公務員の社会人経験者採用試験の数的推理と判断推理の対策と勉強法

公務員試験対策
わび
わび

航空業界の外資系企業で働く元自衛官・公務員のわびです。詳しい自己紹介はこちら

この記事で解決できる悩み
  • 市役所に転職したい!
  • 数的処理ってどんな問題が出るの?
  • 数的推理・判断推理の勉強法は?

この記事で紹介する『社会人経験者採用試験の数的推理・判断推理の対策と勉強法』を読むと、市役所に転職するために最低限必要な勉強法を理解できるようになります。

なぜなら、私は3か月間の試験対策で社会人経験者採用試験を受けて市役所に転職した経験があるからです。

この記事では、 社会人経験者採用試験に合格するために知っておきたいコスパ最強の数的推理と判断推理の勉強法とおすすめの参考書を紹介します。

記事を読み終えると、社会人経験者採用試験の数的推理対策についての疑問は一切なくなり、市役所への転職に近づくことができます。

※まず全体像を知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

社会人経験者採用試験の数的推理対策をする前に

数的推理の勉強を始める前に社会人経験者採用試験において重視される試験、そして数的推理・判断推理の位置づけについて理解しておきましょう。

社会人経験者採用試験で重視される試験

まず、市役所の社会人経験者採用試験で重視される試験について説明します。

一般的な市役所の社会人経験者採用試験の流れは以下のとおりです。

  • STEP1
    申込み
    受験の申込み手続き。書類選考を行う自治体もあり。
  • STEP2
    一次試験
    教養試験(択一式)、小論文等。最近はSPIを行う自治体もあり。
  • STEP3
    二次試験
    個別面接、集団討論
  • STEP4
    合格発表

社会人経験者採用の場合、教養試験より小論文(経験者論文)が重要です。

なぜなら社会人経験者には、行政に活かすことができる知識と経験を求められているからです。
したがって、小論文ではほぼ確実に民間企業での知識と経験について問われます。

わび
わび

教養試験は、いわゆる「足切り」のための試験です。

ですので、できる限り少ない労力で教養試験の対策をして、小論文対策に時間をかけるべきです。

 

教養試験の数的推理・判断推理の位置づけ

結論から言うと、教養試験のなかで数的推理・判断推理は重要な科目になります。

教養試験の出題内容は次のとおりです。

  1. 社会科学:政治・経済、社会
  2. 人文科学:世界史、日本史、地理、思想、文学・芸術
  3. 自然科学:数学、物理、化学、生物、地学
  4. 文章理解:現代文、古文、英文
  5. 数的処理:数的推理、判断推理、資料解釈

上の科目の中から40問が出題されます。

しかしながら、これらの全科目にフルコミットしていては時間がいくらあっても足りません。

教養試験は出題数が多く、かつある程度勉強しないと解けない科目を中心に勉強することが最も効果的です。
この考えをもとに重要な科目を順に並べると、次の順番になります。

  1. 判断推理
  2. 数的推理
  3. 政治・経済

「判断推理」及び「数的推理」は出題数が多い上に、馴染みがないのである程度勉強しないと解けません。

「政治・経済」は新聞等を読んで、最新の知識を頭に入れておかないと厳しいでしょう。

その他の科目は、中学校及び高校で学んだことをある程度思い出せばそれなりに解けます。

よって、判断推理と数的推理は他の科目に比べて勉強する必要がある科目になります。

 

社会人経験者採用試験の数的推理と判断推理の勉強法

数的推理や判断推理に苦手意識を持っている人は多いと思います。

数的推理や判断推理は、ある程度の対策をしておかなければ市役所レベルでも対応できないと思います。

わび
わび

他の科目の対策とは違い、本を読むだけではなかなか理解することができません。

数的推理と判断推理だけは問題集を購入して机に向かって勉強しました。

私が実際に使用した問題集がこちらの2冊。

  • 数的推理がみるみるわかる!解法の玉手箱
  • 判断推理がみるみるわかる!解法の玉手箱
わび
わび

この2冊の問題集で勉強したらOKでした。

ちなみに資料解釈の勉強は必要ありません。

資料解釈の対策が必要ない理由

資料解釈の対策が必要ない理由は、社会人として普通に仕事をしていれば対応できるからです。

資料解釈の試験内容は、グラフや表の内容を読み取って、その内容について正しいものを選択肢から選ぶというものです。

グラフや表なんて社会人なら毎日嫌というほど見ているし、それを読み取ることは社会人として当たり前のスキルなので勉強は必要ないです。

わび
わび

解くのに時間がかかる場合もあるので、時間配分には気をつけたほうが良いでしょう。

数的推理:数的推理がみるみるわかる!解法の玉手箱

私が数的推理の勉強で使用した参考書は「数的推理がみるみるわかる!解法の玉手箱」です。

おすすめする理由
  1. 算数や数学の復習があるので、久しぶりに勉強する社会人でも安心
  2. カテゴリごとに丁寧な解説付きの例題があり、理解が容易
  3. 練習問題にも丁寧な解説があり、本当にわかりやすい

教養試験の40問中、最も多く出題されるのが数的推理と判断推理です。
言うまでもなく、教養試験で一番時間をかけて勉強すべき科目です。

私はこの問題集で毎晩1時間ほど勉強して、2か月間で全問題を2回解きました。
最初は時間がかかりますが、1回目を根気強く解けば2回目は容易に解けます。

わび
わび

その成果もあって、実際の試験の際は全問解けました。

判断推理:判断推理がみるみるわかる!解法の玉手箱

私が判断推理の勉強で使用した参考書は「判断推理がみるみるわかる!解法の玉手箱」です。
数的推理と同じシリーズの参考書です。

おすすめする理由は数的推理とほぼ同じです。

おすすめする理由
  1. カテゴリごとに丁寧な解説付きの例題があり、理解が容易
  2. 練習問題にも丁寧な解説があり、本当にわかりやすい

数的推理のときにも言いましたが、教養試験の40問中、最も多く出題されるのが数的推理と判断推理です。
教養試験対策では、数的推理と同じく一番時間をかけて勉強すべき科目です。

ただ、判断推理はセンスの問題と思っていたので、数的推理ほど時間をかけなかったです。
この問題集を毎晩30分間読んで、2か月間で全問題を2回読みました。

わび
わび

ただ読むだけの勉強でも実際の試験では全部解くことができました。

 

まとめ|社会人経験者採用試験の数的推理と判断推理の対策と勉強法

この記事で紹介する社会人経験者採用試験の数的推理と判断推理の対策と勉強法を読んで、市役所に転職するために必要な数的推理と判断推理の勉強法を理解できたと思います。

この記事のポイントを整理してみましょう。

この記事のポイント
  • 社会人経験者採用で重視される試験は小論文
  • 教養試験は「足切り」にならない程度に勉強
  • 「数的推理」と「判断推理」の勉強はとても重要
  • 使っていた参考書は「〇〇がみるみるわかる!解法の玉手箱」シリーズ
  • 「数的推理」と「判断推理」はしっかりと時間をとって勉強

この記事を参考にして社会人経験者採用試験の数的推理と判断推理に臨めば、意外と簡単に市役所に転職できるようになりますよ!

わび
わび

あなたの市役所への転職が上手くいくことを願います!

社会人経験者採用試験の他の科目のおすすめ参考書については別の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
わび
わび

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

タイトルとURLをコピーしました