格安ギフト券サイトのAmazonギフト券が安くなる時期を調べてみた

未分類

2020年の新型コロナウイルス流行後からAmazonなどのECサイトを利用する機会が増えた人もいるでしょう。

実は、こうしたECサイトで利用できるギフト券を安く買う方法があるのです。

ただ、その値段は時期により変動しますし、安く買えるだけあってリスクもあります。

そこでこの記事では、特にAmazonギフト券を安く変える時期や購入時の注意点を紹介します。

格安ギフト券の売買サイトについて

格安ギフト券の売買サイトには、ベテルギフトGiftissueアマテンなどがあります。

時期により価格は変動しますが、Amazonギフト券だと約3~30%引きで購入することが可能です(2020年の新型コロナウイルス流行中はかなり安くAmazonギフト券を買うことができました)。

Amazonギフト券は公式サイトでも購入が可能で、Amazonギフト券を購入することでポイントをもらえますが最大でも2.5%です。

なので、公式サイトで購入するよりも、ベテルギフトなどを利用したほうがより安く購入できる可能性は高いです。

 

また、購入する際には手数料もかかりません。

ただ、購入の際には、売買サイトの口座にあらかじめ入金しておかないと購入できないプリペイド形式となっています。早ければ入金してから数分ぐらいで売買サイトの口座に反映されます。

一度、売買サイトに入金したお金を出金するときには、出金手数料がかかります。

 

どこのサイトが一番安いの?

結論、どのサイトを使ってもあまり違いはありません。

有名どころのベテルギフトGiftissueアマテンの3サイトのAmazonギフト券の値段を同日・同時刻で比較してみたところ、

  • ベテルギフトは86%(14%OFF)
  • Giftissueは87%(13%OFF)
  • アマテンは86.8%(13.2%OFF)

でした。

どのサイトを使うか迷ったら、ベテルギフトを選んでおけば問題ないでしょう。

 

取り扱っているギフト券

出典:ベテルギフト

どのサイトでも、Amazonギフト券やiTunesカード、Google playポイントなど、主要なギフトカード・ポイントカードは網羅されています。

上記はベテルギフトで購入できるギフト券です。

DMMポイントやプレイステーションストアカード、ANA・JALの株主優待券なども購入可能です。

 

Amazonギフト券を安く買える時期

結論としては、月初もしくは月末が比較的安く買える時期ですが、値段の変動は常に起きていて、月や年によっては15%以上値段が違うこともあります。

また、曜日別に見てもほとんど差はありませんが、月曜日が少しだけ安く買える確率が高いです。

 

参考までに、ベテルギフトに書かれていた安く買える時期は以下の通りです。

・1~5日の月初め…キャリア決済、カード締め日明け
・8~10日…10日の給料日前
・16~18日…15日締めのクレカの締め日明け
・22~24日…25日の給料日前
・曜日は銀行の営業明けの「月曜日」がおすすめ

特に月初、月末にamazonギフト券が売られる総量が増える傾向があり、1日や31日は取引量も特に多くなっています。
次いで中旬も給料日前やカード締め日明けの理由から、お得にamazonギフト券を購入できるチャンスですよ。

引用元:アマゾンギフト券の毎月の売買の総量とタイミング|ベテルギフト

ただ、月ごとに変動がありますし、月中で一気に値段が変動することもあります。

 

日付ごとの値段の変化

実際にGiftissueのAmazonギフト券の最安価格を毎日1時間ごとに取得してみました。

取得した2020年4月~2021年3月のデータを、月ごとに1日~月末まで並べてみたところ、月中で販売率(価格)が上昇し、月初もしくは月末が比較的値段が安いことが分かります。

販売率とは、Amazonギフト券の販売価格を額面金額で割った数字です。例えば、額面金額が10,000円のAmazonギフト券を9,000円で販売していた場合、販売率は90%となります。

ただ、月ごとの値段の変動も大きく、さきほどのグラフで言うと、2020年7月や8月は販売率が88~89%なのに対し、2021年2月は72~73%と、15%以上の差があります。

 

月ごとの値段の変化

また、7月や8月が高く、2月が安いかと言うとそうでもありません。

2019年1月~2021年6月までの月の平均の販売率を、年ごとにグラフにしてみたところ、年によって値段の安い月は違っていました。

 

曜日ごとの値段の変化

さらに、2020年4月~2021年3月のデータを曜日ごとに集計してみると、月曜日が少しだけ安かったです。

表にしてみると、以下のようになります。

曜日中央値最安値最高値
日曜日83.8%71.0%94.0%
月曜日83.0%70.0%93.0%
火曜日83.5%71.0%92.8%
水曜日83.5%69.0%92.9%
木曜日84.0%70.0%93.0%
金曜日83.7%70.0%92.5%
土曜日83.5%71.0%94.7%

 

格安ギフト券の売買サイトを利用するときの注意点

不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券は、たとえ自分のアカウントに登録した後であってもAmazonギフト券が無効化されることがあります。

実は、ベテルギフトなどの売買サイトでは、詐欺などで不正に取得されたAmazonギフト券が出品されている可能性があるのです。

例えば、ゲームアカウントを渡す代わりに、「Amazonギフト券を3万円分購入してギフトコードを共有しろ」みたいな事件ですね。Twitterでこういう詐欺が行われているようです。

  

また、Amazonの公式サイトにも、以下のような記述があります。

下記をはじめとする、Amazon.co.jp が承認していない購入サイトにおいて、詐欺など不正取得の可能性のあるAmazonギフト券が販売されている事例が多数報告されています。

・amaten (https://amaten.com/)
・アマオク!(https://amaoku.jp/)
・giftissue (http://giftissue.com/)

Amazon.co.jp では、Amazonギフト券細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)および無効化ならびに関連するアカウントの停止を随時行っております。そのため、未承認の購入サイトから Amazon ギフト券を購入された場合、お手持ちの Amazon ギフト券が予告なく使用できなくなる場合があります。

引用元:ご購入に関する注意:ギフト券|Amazon.co.jp

しかも、ベテルギフトなどの売買サイトでAmazonギフト券を購入するときには、どのギフト券が不正取得されたものなのかというのは判断することができません。

以下のように「エラー回数」という項目がありますが、これはあくまでもベテルギフトのサイト内で購入したときにギフト券が有効ではなかった割合であって、取引したAmazonギフト券が不正に取得されたかどうかとは関係ありません。

(なお、購入後30分以内であれば、有効ではなかったギフト券は返金対応してもらえます。)

ただ、安心してください。これには対処法があります。

その対処法とは、額面で2万円以上の値段のギフト券を購入しないことです。

経験上、僕はこれまで2万円以下のギフト券しか購入したことがありませんが、1度も無効化されたことはありません。

これは、Amazon側も高額なギフト券を優先的に調査していると考えられ、また詐欺をするにしても1度で高額なギフト券を手に入れたほうが効率がいいです。

Amazonに限らずギフト券は購入後に金額を変更したり、分割したりできないので、高額なギフト券を購入しないことで、上記のリスクは回避できます。

 

ただし、100%はありえません。あくまでも経験上2万円以下のギフト券しか購入したことのない僕は、ギフト券を無効化されたことはないというだけです。

また、先ほどの論理が正しければ、額面の金額が安いほどギフト券が無効化されるリスクは低いと言えます。

いくら安いからといって、高額なギフト券を購入することはやめましょう。

 

最後に|格安ギフト券の売買サイトを賢く利用しよう

先ほど紹介したように、格安ギフト券の売買サイトを利用する際にはリスクもあります。

しかし、普通にギフト券を手に入れるよりも圧倒的に安くギフト券を購入できるため、うまく利用すれば節約になります。

また、取り扱っているギフト券の種類も増えてきており、楽天ペイでも使用できる楽天ポイントギフトカードもAmazonギフト券ほどではないですが、安く手に入れることができます。

楽天ペイはスーパーでも利用できるところがあるので、Amazonでは買えない食料品までも安く買うことができます。

使い方さえ間違わなければ便利なので、まだ登録してなければベテルギフトに登録しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました