やりたい仕事がない就活生は普通です

新卒・就活

こんにちは、トニーです。

就活生の中には、

あなた
あなた

自分がやりたい仕事がなんなのか分からない…

と思い、なかなか就活が進まない人もいるでしょう。

トニー
トニー

大丈夫です、それが普通です。僕もやりたい仕事なんてなかったです。

そんな僕でも、今では年収で700万円もらってますし、仕事内容にも満足してます(20代で2回の転職を経験しましたが…)。

この記事では、僕の経験も交えながら、「やりたい仕事」探しの対処法を紹介します。

スポンサーリンク

探しても探しても見つからなかった「やりたい仕事」

僕は大学3年生の頃、

トニー
トニー

自分のやりたい仕事ってなんだろう

と真剣に考えました。

これまでは、受験という「正解」のあるレールの上を走ってきましたが、改めて「やりたいこと」を考えてみても思い浮かびませんでした。

たくさんビジネス本を読み、大学の先輩に会って質問し、採用イベントに行きました。それでもやりたい仕事が見つからず日々悶々としていました。

「やりたい仕事がこれだ!」と見つかっている友達を羨ましいと思ったし、「やりたいことなんてなくても内定とかもらえるでしょ」と言って器用に人気企業から内定をバンバンとっていた同期もいました。

そういう同期を横目に見ながら、僕は自分がやりたい仕事が見つけられないことで就活に失敗したと負い目を感じていました。

 

やりたい仕事が見つからないのは普通です

でも、社会人になって周りを見渡してみると、やりたいことを仕事にできている人なんてほんの一握りです。

同僚や周りの友人も、会社や仕事の愚痴をいいながら毎日仕事をしています。

トニー
トニー

僕も新卒で入った大企業ではやりたいことができていたわけでもないですし、だからこそ20代で2回も転職してるわけです。

「やりたい仕事」が見つからない理由

そもそも、これまで勉強やバイト、飲み会やサークルぐらいしか経験してない就活生に「やりたい仕事」を見つかるなんて無理ゲーなんですよね。人生の「経験値」が少ないわけですから。

自分が経験していないことは分からないものです。

「やりたいと思える仕事」が、これまであなたが経験してきたことの中にはなかった、ただそれだけのことです。

それに、就活をしたぐらいで簡単に「やりたい仕事」が見つかるなら誰も苦労はしません。

 

また、そもそも「やりたい仕事」を見つける、という考え自体が間違っています。

メンタリストのDaigoさんも推薦している「科学的な適職」という本には以下のように書かれています。

「好きを仕事に」と並んでよく聞くのが、「情熱を持てる仕事を探しなさい」というアドバイスでしょう。誰のなかにも仕事への熱い思いが眠っており、あとはその情熱に火を点けてくれる職、つまり天職を探すだけだ、というわけです。

しかし、これまたデータとは相いれません。というのも天職とは、どこか別のところにあるものではなく、自分のなかで養っていくものだからです。

引用元:「好き」を仕事にしている人が、結局伸びない理由|bizSPA!フレッシュ

この内容を解説します。

 

2014年に、ドイツのロイファナ大学が多数の起業家に、いまの仕事をどれだけ天職だととらえているか?」というアンケートを行った結果、次のことが分かりました。

  • 今の仕事に対する情熱の量は、前の週に注いだ努力の量に比例していた
  • 過去に注いできた努力の量が多くなればなるほど、現時点での情熱の量も増加した

また、被験者の中で、最初から自分の仕事が天職だと考えていた人はほぼいなかったそうです。

このことから言えるのは、「天職=やりたい仕事」はどこかに落ちているのではなく、目の前の仕事に努力を注ぎ込むうちに情熱が高まり、天職に変わっていったということです。

あなた
あなた

じゃあ、どこでもいいからとにかく就職しろってこと?

実はそうでもありません。人間が「やりたい」と思える仕事には条件があります。

 

仕事の幸福度を決める要素

続けて、「科学的な適職」より引用します。

【仕事の幸福度を決める7つの項目】

①自由:その仕事に裁量権はあるか?
②達成:前に進んでいる感覚は得られるか?
③焦点:自分のモチベーションタイプに合っているか?
④明確:なすべきことやビジョン、評価軸はハッキリしているか?
⑤多様:作業の内容にバリエーションはあるか?
⑥仲間:組織内に助けてくれる友人はいるか?
⑦貢献:どれだけ世の中の役に立つか?

これらの条件を満たした会社でやる仕事は「幸福度が高くなる=やりたいと思える」ようになります。

つまり、「仕事の中身」でやりたいかどうかが決まるわけじゃないんですね。

 

さらに、男女によって「幸福になりやすい職場の条件」は変わります。

  • 男性:仕事の進め方と作業ペースの自由が効くほど幸福度は上がる
  • 女性:仕事に取り組む場所とタイミングの自由が効くほど幸福度は上がる

つまり、男性は作業の締切を自分で決められたり、仕事をこなす順番を好きなように動かせる職場に幸福を感じやすいようです。

一方で、女性の場合は在宅勤務やリモートワークがしやすく、さらにはフレックスタイム制などを採用している職場の方が幸せに働ける確率が高まるようです。

 

なので、「やりたい仕事」が見つからなくても嘆く必要はありません。

これまで紹介してきたように、大事なのは「仕事内容」ではなく、「職場環境」や「企業風土」だからです。

 

「やりたい仕事」にこだわりすぎてもよくない

就活で「やりたい仕事探し」をしていると、逆にドツボにハマりかねません。

なぜなら、これまで紹介してきたように、仕事を「やりたい」と思えるかどうかは職場環境によるので、実際に職場で働いてみないと分からないからです。

それなのに「やりたい仕事探し」をしていると、就活の軸がブレブレになり、良さそうなことを言っている(けど実際はブラックな)企業に騙されやすくなってしまいます。

トニー
トニー

なので、就活の軸を決めるときは、先ほどの【仕事の幸福度を決める7つの項目】を参考にして、さらに「仕事内容が自分にあっていそうかどうか」という基準を持つことをオススメします。

   

「やりたいこと」よりも「やりたくないこと」を明確にすべき

ここまで「やりたい仕事探し」をやることの無意味さや危険性について紹介してきました。

ただ、逆に「やりたくないこと」を明確にすることには意味があります。

なぜなら、会社を選ぶ際の基準として使えるからです。

例えば、

  • スーツを来て仕事をしたくない→私服勤務OKな職場に絞れる
  • 地方転勤は嫌だ→転勤なしの職場に絞れる

といった具合です。

ただし、就活ではある程度の妥協は必要です。

トニー
トニー

なので、「これだけは絶対に譲れない!」とか「これはできれば避けたい」といったように、「やりたくないこと・避けたいこと」にも優先順位をつけておきましょう。

 

仕事はやりたいかどうかよりも自分に合った仕事を探すべき

先ほど紹介した、【仕事の幸福度を決める7つの項目】に合致している職場で、かつ自分に合っている仕事ができる会社を選ぶべきだと僕は考えます。

なぜなら、いくら職場環境が良くても、自分に合っていない仕事だと成果も出しにくいですし、成果が出ないと仕事が面白くなくなるからです。

トニー
トニー

僕は新卒で入った大企業でも、1回目の転職で入社したベンチャー企業でも、営業をしていました。

1社目の大企業ではなかなか結果が出なかったのですが、2社目のベンチャーでは結果を出して仕事が楽しくなってきて、20代で営業マネジャーや事業責任者を経験させてもらえるようになりました。

 

さらに、仕事内容が合っているかどうかと合わせて、職場環境や人間関係が合っているかどうも重要だったりします。

実際、人間関係を理由に転職した人が多くいます。「退職理由の本音ランキング」では3位にランクインしてますね。

退職理由の本音ランキング

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

引用元:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10|リクナビNEXT

 

あなた
あなた

就活で失敗したくない…。どうすればいいの?

トニー
トニー

安心してください。自己分析をちゃんとやれば大丈夫ですよ^^

効率的な自己分析の方法を紹介する前に、自己分析をサボった場合にどうなるか、僕の体験談を紹介します。

早く自己分析の方法を知りたい人は、下のボタンをクリックしてください。

 

自己分析をサボるとこうなります

僕は就活生の時に自己分析をサボり、会社で働いている「人」で選ぼうとしたんですね。結果、失敗します。

入社する会社を「人」で選んではいけない

当時大学3年生の冬。就活真っ只中だった僕はこう思っていました。

トニー
トニー

自分はやりたいことはないけど、ありたい姿はある。だからありたい姿に近い人が多い職場に行こう

だから、自分がなりたい姿に近い人が多い職場かどうかを、その会社の社員に会いまくって判断していました。1社あたり多いところだと15人とか。

今思うと、この「ヒト理由」の企業選びはかなりリスクがあるのですが、その時は精一杯考えた結論でした。幼稚だったなあ…。

皆さんのなかで「〇〇さんがいるから一緒に働きたいと思った」「△△のような人たちと一緒に働きたい」という理由で選ぼうとしているなら、正直危険なのでオススメしません。理由は次の2つです。

  • 数値化されてないので、極めて感覚的な判断にならざるを得ない
  • あなたが目指している人が退職(異動)するかも

 

数値化されてないので、極めて感覚的な判断にならざるを得ない

志望企業にどんな人材がいるのか、と言うデータはほとんど数値化されていません。

その会社の「カラー」は確かになんとなくありますが、せいぜい「インフラ系の企業はお堅い人が多いし、ベンチャーはイケイケの若い優秀そうな人が多い」とかそのくらいでしょう。

大企業であればなおさら、会社にはいろんな人がいます。どんなに儲かっていて日本で有名な会社に勤めている人でも、全然仕事できない給料泥棒のようなおっさんはいます。

「△△な人がたくさんいる職場がいい」と言うのは、そもそも会社には多様な人がいる集合体なので、企業を絞り込むフィルターになり得ません。

 

あなたが目指している人が退職(異動)するかも

また、ベンチャー企業では「〇〇さんと一緒に働きたいと思いました」といって、入社する頃にはその人は退職している、なんてのはあるあるです。

また大企業も、採用イベントで会社の説明をしてくれたリクルーターの人は優秀なので、

あなた
あなた

ああ言う人と一緒に働きたい!

と思っても、そもそも自分が違う部署にいくかもしれないし、その人自身も違う部署を転々とする可能性があります。

 

これまでの話をまとめます。

  • 「ヒト要因」で会社を選ぶのは不確実なので、やめたほうがいい
  • 就活時に話を聞いた職場環境が、あなたが実際に働く環境と一緒とは限らない

 

効率的に自己分析をやろう

お待たせしました。それでは効率的な自己分析の方法を紹介します。

それは、「自己分析ツールを使用すること」です。

トニー
トニー

ありきたりな方法ですが、これが王道なんですよねぇ…。

オススメの自己分析ツールは以下の4つ。

  • キミスカ
  • dodaキャンパス
  • AnalyzeU+(Offer BOX)
  • 適性診断MATCH(マイナビ)

キミスカ

キミスカはスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトですが、無料登録後に行える「適性検査」の評判が良いです。特に逆求人は要らないという人でも、適性検査だけでも受けておくと良いでしょう。

キミスカの適性検査のいいところは、労力をそこまでかけずに性格診断と職種適正がわかる点です。他にもセミナーや検査などはありますが、10分ほどで完了する手軽さは素晴らしい。

  

受験すると、こんな感じの結果が得られます。

性格だけではなく、仕事に対する価値観もわかります。

他にも、職務適性やストレス耐性など全部で9つの項目から詳しい自己分析ができます。繰り返しですが、診断は10-15分ほどでできるので、かなり手軽ですね。

 

dodaキャンパス

dodaキャンパスもキミスカと同様、スカウトメールが届く逆求人型の就活サイトですが、こちらも10分程で手軽に適性検査を受けることができます。

キミスカに比べると、診断結果は簡素に表示されますが、メンタルの強さ(レジリエンス)・リーダーシップ・協調性(コラボレーション)がどのくらいあるのかを知ることができるので、評価が高い項目はそのまま自己PRに書くこともできるでしょう。

トニー
トニー

メンタルの強さを診断できるツールはあまりないので、dodaキャンパスも1度はやってみると良いと思います。

 

AnalyzeU+(Offer BOX)

こちらも同じく逆求人のサービスで、適性検査に力を入れているのでぜひ活用すべきです。質問数が多い(全部で250問、所要時間は30分程度)のですが、違った角度から職種がわかります。

AnalizeU+は社会で働いていく上で求められる力を⼤きく2つ(社会⼈基礎力、次世代リーダー力)に分類し、適性診断結果を基に適性を測定しています。

社会人基礎力はこんな感じ(他にも「考え抜く力」「チームで働く力」の2項目があります)。

次世代リーダー力はこんな感じ(他にも「周囲を牽引する力」「高め合う力」の2項目があります)。

一番右の列を見てもらうと、自分の強みの箇所には「★」が付いていますよね。これが他の人と比べるのではなく、あなたの特徴を表しています。

トニー
トニー

自分一人で強みがないと何時間も悩んでいるより、このサービスを使って30分でサクッと強みを客観的に分析してもらう方がコスパよくないですか?

 

適性診断MATCH plus(マイナビ)

適性診断MATCH plusはマイナビが提供しているサービスです。

MATCH plusの元となるテストは1984年に導入され、その後20年以上にわたって蓄積された人事データベースを持っています。

非常に豊富なデータベースを持っているからこそ、あなたの適性を客観的に割り出すことができるというのが特徴です。過去に300万人の就活生が受けたテストです。

テストを受験すると、あなたに向いている業界や職種の提案がなされます。

就活生であれば、マイナビは既にアカウント登録している人が多いので、新たに登録等の手間がかからないのはいいですね。

 

トニー
トニー

余談ですが、逆求人サービスが適性検査に力を入れている理由は、企業が学生にオファーを出す際に出来るだけ自社にあった学生にオファーを送れるように、細かな分析結果が出るような質の高い検査を用意してるんですね。

 

最後に|行動することで道は開ける

ここまで読んでいただきありがとうございました。

就活をしていると「考えても自分のやりたいことがわからない」と途方にくれることがあります。でも「考える=机に向かって紙に書き出す」ではありません。

自分一人で考えずに、素直にツールを利用しましょう。

人生で最初で最後の新卒の就活。どの企業に行ったら正解だったかは後からにならないとわかりません。でもその瞬間の見える景色の範囲で、自分がどういきたいかを納得して決断をすることが重要です。

後悔しないために、小さな一歩を今、踏み出しましょう。