【20代転職】ここだけは外せない!20代向け転職エージェント

転職準備

こんにちは、トニーです。

僕はこれまで2回転職をして、合計10社以上の転職エージェントに面談をしてもらいました。

その経験から、20代におすすめの転職エージェントを紹介します。

【結論】おすすめの転職エージェント

前提として、転職エージェントは複数付き合っておくことをオススメします。理由としては、次の2点。

  • 転職エージェントにも得意不得意な部分があるので、いいとこ取りをしたほうがいい
  • 転職エージェントにも合う合わないがあるので、見極めるためにも複数人とコンタクトをとったほうがリスクが低い
トニー
トニー

迷うようであれば、20~30代に特化したエージェントとdodaなどの幅広い年齢を対象としているエージェントの2つに登録することをオススメします。

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
トニー
トニー

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

識学キャリア
識学キャリア

実力主義・成果主義の会社に特化した転職エージェント。成長ベンチャーの求人を多数保有。

20~39歳までの人で、

  • 年功序列な今の会社に不満を持っている人
  • 今の仕事に裁量権がなく、退屈に感じている人
  • 自分の市場価値を上げたい人

に特にオススメ。

識学キャリアの詳細はこちら

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

 

転職エージェントと併用すべきサービス

転職エージェントに登録すると、転職相談や職務経歴書の添削、求人の紹介などのサービスを無料で受けることができますが、他のサービスを併用することで、転職の成功確率を上げることができます。

 

グッドポイント診断(リクナビNEXT)

リクナビNEXTのグッドポイント診断では、あなたの強みを診断することができます。転職活動には欠かせない自己分析の役に立ちます。

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいものです。

このグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

無料なのにかなり質が高いので、グッドポイント診断をする為だけにリクナビNEXT登録してもいいくらい。

18種類の中から、あなたの強みを5つ診断してくれます。実際に僕もやってみたのですが、結構精度が高く自己分析の参考になりました。

診断結果はリクナビNEXT経由での応募時に添付できるので、企業側に自分の強みが伝わりやすい工夫もあります。

 

適性診断(ミイダス)

ミイダスでは、自分の推定年収の診断や、適性診断ができます。

年収診断はあまり当てにならないのですが、適性診断は受けてみて損はないです。

 

ミイダスでは、適性の高い職種・低い職種だけではなく、自分が何にストレスを感じるかの『ストレス要因』、あなたが上司としてどんな適性があるのかを分析してくれる『上下関係適性』などを診断してくれます。

トニー
トニー

僕がやってみて当たってるなぁと思うところも多々ありました。

ミイダスも自己分析の役に立つと思うので、合わせて利用してみてください。

 

最後に|転職すべきか悩んだとき絶対やってはいけないたった1つのこと

最後に、伝えたいことがあります。

それは、転職しようかどうか悩んでいるとき、絶対にやってはいけない行動は「とりあえず何もしない」ことです。

大事なのは「このまま今の仕事を続けることで自分のキャリアにどのような影響があるのか」を把握すること。それがわかっているならば、最終的に転職しなくても全然OKです。

 

しかし、あなたは少しでも転職活動について考え始めたからこの記事を読んでいただいているのだと思います。

今の仕事に何らかの不満があるからここまで読んでいただいたのだと思います。

不満がある状態で仕事を続けても、成果も出にくいし状況が勝手に好転することもないので、正直あなたのキャリアにとっていいことは一つもありません。

あなたが思っているよりも世の中には企業がたくさんあり、今の会社が全てではないのです。もっと仕事に打ち込んで高い成果を出して、自分も成長し正当な評価を得たいと思いませんか?

トニー
トニー

繰り返しますが、最終的に転職活動をしても「転職しない」選択を取るのは全然OKです。大事なのは外の環境を知っておくこと。転職先があることを知っておくことが今の仕事をする上での自信に繋がります

 

やった後悔よりやらない後悔。特に20代のうちにどれほど濃密な仕事をできるかが重要なので、20代の人は特に早く決断をしたほうがいいです。

後から人生を振り返って「あの時もっと早く転職活動をしておけばよかった…」と後悔しないように、今すぐに行動することをオススメします。

 

タイトルとURLをコピーしました