失敗しないプログラミングのメンターの探し方【注意すべき4つのポイント】

プログラミング勉強方法

独学でプログラミングの学習をすると、誰もが自分の学習方法に悩むでしょう。

  • エラーが解決できずに挫折しそう…
  • 自分のスキルが上がっているかわからない
  • 転職できるレベルまでどんな学習をすればいいか不明

など、不安は尽きません。

こうした不安を解決する手段の1つとして、プログラミング学習のメンターを雇う方法があります。

そこで、今回はプログラミング学習で様々な悩みを抱えている人に向けて、

  • 優れたメンターを見つける4つの基準
  • メンター vs スクールのメリット・デメリット
  • プログラミングのメンターの探し方

についてお話します。

優れたメンターを見つける4つの基準

メンターはプログラミングスクール以上に当たり外れがあります。

なぜなら、メンターはエンジニアであることは多く、技術は扱えても他人に教えるプロではありません。

したがって、以下の4つの基準に当てはまっているか・優れたメンターであるかを見ていきましょう。

優れたメンターを見つける4つの基準
  • 基準1:メンタリングの範囲が明確
  • 基準2:現役のエンジニアであること
  • 基準3:あなたの状況に応じた提案をしてくれる
  • 基準4:お試しプランが存在する

基準1:メンタリングの範囲が明確

メンタリング範囲が曖昧なサービスは基本的に避けた方が無難です。

なぜなら、メンタリング範囲が不明確ということは、メンター側も教えるイメージが持てていない可能性が高いためです。

状況によって変わりますが、仮にあなたがエンジニア転職を考えているなら、以下の項目は確認した方がいいでしょう。

  • 価格(月額)
  • 相談のサポート時間と回数
  • カリキュラムやロードマップの有無
  • 面接対策や転職アドバイス
たかひろ
たかひろ

信頼できるメンターであるか文章からも読み取ろう!

基準2:現役のエンジニアであること

プログラミングの学習は、やはり現役のエンジニアから教えてもらうのがいいです。

例えば、IT業界の知識が浅い人であれば、以下のような情報は正しいかどうか判断が難しいです。

  • Rubyは最近廃れているって聞いたけど本当?
  • バックエンドエンジニアの需要は減っていくの?
  • クラウドがあるならインフラエンジニアは不要なの?

これらがどれだけ深刻に考えるべき問題か?は、現役のエンジニアが一番よく知っています。

業界知識や流れなどを知っているエンジニアがいれば、迷わずメンターとしてお願いしてみるといいですね。

たかひろ
たかひろ

初心者は極端な情報に流されがちになるから現場の意見を聞こう!

基準3:あなたの状況に応じた提案をしてくれる

メンターを雇うメリットの1つとして、あなたへオリジナルのプランを作成してくれる点です。

一般的にスクールなどでは、いくつかあるカリキュラムから選ぶため、オリジナルプランを作ってくれるわけではない場合が多いです。

しかし、個別の要望に応えてくれるメンターさんであればオリジナルプランであれば、を作ってくれる場合があります。

そしてオリジナルプランであれば、

  • サポート時間が合わない…
  • 学習時間が確保しづらい…

といった悩みも解決できることでしょう。

メンターの良し悪しは、メンターの口コミ・レビューを見て判断するといいですよ。

たかひろ
たかひろ

しっかり話を聞いてくれた!という口コミがあれば好印象◎

基準4:お試しプランが存在する

最後に、メンターが合う・合わないかも、選ぶ際に重要なポイントの1つです。

それを判断するには、実際にメンターのプランを受けることが最も早いです。

とはいえ、何個もプランを受けるのは金銭的に厳しいです。したがって、以下のようなお試しの単発プランで話を聞くのがいいでしょう。

お試しプランを通して、

  • 要望に応えてくれそうなメンターか
  • 信頼できそうなメンターか

を見ていきましょう。

 

メンター vs スクールのメリット・デメリット

比較,メリット・デメリット

メンターを雇うことを考えた際に「プログラミングスクールに通うのとどっちがいいか?」と悩む人も多いですよね。

ここでは、プログラミングスクールと比べたメンターのメリット・デメリットを解説します。

メンターのメリット
  • より講師との距離が近い
  • 価格がスクールより安い
メンターのデメリット
  • 当たり外れがある
  • 学習仲間がいない

メリット:より講師との距離が近い

メンターは個人で活動している人がほとんどです。

なので、それだけ講師と直接コミュニケーションを取れる機会が多いということです。

メンターとコミュニケーションが多いと様々なメリットがあります。

  • 現場の情報から必要な技術を教えてもらえる
  • エラーの解決までが早い
  • 技術の動向を聞ける

こうした生の声を聞けることは大きなメリットです。

プログラミングスクールで生徒と講師の距離が近いところは数少なく、メンターを雇う大きなメリットといえます。

たかひろ
たかひろ

メンタリングを受けている生徒からもこのメリットは大きいと聞くよ!

メリット:価格がスクールより安い

プログラミングスクールは、平均として1ヶ月あたり10万円もの金額がかります。
※以下の記事にも書いたとおり、スクールでは平均3ヶ月で35万円もの費用がかかります。

一方、メンタリングサービスは最も充実したプランでも、月に5万円を超えることはあまりありません。
平均的には月に1〜2万円程度のプランが多い印象です。

スクールほど手厚いサポートは期待できませんが、価格の安さは非常に魅力的と言えるでしょう。

たかひろ
たかひろ

メンターのプランを見ると結構サポートも充実していることがわかるよ!

デメリット:当たり外れがある

メンターのデメリットとして、正直当たり外れもあります。

  • 期待してたほどメンタリングをしてもらえなかった
  • 聞きたいこと答えがいまいち合わない

など、少しでも「ん?」と違和感を感じることがあれば、そのメンターは避けるべきです。

そのためにも、一度お試しプランを受けてから、問題なさそうだと判断できる人にメンターをお願いしてみましょう。

たかひろ
たかひろ

まずはお試しプランをいくつか検討してみよう!

デメリット:学習仲間がいない

また、メンタープランの多くでは学習仲間がいないことがほとんどです。

なぜなら、個人では知名度や労力の観点から、プログラミングスクールほど多くの人へ教えることが難しいためです。

仲間がいないということは、

  • 自分である程度モチベーションのコントロールする必要がある
  • チーム開発など複数人での作業が難しい

ということを意味します。

とはいえ、モチベーションを上げるためには、スクール以外にもいくつか方法があります。以下の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。
» プログラミング学習でモチベーションが出ない5つの原因と解決策

 

プログラミングのメンターの探し方

では、プログラミングのメンターの探し方について解説します。

いくつか方法がありますが、以下の3つくらいがメンターを探しやすい場所といえます。

  • 中長期のメンターを探すならMENTA(おすすめ)
  • 一度切りの相談をするならココナラ
  • 手厚いサポートが欲しいならプログラミングスクール

中長期のメンターを探すならMENTA

MENTAの特徴は、プログラミングに強みのあるメンターを簡単に探せる点です。

プログラミングに強みがあるため、メンターのプランも豊富です。

メンタープラン例
  • 転職までのサポートプラン
  • 単発の相談プラン
  • フロントエンドエンジニア相談
  • エンジニアのキャリア相談

種類も多く、価格も月に1〜2万円程度と全体的に良心的です。

知名度も上がってきて聞いたことがある人もいるかもしれません。エンジニア界隈でも有名なサービスなので、利用する価値の高いサービスです。

登録は無料なので、登録だけしておいても損はないでしょう。

一度切りの相談をするならココナラ

続いて、テレビCMでもおなじみのココナラです。

ココナラはスキルのマッチングサービスで、数多くのエンジニアが登録していますが、MENTAのようにエンジニア特化というわけではありません。

なので、中長期的なサポートを求める人には不向きです。

ちなみに僕もココナラで、気軽にエンジニアに関わる相談をしたいという方に向けてサービスを出品していたことがあります。

なお、MENTAでも同じことが言えますが、人気のエンジニアほど枠がすぐに埋まるので、早めに登録しておくことをおすすめします。

手厚いサポートが欲しいならプログラミングスクール

最後に価格は上がりますが、プログラミングスクールに通うという方法もあります。

ここまでもお話しましたが、プログラミングスクールは、

  • 体系的なカリキュラムや学習ノウハウ
  • 転職先の紹介
  • オフライン教室
  • 現場で必要な技術を学ぶ環境

など、通常のメンタリングサポートでは受けられない充実したサポートを受けることができます。

 

とはいえプログラミングスクールは価格が数十万円もするものが多く、少し手が出せない…と感じますよね。

しかし、良質なスクールほど未経験エンジニアを引き上げてくれる場所はありません。プログラミング学習で挫折するぐらいなら、お金を払ってでもスクールを利用する価値はあります。

中でも一番おすすめのスクールはtech boostです。

tech boostをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • メンターは優秀な現役エンジニアのみ
  • オンラインでどこでも受講可能
  • 一人ひとりに最適な
  • キャリアサポートが充実している
    ※運営会社が人材紹介やフリーランス向けの案件紹介をやっているため

 

また、tech boostについて簡単にまとめると以下の通りです。

入会金219,780円(税込)~
受講料月額34,760円(税込)~
対応言語PHP、Ruby、JavaScript、Javaなど
学習内容基礎からオリジナルアプリ開発まで
学習形態オンライン or 通学(渋谷)
受講対象制限なし
学習期間3~12ヶ月

料金は少し高めですが、着実にスキルを身につけられるため、料金に見合ったリターンがあると言えます。

まずは無料相談会で、あなたに合った学習プランを提案してもらうといいでしょう。

 

まとめ|エンジニアを目指すならメンターは効果が高い!

ここまで紹介してきたように、メンターを選ぶ基準は以下の通りです。

メンター選びの基準
  • 基準1:メンタリングの範囲が明確
  • 基準2:現役のエンジニアであること
  • 基準3:あなたの状況に応じた提案をしてくれる
  • 基準4:お試しプランが存在する

メンターはプログラミングスクールと比較すると、サポートは少し薄くなりますが、それでも価格と内容によっては非常に魅力的といえます。

個人的な意見としても、スクールは「高いな…」というイメージはありますが、メンターは自己投資としてはコスパが高いといえます。

月に1万円程度であれば、飲み会2回を断る程度です。まずはオンラインサイトでメンターを探してみてはいかがでしょうか。

  • MENTA :メンターを探すことに特化したマッチングサイト
  • ココナラ :テレビCMで話題。スキルのオンラインマッチングサイト
タイトルとURLをコピーしました