営業がきつい・・・楽になりたい。そんなあなたにきつくない営業以外の仕事を紹介

営業職の転職

営業がきつい・・・そんな辛い苦労をされてきた皆様へ

もう楽になりましょう

私も毎日死んだ魚の目をしながら3年営業で働いていましたが、今では毎日楽しく仕事をしています。

え?どうしてそうなったか?

簡単な話です。営業以外の楽な仕事に転職しただけです。

仕事は楽にやってこそ最高のパフォーマンスが出せると実感することが出来ました。

営業がきついと感じる原因

営業が辛い仕事だというのは営業経験がない人でも知っているほど常識的なことです。

でも具体的にどのようなところにキツさを感じているのでしょうか。

これから転職する人のためにも、また営業職への就職を考えていた方のためにもキツさの原因を探ります。

ノルマがしんどい

営業職の3大諸悪の根源、その一つがノルマです。

営業職は数ある仕事の中でも「結果がすべて」という言葉が一番当てはまる職業と言えます。

つまりどんなに苦労してもノルマを達成出来なければ上司から怒られ、周りからも無言のプレッシャーを感じるようになります。

この精神的ダメージは営業をやった人にしかわからないでしょう。月末になってもノルマが達成出来そうにないと今すぐ逃げ出して蒸発したい気分になるんです。

休みが少ない

営業職は休日なし、残業多しの二重苦です。

特に繁盛期になると休日出勤は当たり前で、昼には外回りをして営業が終わると今度は会社で資料作りのために残業、それでも終わらなかった場合は自宅で無給の仕事になります。

ですから定時退勤は営業職では基本的に不可能と思ったほうがいいでしょう。

人間関係のストレス

営業は肉体ダメージの他に精神的ダメージがとても大きいです。先ほど述べたノルマによるストレスもそうなんですが、営業の仕事を続けていくと人間が嫌になっていきます。

仕事上、様々な人と関わりを持つのが営業であり、当然「この人合わないなぁ」という人に対しても低姿勢かつ笑顔で対応しなくてはなりません。

また、ものを売るときも人間が嫌になります。その人間というのは自分です。

営業はこの人にはこの商品は合わないだろうなと思っても、嘘を並べておすすめしなくてはなりません。これが結構心の負担になります。相当メンタルが強い人にしか営業は務まらないのです。

 

きつくない営業以外の仕事

営業の具体的なキツさ・辛さを知ることが出来ました。

ならば後はそのキツさがない仕事をっ見つけて転職すればいいだけなんです。

例えばノルマが一番きつかった人はノルマのない仕事へ、休みがないのが辛かった人は安定した休みが取れる仕事へ転職しましょう。

ノルマがない仕事

ノルマがない仕事といっても具体的な業種や職種が絞りにくいのですが、例を挙げると王道なのは事務職、営業経験を活かすなら企画・マーケティング職、小売業、その他には広報職、警備員など数多くの職業があります。

ですから営業にこだわらないのであれば様々な業種・職種から転職先を選べますよ。

ただし、営業職で毎日仕事に追われて疲れているあなたにはやはりコツコツ仕事をこなせる事務職が向いているかもしれません。

人間関係に疲れない仕事

営業職で人間と関わるのがもう嫌になった!

そんなあなたは販売業以外を選ぶといいでしょう。つまり直接の客商売をしないような仕事で、私のおすすめとしてはIT系です。

IT系はお客と対峙することはありません。ネット上で仕事をひたすらこなすだけで済みます。

ちなみにIT系と言っても様々な業種があり、未経験でも転職可能な求人が多数存在するので転職活動の際はぜひチェックしてみてください。

定時&週休2日制の仕事

残業&休日出勤で働くことに疲れてしまったあなたは定時退勤で完全週休2日制の仕事を選びましょう。

条件としてはちょっと厳しめですが、公務員なら定時で帰宅できます。

そして完全週休2日制が普及している業界としてはIT業界、電気・ガス・水道業が挙げられます。

他にも探せば定時退勤かつ週休2日制の求人が存在するので諦めずに探してみましょう。

 

きつくない仕事に転職するために

「転職するならもう絶対キツくない仕事がいい」

そう思うなら以下のような転職活動を目指しましょう。

転職エージェントで仕事探し

転職する際に一番先に始めることは求人探しですよね。

でも実はここが一番転職を成功させる上で一番重要だったんです。

みなさん求人で仕事を探す際にハローワークやネットの転職サイトを利用されているとは思いますが、これだ!と思える仕事がすぐに見つかりますか?

大抵は「全然いい仕事が見つからない」こう思っているのではないでしょうか。

それもそのはず、求人探しをする際は「転職エージェント」でなくてはいけません。

転職エージェントには転職サイトには載っていない非公開求人が何千何万とあるんです。

その中にはノルマなし、残業なし、週休2日という夢のような求人が多数!

ですから皆さんも、もうハローワークの利用なんか止めて、転職エージェントを利用してみましょう。

 

利用はすべて無料で、転職相談だけでもOK

おすすめの転職エージェントも選んでおいたので、最後に紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】

★複数に登録しておくと転職成功率がアップします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は、なんと言っても求人数の多さ。日本一の求人数を誇ります。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人も10万件以上あり。

様々な職種、年齢、勤務地に対応しており、転職した者の2/3は一度は登録しています。

豊富な転職支援実績データに基づく選考サポートが手厚く、履歴書作成から面接準備まで転職のプロがサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。

カウンセラーの対応も迅速なので、働きながら転職活動をするのにうってつけのエージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、転職者の年収UP率が59%を誇る転職エージェントです。

世界でもTOP3位に入る人材会社のアデコグループが運営しており、細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当しています。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能です。

エージェントは各専門職種に精通しているため、他のエージェントにはできなかった専門的なことまで相談できます。

doda

dodaは、転職者満足度No.1、人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種ごとの多種多様な求人を保有しています。

求人数もリクルートエージェントに次いで多く、非公開求人を含めて約10万件。大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。

履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれるなど、転職成功のサポートも万全です。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

といった人にオススメ!

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、20代からの信頼がNo.1の転職エージェントです。

熱意のある担当者によるサポートも評価が高く、中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評があります。

転職サポートについては、職務経歴書のブラッシュアップや模擬⾯接はもちろん、利⽤回数や期間に制限なく転職相談をすることが可能です。

また、関東圏・関西圏・東海地方の求人が豊富で、20~30代向けのベンチャーから大手まで優良企業の求人を保有しています。

識学キャリア

識学キャリアは、急成長中のベンチャー企業に特化した転職エージェントです。

「識学」という組織コンサルを展開している会社が運営しています。
「識学」は大手企業や有名企業、上場企業などでも導入されており、導入企業は軒並み業績が伸びています。
また、2019年に上場した企業の10%以上は識学を導入しています。

 

特徴は何といっても紹介先企業との結びつきの強さ。組織コンサルを提供しているぐらいなので、企業の内情は知り尽くしています。そのため、高いマッチング精度が期待できます。

まだまだ相談者の数が少なく、他の転職者と競争しなくて済むので、今スグ登録しておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました