 

市役所からの転職理由2:『自分のため』に時間を費やしたかった

仕事後の時間は『上司の気分次第の残業、先輩職員主催の勉強会、休日のイベントやボランティア活動、飲み会参加』をしており、全く自分の時間がありませんでした。

もちろん全てが無駄だとは思っていませんが、私が歩みたい人生においては全て不必要であり、役に立たないものでした。

あなたも『もっと他のことに時間を費やしたい!』と思っているはず。

市役所職員以外の職種であれば『自分の夢、友達や恋人や家族に割く時間、自分の趣味など』にもっと時間が割けますよ。

 

市役所からの転職理由3:『向いてない』と直感で感じたから

市役所に問題があるとは一切思ってないです。世の中には市役所職員適性がある人もたくさんいます。

わび
わび

私が市役所に合っていなかった。ただそれだけの話です。

もちろん、最初は私にも『市民のために仕事をしたい』という熱い志がありましたが、災害対応以外は市民のための仕事とは程遠い現状だったので転職しました。

もし、あなたが同じように『市役所職員に向いていない』と直感で感じているのなら早めに退職したほうがいいでしょう。

転属したら変わるはず…

と中途半端な気持ちで働きつづけると、家庭を持ってリスクを犯せなくなり、転職活動をしにくくなります。

少し厳しいことを言うことですが、やらない理由ばかり並べていたら一生市役所職員のままですよ。

 

市役所からの転職理由4:仕事に意味を見出せなかった

上司の気分で変わる指導事項、無駄な会議、役に立たない勉強会、何かしら理由をつけての飲み会ラッシュなど。私にとっては全てが『無駄』に感じてしまいました。

もちろん仕事のひとつひとつに意味を見出すことは非常に重要です。

しかし、『私の人生にとって価値あることか?』という基準で見た時には上記の内容は全て『価値がないもの』だと感じてしまいました。

 

市役所からの転職理由5:尊敬できる上司がいなかった

これは私の完全な主観ですが、市役所には尊敬できる上司がほとんどいません。

『◯◯さんは本当に仕事ができるな!この人みたいになりたい!』と思える人が一人もいなかったんです。

『上のご機嫌ばかりうかがって、現状を知ろうとせず、負担は全て下に押し付ける』という働き方をする上司ばかりで、私には耐えがたいものがありました。

 

市役所からの転職理由6:世間で言われているほど給料は高くなかった

世間では市役所の職員の給料は高いと思われています。

しかし、実際に市役所職員として給料をもらってみると、幹部自衛官だった頃より年収にして250万円ほどダウンしました。さらにいま勤めている外資系企業と比べると年収にして300万円ほど低いです。

なぜ市役所職員の給料が高いと言われているかというと、年配の方々が平均をグッと上げているからです。

市役所職員として働くよりも民間会社で働いたほうが給料は良いと思います。

 

市役所からの転職理由7:『自分に合う仕事』を選べる時代になった

『あなたが望む生き方』に合わせて『仕事』を選べるくらい、世の中にはたくさんの仕事があります。

日本には大企業の数は1万社、中小企業は380万社あります。会社の中でさらに細分化された仕事、職種があります。

そして、たくさんある仕事の中から『あなたが望む生き方』に合わせて最適な仕事を選べるくらい転職サイトや転職エージェントも充実しています。

また、私のように外資系企業戦士としてチャレンジするという選択肢もあります。

もう一度落ち着いて『今後、自分はどのような人生にしたいのか?』を考えてみてください。

 

まとめ|市役所から転職した7つの理由

以上が、『市役所から転職したいあなたへ贈る、私が転職した7つの理由』です。

市役所職員から転職した7つの理由
  • ストレスフルな毎日から解放されたかった
  • 『自分のため』に時間を費やしたかった
  • 『向いてない』と直感で感じたから
  • 仕事に意味を見出せなかった
  • 尊敬できる上司がいなかった
  • 世間で言われているほど給料は高くなかった
  • 『自分に合う仕事』を選べる時代になった

市役所から転職したいという決心がついたら早速行動しましょう。市役所職員からの転職は年齢を重ねるほど確実に不利になります!

 

転職活動をスムーズに進めるには転職エージェントを素直に頼るのが一番です。

しかし、初めて転職活動をする人はどのエージェントを利用すればいいのかわからないんですよね。

なので、私が実際に使ってよかった『おすすめ転職エージェント』をご紹介します!

全て無料で利用できるので、安心して利用できます。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】

★複数に登録しておくと転職成功率がアップします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は、なんと言っても求人数の多さ。日本一の求人数を誇ります。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人も10万件以上あり。

様々な職種、年齢、勤務地に対応しており、転職した者の2/3は一度は登録しています。

豊富な転職支援実績データに基づく選考サポートが手厚く、履歴書作成から面接準備まで転職のプロがサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。

カウンセラーの対応も迅速なので、働きながら転職活動をするのにうってつけのエージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、転職者の年収UP率が59%を誇る転職エージェントです。

世界でもTOP3位に入る人材会社のアデコグループが運営しており、細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当しています。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能です。

エージェントは各専門職種に精通しているため、他のエージェントにはできなかった専門的なことまで相談できます。

doda

dodaは、転職者満足度No.1、人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種ごとの多種多様な求人を保有しています。

求人数もリクルートエージェントに次いで多く、非公開求人を含めて約10万件。大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。

履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれるなど、転職成功のサポートも万全です。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

といった人にオススメ!

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、20代からの信頼がNo.1の転職エージェントです。

熱意のある担当者によるサポートも評価が高く、中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評があります。

転職サポートについては、職務経歴書のブラッシュアップや模擬⾯接はもちろん、利⽤回数や期間に制限なく転職相談をすることが可能です。

また、関東圏・関西圏・東海地方の求人が豊富で、20~30代向けのベンチャーから大手まで優良企業の求人を保有しています。

識学キャリア

識学キャリアは、急成長中のベンチャー企業に特化した転職エージェントです。

「識学」という組織コンサルを展開している会社が運営しています。
「識学」は大手企業や有名企業、上場企業などでも導入されており、導入企業は軒並み業績が伸びています。
また、2019年に上場した企業の10%以上は識学を導入しています。

 

特徴は何といっても紹介先企業との結びつきの強さ。組織コンサルを提供しているぐらいなので、企業の内情は知り尽くしています。そのため、高いマッチング精度が期待できます。

まだまだ相談者の数が少なく、他の転職者と競争しなくて済むので、今スグ登録しておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました