現役Webマーケターが選んだおすすめフリーランスエージェント・副業案件サイト

フリーランス

フリーランスの中でも数が少ないのがWebマーケター。そのため、案件を紹介してくれるエージェントや案件サイトも少ないのが現状です。

タケシ
タケシ

僕もフリーランスになったばかりのころは仕事がなくて困っていました

とはいえ、少しずつ数は増えてきていますし、年々Webマーケターの需要は増えてきています。

それでも、エンジニア向けのフリーランス案件をメインに取り扱っているところで、一部マーケター向けの案件もあるというものがほとんどです。

そこで、現役フリーランスWebマーケターである僕が実際に使ってみてよかったエージェントや案件サイト、副業サイトを紹介します。

週5メインのフリーランスエージェント7選

これからフリーランスになろうとしている人やマーケターとしての経験が5年以下ぐらいの人は、まずは週5日フルで働く案件に参画することをオススメします。

なぜなら、週5案件のほうがクライアントからの信用を得やすく、信用が得られると自分がやったことがない仕事でも振ってもらえ、スキルアップにつながるからです。

スキルアップしてきて自分が仕事を選べる立場になってきたら、クライアントと交渉し、週5日を週3日にしてもらうとか、単価を上げてもらうとかも可能です。

では、週5日案件をメインに取り扱っているエージェントを紹介します。

Webディレクター・マーケター案件増加中!:レバテッククリエイター

レバテッククリエイターは、Webデザイナー向けのフリーランスエージェントです。なので、Webディレクション案件が多めになっています。

ただ、ここ最近はWebマーケターの需要が増えており、SEOやアクセス解析の案件も取り扱っています。アクセス解析の案件を探している方は、次で紹介するBIG DATA NAVIも合わせて登録しておくといいでしょう。

一方で、Web広告運用の案件はほとんどありません。広告運用の案件は、そもそもが週5日のものが少ないので、広告案件を請けたい人は、ITプロパートナーズ副業・週1~2のところで紹介している案件サイトに登録してみてください。

レバテック自体、15年以上フリーランスの仕事探しのサポートをしてきているので、かなり信頼できるエージェントです。

データ分析・アナリスト向け:BIG DATA NAVI

BIG DATA NAVIは、AIに特化したフリーランスエージェントです。

主には、AIを用いたプロダクトの開発や分析基盤の開発といったエンジニア案件がメインですが、分析とマーケティングは領域的に近いので、マーケターでも参画できる案件があります。

例えば、PythonやSQLを使ったデータ分析やアクセス解析、Google AnalyticsやTableauなどを用いたデータ分析の案件などです。

こういったデータ分析の案件はエンジニアでは対応できないため、マーケターにとっては穴場の案件が見つかる可能性があります。

まずは登録してみて、案件の紹介を受けてみましょう。

マーケ案件が多めで週2~案件が豊富:ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、週2・週3の案件が多めなことがウリのエージェントです。実際に、約半分が週2・週3の案件となっています。

約10年の運営実績があり、他のエージェントよりも昔からマーケター向けの案件が多めです。

案件の幅も広く、SEOや広告運用、CRM、Webディレクション、動画ディレクション、ECマーケティングなど様々です。

マーケターであれば、とりあえず登録しておいて損はないでしょう。

低マージン&働けない時の保険が充実:テクフリ

テクフリは、低マージンと福利厚生がウリのエンジニア、Webデザイナー・ディレクター向けエージェントです。

他のエージェントはマージンが20%ほどのところが多いですが、テクフリではマージン率10%~と低めなため、高単価を得やすいです。

また、テクフリ経由で参画すると、ケガや病気で働けなくなった時に最長で満65歳まで毎月15万円が給付される保険を無料で利用できます。

他にも、国内・海外旅行の割引や出前館で使えるクーポンをもらえるなど、正社員以上の福利厚生が受けられます。

 

やはりエンジニア向けがメインなためマーケター向けの案件は少なめですが、単価が70万円や80万円100万円超えるものもあり、大手企業の案件も散見されます。

サイト上に掲載されているもの以外にも案件は保有しているので、ひとまず登録して案件の紹介を受けてみるといいでしょう。

Web・SNSディレクション案件が多め:エクストリームフリーランス

エクストリームフリーランスは、エンジニア、Webデザイナー、マーケター向けのフリーランスエージェントです。

マーケ案件はそこまで多くないですが、様々な業界のWebディレクションやゲーム系の開発ディレクション、SNSや動画ディレクションなどの案件が多めです。

他のエージェントと異なりゲーム系の案件に特に強いので、他のエージェントで案件が見つからなくても、エクストリームフリーランスでいい案件に出会えることもあるでしょう。

最後の手段:フリーランススタート

フリーランススタートは、フリーランスエージェントの案件を集めた検索サイトです。

マーケティング案件も検索可能で、5,688件の案件がヒットしました。

Webマーケの案件だけでなく、Webディレクションなど幅広い案件が検索できます。

検索サイトなだけあって、フリーワードと合わせて、勤務地や単価、稼働日数などでも絞り込み検索可能です。

ただ、フリーランススタートでは網羅できていないエージェントもいるので、フリーランスエージェントと併用することをオススメします。

スカウト機能つき:Modis Freelance

Modis Freelanceも様々なエージェントのフリーランス案件を集めたサイトです。

フリーランススタートと違うのは、スカウト機能があるところ。これまでの経歴を登録しておくとエージェントからメッセージが届きます。

ただ、小規模のフリーランスエージェントが多数登録しており、二次請け、三次請けの案件もあります。当然、二次請け、三次請けは単価が低めです。

また、とりあえずメッセージを送ってきているエージェントもいて、自分のスキルセットと全く違う(けど高単価)な案件を薦めてくるエージェントもいます。「高単価の案件に参画してもらえれば、自分が得られる手数料も多くなる」というエージェント側の意図が見えました。

フリーランススタートにはない案件があるのは魅力的ですが、上記のようなデメリットもあることを理解した上で利用したほうがいいでしょう。

» Modis Freelanceに無料登録する

 

副業・週1~2の案件サイト7選

最近では副業系の案件を紹介してくれるサービスも増えてきました。マーケター向けの案件を取り扱っているサイトも増えています。

マーケター向けの案件が多いサイトもありますが、全体的にそこまで案件数は多くはないので、こちらも複数のサービスに登録しておくことをおすすめします。

IT系のリモート案件が豊富:Workship

Workshipは、週1日~、土日のみ、副業・複業など柔軟な働き方の案件が中心のサイトです。マーケターやディレクター向けの案件もあります。

Workshipを通じて業務を開始すると、最大500万円の補償が受けられる保険が無料で自動的に付帯されます。情報漏洩・著作権侵害・サイバー攻撃による損害などの賠償責任に対してのものですね。

副業がはじめての方でも、万が一のときも安心です。

また、案件成約時に1万円のお祝い金ももらえるので、登録しない理由がありません。

マーケター向けの穴場案件が多め:Anycrew

Anycrewでは週1日~の案件を取り扱っており、リモート・在宅案件が多めです。

DXの推進やオンラインでビジネスを展開する企業が増えてきたこともあり、「週3日稼働で60~70万円/月」など、稼働日数の割に高単価な案件もあります。

他にも「週1日~参画できるWeb広告運用の案件」や、「週5日稼働で100~110万円/月のデータ分析案件」など、あなたの目的に合った案件を見つけられます。

 

またAnycrew独自の機能として、Facebookのつながりデータを基に、人脈が広い人ほど受注しやすい仕組みが整っています。

スキルに多少の不安があっても、人脈に自信のある方であれば十分案件を獲得できるチャンスがあります。

ディレクション・マーケ案件が多め:ソクダン

ソクダンは、リモート案件に特化した案件サイトです。

週1~2時間からでも参画できる案件があったり、フルリモート案件が多かったりするのが嬉しいところ。

マーケターに特化しているわけではありませんが、WebディレクションやWebマーケティングの案件はそこそこあります。

会員登録しておけば、自分に合いそうな案件が入ったときにはメールで連絡をもらうことができますし、会員限定で提携サービスの割引が受けられる「SOKUDAN PLUS」というサービスもあります。

とりあえず無料の会員登録をしておくといいでしょう。

高単価のスポット案件:ビザスク

ビザスクは、スポット案件を中心に取り扱っているサイトです。新規事業や業務で困ったことがある企業から、30分〜1時間のインタビューを受けることで報酬を得ます。

IT系に特化しているということはありませんが、SEOやWeb広告運用、メルマガ・CRMなど様々な案件があります。

時給換算の報酬が高く、手数料30%を引かれたあとの手取り金額で、だいたい20,000円/時ぐらいです。

とはいえ、マーケター向けの案件数自体は多くはないので、とりあえず登録だけしておき、自分に合った案件があったときだけ連絡をもらうようにしましょう。

マーケターに特化した副業案件:KAIKOKU

KAIKOKUは、マーケターに特化した副業案件の紹介サービスです。

月30~60時間程度の稼働で、10~20万円ほどの案件が多く、リモートに対応している案件も多いです。

いっとき、芋洗坂係長を起用したタクシー広告を打っていたようで、今では有名企業の複業案件もいくつかあります。

また、KAIKOKUはSEOや広告運用、CMOポジションの案件など幅広い案件がありますが、Webディレクションの案件は少ないです。

マーケターであれば登録必須のサイトです。

» KAIKOKUに無料登録する

先行登録すべし:WorkAny(ワークエニー)

WorkAnyは、2021年3月22日に正式にリリースされたばかりの新しいサービスです。

週1から働ける複業案件を探すことができます。

まだサービスリリースしてから日が浅いので、案件の数自体がかなり少ないです。

ただ、A8.netを運営する株式会社ファンコミュニケーションズが運営元であるためなのか分かりませんが、マーケター向けの案件が比較的多いです。

これから案件数も増えてくると思うので、先に会員登録しておけば魅力的な案件に先に応募できます。

幅広い副業案件:複業クラウド(旧:Another Works)

複業クラウドでは、IT系職種の案件に加え、成功報酬型の営業の案件もある急成長中のサービスです

マーケターの案件では、SEO、広告運用、Webディレクター、広報・PR、SNSアカウント運用、新規事業立ち上げ支援など幅広い案件があります。また、リモート案件もいくつかあります。

地方自治体との提携も進めているようで、会員登録しておくとメールでお知らせが来ます。

地方出身の方や地方在住の方は登録しておいて損はないでしょう。

» 複業クラウドに無料登録する

 

最後に|複数サイトの併用は必須

Webマーケター向けのフリーランス案件を紹介してもらえるサービスを紹介してきました。

やはりフリーランスといえばエンジニアやWebデザイナーの案件が多いので、マーケターであれば複数のサービスに登録しておき、よさそうな案件が見つかったら応募するという対応が必要だと思います。

 

フリーランスのマーケターはエンジニアやWebデザイナーと違い、成果が数字として出やすいので、うまくいけばクライアントの信用を得て単価や稼働日数の交渉がしやすいです。

そのためにも、まずはスキルアップが必要で、週5日の案件に参画したほうがスキルアップしやすいので、週5日の案件を紹介してくれるエージェントや案件サイトにまずは登録しておきましょう。

週5案件のエージェント

時間がない人や副業を希望している方は、以下のサイトの利用がおすすめです。

副業案件のサイト
タイトルとURLをコピーしました