テックキャンプ転職コースの返金保証の条件が厳しすぎる

プログラミング

テックキャンプでは2種類の返金保証があります。

  1. 14日間の返金保証
  2. 転職失敗時の返金保証

この『2. 転職失敗時の返金保証』は本当にハードルが高い。というか、実質的にほぼ返金はしてもらえません。

モノニャン
モノニャン

CMなどで転職保証があることを謳っているけど、もはや形骸化してるニャ

その詳細を紹介します。

本記事はテックキャンプ(TECH CAMP)および受講生・卒業生に対して誹謗中傷を行う意図はございません。
あくまでもテックキャンプについての正確な情報をお届けしたいと思って作成いたしました。

14日間の返金保証はほぼ無条件

14日以内の返金保証については、受講開始日から14日以内にちゃんと連絡すれば返金してもらえます。

利用規約には以下のように書かれています。

第14条 (返金保証等)

1. 当社は、以下の各号の場合には、お支払いいただいた金額を全額返金いたします。但し、返金にかかる振り込み手数料および分割手数料については、ユーザーの負担といたします。また、返金は返金保証利用日の属する月の翌月末日までに行うものとします。

(中略)

(1) 受講開始日から起算して14日以内の間で、当社からユーザーに対して行う連絡に対する回答や必要書類の提出など、必要な手続にご対応頂けない場合(この場合、当社は当該ユーザーに受講意思が無いものとみなし、返金に加え退会処理を行います)。
(2) 本サービス受講開始日から起算して14日以内に当社指定の退会申請フォームより退会の申し出をいただいた場合(当社への解約申し出の到達日を基準とします)

引用元:テックキャンプ エンジニア転職/デザイナー転職(旧サービス名称:TECH::EXPERT)利用規約|テックキャンプ

この14日間については、カリキュラムもしっかりしており、実際に返金申請する人は40人ぐらいのクラスで1~2人ほどです。

これについては問題ないと思います。

 

14日経過後は返金保証のハードルが一気に上がる

問題なのはこっち。受講開始から14日が経過した後は転職できなかった場合の返金保証がありますが、ほとんど返金してもらえることはありません。

転職保証の返金条件が厳しすぎる

転職保証の条件を分かりやすく書くと、以下の5つになります。

  1. 就職支援ありコースで1社も内定がでなかった
  2. キャリアサポート開始日から182日間が経過している
  3. 期日内に書類の提出や最終課題製作物の作成が完了している
  4. 就活セミナーを無断欠席しない
  5. 受講期間中やキャリアサポート期間中に5日以上連絡が取れなかったことがない
  6. テックキャンプから紹介された企業への応募辞退・面接の無断欠席をしない
  7. その他、就職の意思なしと合理的に判断されるようなことをしない

参考:テックキャンプ エンジニア転職/デザイナー転職(旧サービス名称:TECH::EXPERT)返金保証に関する個別規定|テックキャンプ

このうち、『3. 期日内に書類の提出や最終課題製作物の作成が完了している』のハードルが高いです。

72期の受講生の方いわく、

  1. 受講開始時には34人
  2. 2週間の無条件返金を受けた人は1~2人
  3. 延長料金を払わずに卒業できたのは8人

引用元:マコなり社長 TECH::CAMP(テックキャンプ)は、プログラミング未経験でも卒業できました|YouTube(ダッチのマネリテ自己投資)

とのことなので、3. の条件を満たすのは全受講生の約25%の人のみです。

 

また、キャリアサポート開始から182日(約半年)以内に内定が出た場合も転職保証の対象から外れます。

3. の条件を満たした人はちゃんと学習できる優秀な人である可能性が高く、テックキャンプから紹介された企業も含め半年間ずっと内定が出ないということはほぼないでしょう。

他にも、外部の転職エージェントを利用すると返金保証が外れたり、1週間に30社以上にエントリーしないと返金保証が外れるといったこともあるようです(今は変わっているかもしれません)。

 

《参考》

テックキャンプ7つの闇後編〜もしかして情弱ビジネス??〜|YouTube(milチャンネル)

正直な感想:酷評】tech campテックキャンプ 転職コース(旧: TECH::EXPERTテックエクスパート)に入る奴は情報弱者。プログラミングスクールの闇|YouTube(マイレベ)

 

そもそも転職保証は対象者が限られる

また、転職保証の返金のハードルが高いだけではなく、そもそも転職保証を受けられる人は限られています。

以下の条件に当てはまる人は転職保証の対象から外れます。

1. 転職後の年収が350万以下NGの方
2. 東京以外の勤務先を指定されている方
3. 30歳以上でアルバイト、契約社員スタートがNGな方
4. フルタイム勤務、残業、オフィス勤務NGの方
5. 勤務に支障のある病気等で通院中の方
6. 障害者手帳/障害年金受給有りの方
7. 学生

引用元:テックキャンプ 卒業後の転職活動記録(東京以外は地獄!?)リアルな事情をお伝えします|まさblog

『1. 転職後の年収が350万以下NGの方』が返金保証から外れるということは、未経験エンジニアとして転職するとだいたい350万円以下になる可能性が高いということ。

実際、未経験エンジニアの1年目の年収は、だいたい200~350万円といったところです。

モノニャン
モノニャン

年収150万円アップとか言ってるけど、現実は甘くないニャ

 

昔は受講生限定の求人があったが…

とはいえ、プログラミングスクールの中ではシェアトップを誇っているテックキャンプ。どうやら昔は受講生限定の求人があり、転職保証もまともに機能していたようです。

しかし、2020年の新型コロナウイルスが流行してから、エンジニア志望の未経験者があふれ、わざわざテックキャンプにお金をはらってまで企業が未経験エンジニアを採用する理由がなくなったのでしょう。

結果、今のような状態になってしまっています。

この状態が続くのであれば、わざわざテックキャンプに通う必要はないでしょう。

 

そもそもなぜあなたはエンジニアになりたいの?

テックキャンプの話はおいといて、そもそもあなたはなぜエンジニアになろうとしているのでしょう?

おそらくは以下の4つのいずれかの中に、あなたがエンジニアになりたい理由があるのではないかと思いますが、これらはすべて幻想です。

  • 年収を上げたい
  • 手に職つけて安定したい
  • リモートワークで自由に働きたい
  • フリーランスになって稼ぎたい

年収を上げたい

冒頭で紹介した「年収150万円アップ」というのを真に受けているのでしょう。

繰り返しますが、エンジニアは楽に稼げる職業でもなければ、簡単に年収が150万円上がる職業でもありません。地味な作業の繰り返しで、日々勉強しなければなりません。

手に職つけて安定したい

エンジニアは技術職なので、スキルさえあれば食いっぱぐれないと思っている人もいるでしょう。
それ自体は間違っていません。しかし、プログラミングの技術は進歩が早いので、その進歩についていけないと仕事が無くなる可能性があります。

リモートワークで自由に働きたい

エンジニアはリモートワークがやりやすい職業です。しかし、すべてのエンジニアがリモートワークできるわけではありません。SES企業であれば客先に常駐することが求められることが多いですし、受託や自社開発でも出社することを求める企業はあります。

特に、未経験で入社してから数ヶ月ぐらいは出社して働くことのほうが多いでしょう。

フリーランスになって稼ぎたい

実はフリーランスは誰でもなれます。開業届という紙1枚出して、「フリーランスになりました」と言えばいいだけです。

しかし、仕事がとれないんですね。だから、誰でもフリーランスになれても、誰でもフリーランスで稼げるわけではありません。

まずは会社員として経験を積み、最低でも2~3年ぐらいの実務経験がないと、高い報酬を払ってフリーランスとして採用するメリットが企業側にありません。

モノニャン
モノニャン

害悪インフルエンサーどもが「エンジニア=稼げる」というイメージを広めてしまったけど、現実は甘くないニャ

 

まずはあなたの今後のキャリアプランを明確にすべき

先ほど紹介した中に、あなたがエンジニアになりたい理由はあったでしょうか?理由は何にせよ、まずはあなたのキャリアプランを明確にすることをおすすめします。

得たいものが明確じゃないのにエンジニアになっても後悔する可能性が高いからです。

何が何でもエンジニアになりたいという方は、それでもエンジニアになりたい方へに飛んでください。

また、エンジニアになりたいのであれば、できるだけ早くエンジニアになるための道を歩むことをオススメします。エンジニアに限りませんが、未経験職種への転職は若いほうが採用してもらいやすいからです。

 

ただ、安易にエンジニアに転職することはおすすめしません。

エンジニアになりたい人の多くは、自分の年収や市場価値を上げたいのだと思いますが、エンジニアに限らず未経験職種に転職すると、基本的に年収は下がります。

何度でも繰り返します。年収は下がります。

先ほども言いましたが、未経験エンジニアの場合だと、最初は年収200~300万円ほど。

鉄道会社からエンジニアに転職し、年収が半分になって後悔している人もいます。

このようにならないように、まずは今の自分の市場価値や、着実に年収を上げていくためにはどうすればいいかを転職エージェントに相談してみましょう。

 

転職エージェントを活用したほうがいい理由

転職エージェントに相談すれば、これまであなたが培ってきた経験やスキルが労働市場でどれくらいの価値があるのかを知ることができます。

それは、転職エージェントはあなたを採用したいであろう企業の求人の中でも最大の年収のものを提示してくる傾向にあるためです。

もちろん、年収以外の希望も考慮されるので一概には言えないですが、転職エージェントは転職した人の年収の30~35%を企業から報酬として得ています。

なので、紹介した人の年収ができる限り高くなるような求人を薦めたほうが転職エージェントにとってもおいしいんですね。

 

同時に、転職エージェントにはキャリア相談もできます。今のあなたの職場や年収に対する不満や不安、これからのキャリアプランなどにも相談にのってくれます。

しかし、あくまでも転職エージェントは『転職させてくれる』サービス。キャリア相談はおまけのようなもので、相談者が転職しないと分かるとサポートをやめるエージェントもいます。

なので、じっくりとキャリア相談したい場合は、後で紹介する有料のキャリア相談サービスの利用を検討してみてください。

 

転職エージェントはキャリア相談にのることが仕事の本質ではないとはいえ、転職エージェントのサービスはすべて無料で利用できます。

おすすめの転職エージェントも選んでおいたので、まずは転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

 

識学キャリア

実力主義・成果主義の会社に特化した転職エージェント。成長ベンチャーの求人を多数保有。

20~39歳までの人で、

  • 年功序列な今の会社に不満を持っている人
  • 今の仕事に裁量権がなく、退屈に感じている人
  • 自分の市場価値を上げたい人

に特にオススメ。

ただし、求人数はあまり多くないので、圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントとの併用がおすすめ。

 

パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

 

有料のキャリア相談サービス

有料のキャリア相談サービスは最近出てきたサービスで、お金を払う代わりにじっくりとキャリア相談にのってくれたり、転職エージェントのように求人への応募を求められることがありません。

今後のキャリアプランがあいまいな人、今後のキャリアプランに不安を感じている人は利用してみるといいでしょう。なお、初回のカウンセリングは無料なので、まずはお試しで受けてみるのもアリです。

おすすめのサービスは以下の2つ。

  1. ポジウィルキャリア
  2. 転職hone(ホン)

ポジウィルキャリアのほうが値段は高いが質が高い、転職honeは比較的値段が安く気軽に利用しやすい、というのが特徴です。

ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアを一言で表すと”キャリア版ライザップ”。

最大で75日間、あなたのキャリアについて徹底的に付き添ってくれます。

 

「そうだんドットミー」というサービスが前身で、30分4,980円~と安価な値段で相談を受けていました。

ただ、ポジウィルキャリアの代表によると、

「そうだんドットミーで寄せられる相談は、具体的な転職の悩みというよりかは、何がしたいか分からない、どう生きたら分からないという悩みが多かったんです。その悩みに対して、『毎日頑張ってますね』『偉いですね』という上辺だけの会話で終わっていて、根本解決はできておらず、相談して満足で終わってしまっていました」

引用元:“キャリア版ライザップ”を展開するポジウィル、1億5000万円の資金調達を実施|DIAMOND SIGNAL

と語っています。

そうだんドットミーの経験から、「相談するだけでは人は変われない」と考えた末、価格を上げてでもしっかりと相談者のキャリアに寄り添いたいという思いで、ポジウィルキャリアを立ち上げているんですね。

 

なお値段は、入会金55,000円(税込)+330,000円(税込)~と、けっこう高額。

運営会社も高額なのは承知の上なので、分割払いに対応したり、返金保証をつけたりしています。

モノニャン
モノニャン

初回のカウンセリングは無料で利用できるので、まずは気軽にお試し感覚で申し込んでみてもいいと思うニャ

 

転職hone(ホン)

一方、転職honeでは121,000円(税抜)~と、ポジウィルキャリアに比べると安くサービスを受けることができます。

ポジウィルキャリアとの大きな違いは、転職honeの運営会社は転職エージェントの事業も行っているということ。

そのため、「入りたい会社があるが、どうすれば選考を突破できるのか」という事に関してのサポートが強いというところ。

なので、今後の自分のキャリアプランを練ることの相談を受けてもらいたいとか、自分の転職の軸を決めたいとかであれば、ポジウィルキャリアのサービスを受けたほうがいいです。

また、転職honeも有料のキャリア相談サービスなので、自由に求人に応募できますが、転職honeの運営企業が保有している求人を薦められる可能性があります。

 

とはいえ、高額のお金を払う以上、のちのち後悔しないためにも、転職honeの無料お試しカウンセリングも受けておいたほうがいいでしょう。

転職エージェントでもそうですが、キャリアコンサルタントとの相性って結構大事なので、どちらが合うのかを試してみることをおすすめします。

 

それでもエンジニアになりたい方へ

どうしてもエンジニアになりたい方は、できる限り早くエンジニアに転職することをオススメします。

エンジニアはスキル蓄積型の職業なので、早く始めた人の方がスキルレベルは高くなりますし、年齢に関係なく経験年数が多いほうが年収が高くなりやすいです。

また、これはエンジニアに限りませんが、若い人の方が未経験でもエンジニアとして採用してもらいやすいです。

 

無料のプログラミングスクールも考えるべき

とはいえ、現在、未経験エンジニアの採用市場は人材が飽和しており、簡単にエンジニアになれるわけではありません。そこで検討してもらいたいのが無料のプログラミングスクール。

無料のプログラミングスクールでは、お金を払わずにプログラミングが学べますが、学習終了後に特定の企業への就職を薦められることも多いです。

これは、無料のプログラミングスクールは、ある程度プログラミングを学んだ人を企業に紹介することで得られる紹介料で運営されていることが多いためです。また、SES企業や受託開発の会社の子会社が無料のスクールを運営しており、親会社への就職を薦められるということもあります。

  • SES企業とは、お客さんの企業にエンジニアを派遣することでお金をもらっている企業のこと
  • 受託開発企業とは、お客さんの企業から依頼されたシステムやアプリを開発し、納品することでお金をもらっている企業のこと
  • 自社開発企業とは、自社で製品やサービスを開発している企業のこと

 

このように、無料のスクールもメリットばかりではありません。しかし、無料のスクールは人材を紹介することで報酬を得ているということは、転職できる確率は上がるということ。

デメリットもありますが、検討の余地はあると思います。

なお、無料のスクールには年齢制限を設けているところもあります。なので、応募するなら後悔しないためにも早めに応募することをオススメします。

 

おすすめの無料スクール

無料スクールのおすすめはGEEK JOB(スピード転職コース)です。

無料のプログラミングスクールは大きく分けると開発系とインフラ系がありますが、GEEK JOB(スピード転職コース)はインフラ系です。ネットワークやサーバーなどの設計・構築・運用などを学び、インフラエンジニアとして就職することが可能です。

エンジニアと言うと、プログラミングをやって開発して…というのを想像すると思いますが、それはエンジニアの中の一部。インフラエンジニアは需要が高いからこそ、無料で学習環境を提供しても成り立つんですね(当然、紹介先の企業からお金をもらってます)。

また、インフラエンジニアは資格を取ると就職や転職のときも有利になるので、コツコツと積み上げることが得意な人は向いています開発系は資格は関係ありません)。

 

そして、GEEK JOBのウリはなんといってもエンジニアに転職できるまでのスピード。最短22日でエンジニアになれます。

なので、テックキャンプに通うつもりで会社を辞めてしまった人には特におすすめです。

 

ただし、以下の3つのいずれかに当てはまる場合は1ヶ月あたり12万円(日割り計算あり)の違約金を支払う必要がある点には注意。

  1. コース受講開始日から15日目(土日祝日を含む)以降の退会
  2. コース受講終了日から30日(土日祝日を含む)以内に、当社が紹介した企業より採用内定通知が出たにも関わらずご辞退された場合
  3. コース受講終了日から30日(土日祝日を含む)以内に、自己応募または他社サービスを経て面接もしくは転職した場合

また、対象となるのは19歳~28歳の人で、首都圏(一都三県)での就職を希望している人のみです。

(セミナー自体はオンラインで受講できるので、今は首都圏意外に住んでいる人でも受講はできます)

 

親会社が上場企業で有名企業とのつながりもあるので、まずは無料カウンセリングだけでも受けてみるといいでしょう。

 

また、GEEK JOBには有料のプレミアム転職コースもあり、こちらは開発系エンジニアを目指せる内容となっています。

学べる技術は、JavaやRubyがあり、3ヶ月のコースで437,800円(税込み)となっています。

プレミアム転職コースは24~32歳の方が対象ですが、希望の就職先は首都圏以外でもOKです。

また、週30時間ほど確保できるのであれば週末や夜間で通えます。

選考時にPRできる成果物を用意したい人に最適で、お金と時間を使ってでも良いところに就職したい人にオススメです。

なお、初回のカウンセリングは無料です。

 

有料のプログラミングスクールならこれ!

先ほど、有料のプログラミングスクールとしてGEEK JOB(プレミアム転職コース)を紹介しましたが、有料スクールのおすすめはDMM WEBCAMP COMMIT

転職成功率98%はアテにならないですが、条件を満たすことで支払った料金の最大70%(限度額:560,000円)が教育訓練給付金として支給されるのが魅力的

学べる言語はRubyで、4ヶ月コースであれば「AI」または「クラウド」も追加で学習できます。テックキャンプで廃止されたチーム開発もカリキュラムに組み込まれています。

また、通学スタイルとオンラインスタイルの2つから選ぶことができます。

 

さらに、大企業のDMMグループだからこそ紹介してもらえる求人も多数あります。

こちらも初回カウンセリングは無料なので、まずは気軽に相談してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました