ベンチャーとスタートアップの違いをサルでもわかるように解説します

ベンチャー転職
あなた
あなた

ベンチャーとスタートアップって何が違うんだろう。転職の時の探し方に影響とかあるのかな

こういった疑問を持っている人もいると思います。

僕はこれまでに2回転職しているのですが、1回目の転職で大企業からベンチャー企業に転職しました。

トニー
トニー

ベンチャーやスタートアップにある程度詳しい僕がその違いや転職するときに気をつけることを紹介します。

スポンサーリンク

ベンチャーとスタートアップの違い

日常的に使われている「ベンチャー」と「スタートアップ」の意味の違いは、端的に言うと、

  • ベンチャー企業:新しいことにどんどん挑戦する会社(企業規模はそこまで関係ない)
  • スタートアップ企業:立ち上げたばかりの小規模な会社

という感じです。

「ベンチャー企業」は、基本的には企業規模が小さめの会社に対してもちいられますが、「ミドルベンチャー」「メガベンチャー」という言葉もあるように、比較的規模が大きな会社でも、新規事業の立ち上げや新規市場の開拓に積極的であれば「ベンチャー企業」と呼ばれています。

「スタートアップ」は、もともとアメリカで使われだしたのですが、アメリカでの使われ方と日本での使われ方には違いがあります。

次からその詳細な違いを紹介します。

 

ベンチャー企業とは

ベンチャー(venture)とは、「アドベンチャー(adventure)」と言う英単語にもあるように、そもそも「冒険、あえて侵す危険」と言う意味があります。

ここから転じて、ベンチャー企業は以下のような意味で用いられています。

ベンチャー企業とは新しい技術やビジネスモデルを有し、大きなビジネスリスクをとって新規事業に 挑戦する企業である

引用元:ベンチャー企業の創出・成長に関する研究会 最終報告書

なお、スタートアップと比較される意味でのベンチャーはアメリカでは通じない和製英語です。経済産業省が作成している資料では上記のように定義されています。

 

スタートアップ企業とは

「スタートアップ」という用語は、シリコンバレーで使われ始め、その後日本に入ってきました。アメリカでスタートアップが指す企業として挙げられるのは、Google、Amazon、facebook、Uberといった、イノベーションを起して短期間のうちに圧倒的な成長率で事業を展開する企業です。

 

アメリカのstartups.comと言うサイトにスタートアップとは?が説明されているので本記事ではこれを引用します。

まず、前提は下記の通り。

from single founders with no team to some of the biggest tech companies in the world, our definition of “startup” is extremely broad — and very unclear.
訳:スタートアップの定義はめちゃ広いし、そして曖昧

そして、広く一般に広まっている定義は下記の通りと記載しています。

A startup is a human institution designed to create a new product or service under conditions of extreme uncertainty.
訳:スタートアップとは、極めて不確実な環境のもとで、新しいプロダクトやサービスを生み出すことを前提に構成された組織

曖昧だとした上で、スタートアップには以下のような特徴があると言っています。(原文はちょっと多すぎるので一部抜粋です…)

  • 成長することにフォーカスしている
  • 問題を解決するそれなしでは生きていけない
  • 市場に受け入れられるようなプロダクトを追い求めている
  • 世の中のギャップを埋めようとしている

また、アメリカで用いられる「スタートアップ」は、ベンチャーキャピタルなどから資金調達し、売却か上場を意識していることが多いです。

 

ただ、日本では「スタートアップ」は、『立ち上げたばかりの小さな会社』として使われることが多いので、アメリカでの使われ方と違っています。

トニー
トニー

これは推測ですが、立ち上げたばかりの小さな会社は単なる零細企業なのですが、それをかっこよく見せるために、小さな会社に対して「スタートアップ」という言葉が使われだしたのだと思います。

 

ポイントをまとめます。

  • ベンチャー企業は現在の会社の規模によるものではなく、どちらかと言うと心構え的な感じ(創業100年の会社でも、うちはベンチャー魂を持って新規事業に取り組んでます!的な言い方ができそう)
  • スタートアップは新たに生み出された組織であるので、規模感は小さく、会社であれば設立間もないイメージがある

 

ベンチャーとスタートアップに共通すること

ベンチャーとスタートアップは、どちらもまだ世の中にない価値を新たに生み出して提供すると言う点では両者とも共通しています。

なので、こういった会社には以下のような共通点があります。

メンバーの平均年齢が若く、自由度が高い

新しいテクノロジーを事業の核としている企業も多いため、最新のテクノロジーに順応した比較的若い人が多く働いています。

また、企業としての歴史が浅い新しい企業なため、古い価値観や企業文化などがなく、比較的自由な雰囲気の企業が多いです。

 

ストックオプションによって多額のお金を手に入れられる可能性がある

企業によっては、ストックオプションという従業員が自社株を購入できる権利を持たせているところもあります。

もしその会社が上場したり、売却されたりすると、株価が一気に跳ね上がるので、多額のお金を短期間で得られる可能性もあります。

例えば、2019年12月に上場したfreee株式会社では、6万株の自社株を持った従業員の方がいます。

freeeの株価は2021/5/5現在約9,000円ほどなので6万株=約5.4億円の資産になります。

このようにして、従業員のモチベーションをあげている会社も中にはあります。

 

即戦力や成長スピードが求められる

規模が小さな会社には、資金的な余裕があることが少ないです。社員の給料を支払うために、目先の売上を立てるために日々奔走しています。

社員の教育にまで手を回せないので、プログラミングやマーケティング、財務など、特定のスキルに秀でた人や飲み込みの早い人でないと活躍するのは難しいです。

 

長時間労働になりがち

先ほども紹介したように、資金的に余裕がない会社が多いので、経営者を含め、長時間労働することでなんとか事業を成長させようとしている会社は少なくありません。

また、残業代や退職金も出ない会社も多くあります。

 

社内制度は整っていないことが多い

企業規模が小さく、教育制度や福利厚生などについては大企業のように整っていないケースがほとんどです。
しかし、制度がないからこそ個人に合わせて柔軟に運用できたり、その後制度を作る際に自分の意見を反映してもらえる利点もあります。

 

スタートアップやベンチャーで活躍できる人とは

スタートアップやベンチャーといった小規模な会社で活躍できるためには、それなりのスキルが必要となります。専門的なスキル以外にも、「こういう考え方ができる人は向いている」というのを紹介します。

できない理由よりできる理由を考える人

事業がまだ軌道に乗っていない段階では、数多くの壁にぶつかります。失敗することの方が多いです。

それでもできる理由やどうすればできるのかを考えて実行していくことが求められます。

壁にぶつかるたびにできない理由を考えてしまいがちですが、そんな時も「何とかなる」という気持ちで粘り強く前向きに取り組んでいく姿勢が必要です。

  

自ら考える力

スタートアップやベンチャーではとにかくスピードが求められます。大企業と比べると資金力でも人材の量や質でも劣るため、スピードぐらいでしか勝てないからです。

そのため、上から来る指示を待って動くのではなく、自ら考えて提案し、会社を動かしていくような力が必要になります。

 

好奇心や情報収集能力

スタートアップやベンチャーは新しいテクノロジーを扱うことが多いため、最新情報のキャッチアップは非常に大事です。

また、職種の垣根を超えて仕事をすることもあるため、幅広い知識が求められます。

今の自分の仕事に関することはもちろん、これから必要になりそうな知識もどんどん吸収していく必要があります。

 

考えるよりも行動する

会社というのは、何もしなくてもお金は出ていきます。従業員の給料や社会保険料、オフィスの家賃などです。

何もしなくてもお金が出ていくのであれば、お金が無くなる前に売上をあげなくてはいけません。

そのためには、失敗するかもしれないけれど、とにかく行動して試行錯誤していくことが求められます。

行動していくと、「何をやれば失敗するのか」というデータが蓄積されていくので、結果的に売上上昇へと近づくことになります。

 

ベンチャーやスタートアップに転職するときに気をつけること

これまで紹介してきたように、ベンチャーやスタートアップ企業では、比較的激務なことが多いですが、その分得られる経験値も大きく、短期間で一気に成長することができます。

そのため、ベンチャーやスタートアップに転職しようと考えている人も少なくないと思います。

ただ、ベンチャーやスタートアップに転職する際に最も気をつけないといけないのは、「ベンチャーの皮をかぶったブラック企業」を見極めて避けること

 

ベンチャーの皮を被ったブラック企業というのは、表向きには「世界を変える!」と聞こえの良いことを言っているが、実態はその事業はメインではなく、裏で単なる下請け作業で稼いでいる、とかです。

こういう企業の元では「仕事のやりがい」「自己成長」という言葉の元で、経営者に搾取されて人生終了です。。その後病んでしまったり、著しく自尊心を低下させられて転職すらできなくなったりします。。

こういう企業では得てして給料も安いものです。

 

あなた
あなた

じゃあどうやってブラック企業を見極めたらいいの?

という方向けに、優良ベンチャー企業とブラック企業の見分け方を紹介します。

トニー
トニー

結論から言うと、内部事情に精通しているエージェントを味方につけることです。

エージェントを使うとブラックなベンチャーを避け、優良ベンチャーを見分けられる理由は下記3点です。

  • 理由①:エージェントは定期的にベンチャーの人事と連絡を取っているので内情について詳しい
  • 理由②:入社後にすぐ退社をするとエージェントも儲からない
  • 理由③:ブラックな企業を紹介するとエージェント会社の評判が落ちる

理由①の「内情」というのは、例えば次のようなことです。これらを企業ごとに把握しているので、求職者の情報をみたときにマッチング率の高いベンチャーを紹介できます。

  • どのポジションの人材が急ぎ必要か
  • どのようなスペックの人材が必要か
  • その人はどのような働き方をすることになるのか

理由②は、多くのエージェントが「長期で活躍する人材を紹介する」インセンティブが働きます(入社後に半年以内に退職したら、紹介料の半額を返金など)。よって、あなたにフィットしない会社を紹介すると自分たちの儲けが減ってしまうのであまりやりません。

理由③は、そのままですね。ブラック企業を紹介するエージェントだと悪評が立つと長期的に商売ができません。

 

このように、転職エージェントを活用することでブラックなベンチャーを極力避けることができます。

もちろんエージェントに丸投げしてしまうのはよくありません。ハズレのエージェントに当たる可能性もあるので、自分の中で仮説を持って話を聞くのが大事です。

上で紹介した見分け方を参考にしつつ、独力に頼らずに転職エージェントをうまく活用することが優良ベンチャーへの転職のコツです。

トニー
トニー

実際にベンチャー企業に転職した経験のある僕が、おすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も20万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

 

doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

 

パソナキャリア

業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人を保有!特に、IT業界やメーカーのエンジニアや営業の求人が豊富です。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴で、

  • 自分が本当に転職したいかわからない
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

 

JACリクルートメント

薦めたい転職エージェントNo.1!年収600万以上のハイクラス&専門職に特化した転職エージェントです。

  • 高学歴な方
  • 英語あるいは別言語の能力がある方
  • 技術職など特定スキルに関するスペシャリストの方
  • マネジメント経験がある 海外勤務経験がある方

にオススメ。

一方、現時点で年収が500万円未満の方は、登録してもほとんど求人を紹介してもらえないこともあるので注意!

 

ベンチャーセールス

転職後の平均年収603万円!20代限定の営業職に特化した転職エージェントです。

転職先の業界は、不動産、金融、IT、人材業界など様々な求人を保有しているので、あなたの求める条件に合った求人を紹介してもらえます。

  • とにかく年収アップしたい
  • 営業職としてキャリアアップしたい

といった方にオススメ。