DYMテックの特徴や評判は?現役フリーランスが解説します

フリーランス

DYMテックはフリーランス向けの案件を紹介してくれるエージェントです。エンジニア、Webデザイナー、マーケター向けの案件を保有しています。

なお、「週1~やリモート案件が豊富」と書いているサイトもありますが間違いです。
週5日の常駐案件が多くなっています。

やはり常駐を希望するクライアントが多いからですね。

 

サービスは2019年の5月ごろから開始されており、フリーランスエージェントの中では比較的新しい部類に入ります。

まだサービス開始してからそれほど時間が経っていないのもあり、なかなか利用した人の口コミや評判が見つからないのが現状です。

DYMテックのことを良く見せようとしている記事がありますが、この記事ではあくまでもリアルなDYMテックの特徴を紹介していきます。

DYMテックとは

DYMテックは、株式会社DYMキャリアが運営しているフリーランスエージェントです。DYM就職を運営する株式会社DYMの子会社ですね。

DYM就職では、ニート・フリーター・第二新卒向けの求人を紹介していますが、DYMテックでは未経験向けの案件はなく、だいたい経験年数2~3年以上の経験者向けのフリーランス案件を紹介してくれます。

エンジニアやWebデザイナー向けのフリーランスエージェントは多いですが、マーケター向けの案件も紹介してくれる数少ないエージェントです。

 

紹介してもらえる案件に関しては、先ほども言ったように週1~やリモート案件は少ないです。

週3日から参画できる案件もありますが、ほとんどは週5日の常駐案件です。

DYMテックに限りませんが、週5日の案件のほうがエージェントが取れるマージンが多くなるため、紹介してくれる案件の多くは週5日の案件となっています。

ただ、DYMテックの案件で年収が300万円以上アップした人もいるとのことで、他のエージェントにはない掘り出し物の案件が見つかる可能性もあります。

 

案件内容について

保有案件は日々変わるので、ここに書いてあることは参考程度にとどめておいてください。

誰もが知る有名企業や大手企業の案件も取り扱いがあります。

また、DYMグループは営業が強いので、急成長中のベンチャー企業の案件などを紹介してくれることもあります。

 

エンジニア案件だと、開発案件ももちろんありますが、インフラ系の案件も多いです。また、自社開発よりかは受託開発の会社の案件の方が多い印象です。

Webデザイナー案件だと、コーディングができないWebデザイナーの案件はほとんどありません。コーディングができないWebデザイナーはそもそも需要が少ないのですが、レバテッククリエイターならイラストレーターなどの案件もあるかもしれません。

マーケター向けであれば、大手広告代理店の案件や有名企業の自社サービスのデジタルマーケティング案件もありました(今はどうなっているか分かりません)。

ただ、Webディレクター向けの案件はほぼありません。

 

案件の単価感としては、レバテックフリーランスなどの大手エージェントとさほど変わりません。週5日でだいたい50~80万円/月といったところです。

また、大手エージェントと比べて案件数はそこまで多くはありません。ただ、案件は日々開拓されていますし、ドンピシャであなたに合った案件が見つかる可能性もあります。

なので、まずは登録して案件を紹介してもらうといいでしょう。

 

DYMテックの強み

営業力が強く案件の開拓に積極的

DYMグループの強みは先ほども紹介したとおり営業力の強さです。そのため、大手企業や急成長中の企業とのつながりもありますし、優先的につながろうとしています。

フリーランスエージェントとしては後発組なので、それでもなんとか大手エージェントに勝とうと日々奮闘しています。

1度登録すればメールで案件情報を送ってもらえる

これは強みと言っていいのか分かりませんが、定期的にメールで新着やおすすめの案件が配信されています。

公式ホームページもあり、案件を掲載する機能もあるのですが、こちらはずっと更新されていません。案件情報の更新をやるよりも、案件を開拓していくほうを優先しているのでしょう。

とにかくスピード感はある

DYMグループは各企業の社長とのつながりが強いです。そのため、最短3日で案件を獲得することもできるとか。

とはいえ、月末月初の忙しいときはさすがに3日で案件は獲得できるわけでは無いと思うので、早めにDYMテックに登録しておきましょう。

 

DYMテックの弱み

サービス開始から日が浅いため、サービス内容としてはまだまだ至らないところもあります。

首都圏の案件しかない

職種によらず、今はほぼ首都圏の案件しかありません。

フリーランス向けの案件はそもそも多くが首都圏の企業のものです。

ただ、フリーランススタートではフリーランス向け案件をまとめて検索できますし、地域による絞り込みもできるので利用してみるといいでしょう。

もしくは、エンジニアやWebデザイナーの方向けのリモート案件に特化したリモートビズも登録しておくことをオススメします。

案件のマッチング精度は少し低め

IT系の専門職の案件を紹介するにはエージェント側にも専門知識が必要です。

にもかかわらず、DYMテックはまだIT系の専門知識を身につけているエージェントは少ないです。

そのため、レバテックフリーランスなどの歴史のあるエージェントと比べるとマッチング精度は低い傾向にあります。

最初に提案された案件の中に希望する案件がなければ、自分が参画したい案件の条件(言語や勤務地、単価など)をしっかりと伝えて再度提案してもらいましょう。

案件紹介以外のサービスはほぼ無し

フリーランスエージェントの中には参画しているフリーランスをサポートしてくれるようなサービスをしてくれるところもあります。

例えば、レバテックフリーランスであれば、定期的に(美人の)サポート担当とランチに行け、参画している中で困っていることを相談できます。

また、テクフリではケガや病気で働けなくなった時に毎月15万円が給付される保険を無料で利用できます。

 

とはいえ、上記のようなサービスは当然エージェントが得ているマージンの中から費用が捻出されています。

DYMテックはそのサービスがない分、マージン率が低いと言えるのかもしれません。

 

DYMテックと併用すべきエージェント

フリーランスはいつ案件が終了してもいいように、複数のエージェントと付き合っておくのが無難です。おすすめのエージェントも選んでおいたので紹介します。

おすすめのフリーランスエージェント

レバテックフリーランス / クリエイター

利用者の平均年収862万円!エンジニア、Webデザイナー・ディレクター向けのエージェントです。

豊富な直請け案件を保有しており、利用者満足度も92.6%。報酬の受け取りも15日後に受け取ることができます。

その他、人間ドックやスポーツジムなどが特別価格で利用できたり、レストランでの食事・映画鑑賞・旅行などの割引が受けられたりといったサポートもあります。

なお、Webデザイナー・ディレクターの方はレバテッククリエイターをご利用ください。

 

BIG DATA NAVI

AI開発やデータ分析の案件に特化!エンジニア、マーケター向けエージェントです。

AIを用いたプロダクトの開発や分析基盤の開発といったエンジニア案件がメインですが、データ分析やアクセス解析などマーケター向けの案件もあります。

また、AI分野が未経験のエンジニアでも開発経験やインフラ構築経験を生かしてAI系の案件にも参画できます。

これからさらにAI分野の人材は需要が増えていくと思うので、今のうちからスキルアップしたい人にオススメ。

 

リモートビズ

リモートワークに特化!RubyやReact、PHPなどのWeb系のエンジニア、Webデザイナー向けエージェントです。

リモート、週2日~、時短など、あなたの生活スタイルに合わせた働き方を実現できます。子育て・介護と仕事の両立や、海外・地方で生活している方などにオススメです。

高単価の案件が多いわけではないですが、時給単価で3,000~5,000円のものが多く、他のエージェントと併用するといった使い方をオススメします。

 

テクフリ

低マージンと福利厚生がウリ!エンジニア、Webデザイナー・ディレクター向けエージェントです。

他のエージェントはマージンが20%ほどのところが多いですが、テクフリではマージン率10%~と低めなため、高単価を得やすいです。

また、テクフリ経由で参画すると、ケガや病気で働けなくなった時に最長で満65歳まで毎月15万円が給付される保険を無料で利用できます。

他にも、国内・海外旅行の割引や出前館で使えるクーポンをもらえるなど、正社員以上の福利厚生が受けられます。

 

フリーランススタート

全国のフリーランス案件15万件以上を掲載!50社以上のフリーランスエージェントと提携し、エンジニア、Webデザイナー、Webマーケターの案件を一括で検索できます。

検索サイトなので言語や職種、単価やエリアなどの条件で絞り込み検索ができます。ここで見つからなければフリーランスを諦めたほうがいいと言っても過言ではありません。

すべてのエージェントの案件を網羅できているわけではないですが、エージェントと併用しておくといざというときに焦らなくて済みます。

 

最後に|ひとまず登録しておくべし

フリーランスエージェントとしては後発なので、やはり先発の大手エージェントと比べると劣る部分はあります。

ただ、大手エージェントが保有していない案件を保有していることもあります。

まずは登録して案件を紹介してもらうか、メールで案件を受信できるようにしましょう。

そして、めぼしい案件が合ったときにこちらから連絡を入れるという利用方法がいちばん効率的だと思います。

 

フリーランスを長く続けていくためには仕事を切らさないことが重要です。

そのためにも、他のエージェントも複数登録し、併用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました