パソナキャリアの自己分析セミナーは期待値超えまくってきた【実体験】

転職準備

こんにちは、トニーです。

パソナキャリアが主催する「自己分析セミナー」というものに行ったのですが、結論から言うとかなり期待値超えてきました。特に転職が初めての人は必見です。

トニー
トニー

僕はこれまで2回転職してますが、パソナキャリアのエージェントはキャリア支援の質が高く、転職者に対する対応が本当に丁寧です。

今回は、そのセミナーの内容をレポートしたいと思います。

注意点

2021年4月現在は、この記事で紹介する自己分析セミナーは行われておりません。

代わりに転職相談会がオンライン(全国)・東京・大阪・名古屋で開催されています。

なので、この記事に書かれていることは参考程度にしていただくのと同時に、パソナキャリアのキャリア支援がどういうものなのかを感じていただければと思います。

パソナキャリアの転職セミナー&転職相談会を探す

トニー
トニー

パソナキャリアに登録すれば無料で転職相談もできるので、「相談してみようかな

スポンサーリンク

どんなセミナーなの?

内容の詳細は後ほど述べますが、ざっとこのような感じです。

  • 場所:株式会社パソナ本社(東京駅から徒歩5分ほど)
  • 時期:隔週で土曜日の15:00~17:00
  • 内容:自己分析の仕方、書類選考や面接時に面接官が見ているポイントのレクチャー
  • 費用:無料!

講師は誰なの?

そもそもこのセミナーは、パソナの1人の社員が立ち上げたセミナーです(なので基本1人で運営しています)。

パソナ社員
パソナ社員

自分自身が学生時代の就活や、1社目の会社でキャリアにとても悩んでいた。同じように転職で悩んでいる求職者を直接支えたい!

という想いがあって自分で開催しているそうです。

そのため、転職者への想いやりが半端なく詰まっています。転職セミナーによくある、転職ゴリ押しの感じは一切ありませんでした。転職者のことを丁寧に思いやるパソナさんならでは、でした。

一人でやられている為、いつまで開催されるかわかりませんので、興味がある方は早めに行かれることをオススメします。

 

セミナーでは何をやるの?

構成は次の3つで、合計2時間程度でした。

  1. パワーポイントによる自己分析の方法の講義
  2. 実際に自分の自己分析のワーク+時々隣の人とディスカッション
  3. 持ち帰り用の自己分析ワークシートの解説

2人がけのテーブルが6つほどあり、今回は12人ほどいました。

基本的なベースは自己分析の仕方を前に写したパワーポイントを使って講義をしてくれるのですが、間に隣の人との意見交換タイムがありました。

参加者
参加者

転職のことを見ず知らずの人に言うのもなあ

とみんな最初は少し遠慮していたのですが、話していくうちに転職に関する悩みは皆近しいことがわかり、思ってた以上にディスカッションは良かったです。

休み時間にはお互いの転職活動の進捗とかを話しているグループも複数ありました。

 

なんでそんなにオススメなの?

実際僕も転職2回しているので、自己分析とかある程度できる認識だったんですが、本当に行って良かったと思っています。その理由は3点あります。

転職の実例が豊富

講師はパソナのキャリアアドバイザーチームのマネジャーなので、転職の支援経験が豊富です。

なので、転職しようかどうか悩むいろんなパターンの人に対して、豊富な経験をもとに説明をしていたのがとてもわかりやすかったです。

 

転職のゴリ押し感が0

これ本当にパソナのいいとこだと思うんですが、転職者への寄り添いが半端ないです。

普通こう言うセミナーでは、いかに転職希望者がいつのサービスを使うとよいかの宣伝になるのですが、そのような内容は全くなく、純粋に自己分析をどう言う風にやるのが良いのかについて教えてくれました。

唯一営っぽい営業が、セミナーの最後に次のように行っていたことです。

パソナ社員
パソナ社員

転職するかしないか、本当にどっちでもいいです。いざ転職をするとなったら、情報戦だから転職エージェントを使って情報を引き出しましょう。

最高かよ。

 

対応が正確かつ早い

セミナー後の対応もスピード感があり好感が持てました。

セミナー終了から2時間ほどで、宿題でもらった自己分析シートの書き方や、キャリアアドバイザーへの添削依頼の方法などのフォローメールが来ました。

 

気になるセミナーの中身を一部公開!

詳しくは実際のセミナーが開催されているときに行ってもらうのが一番ですが、今は開催されていないようなので、自分が特に学びになったことを書いていきます。

転職理由と退職理由は異なる

面接t官
面接t官

転職理由はなんですか?

と聞かれた時に、よく退職理由を言ってしまって面接で落ちる人がいるそうです。

あくまでこれら2つは同じ内容で、ポジティブに言うのかネガティブに言うのかの違いでしかないのですが、面接時にだんだん「退職理由」を言っている事が面接官に伝わってしまうと落ちる可能性が高いとのこと。確かに。

 

性格診断とかは定点観測すべきもの

性格診断って一度はどこかでやったことあると思うんですけど、その時々で自分が仕事で大事にしている価値観は異なるんですよ。

あなた
あなた

昔1回やったから俺はもういいわ

じゃなくて、性格診断は定期的に実施するのが大事です。

 

更にいえば転職活動中は、面接やセミナーなどを通じていろんな考え方に触れています。

これまで認識してなかった自分の性格が見れるかもしれません。これを知らずに、後から「実は自分にあってる仕事はこれだった…」なんて後悔したく無いですよね。

 

診断ツールは色々ありますが、リクナビNEXTのグッドポイント診断はかなり充実しているので、やって損はないでしょう。

 

「誰かに話す」はめちゃめちゃ有効

転職活動をしていると、何回もぶつかる質問が「なんのために転職をしたいのか」という問いですよね。

これは「誰かに自分の想いを話す」ことで超整理できます。

これまで皆さんは、人に話しているうちに自己解決した、なんてことありませんか?

あれは話しているうちに自然に自分の思考が整理されるからです。

転職活動をそもそもすべきなのかどうなのかを明確にするためにも、パソナキャリアなどの転職エージェントを使って活動するのがいいですね。

 

慣れないことをやる時の「スモールステップ理論」

例えば、読書の習慣をつけたい場合には、とりあえずカバンに本を入れておくことから始めると良いとされています。

つまり、転職を考えている人も、いきなり難しいことをやるのではなくて、まずは自分ができる範囲の小さなことでいいからやりだすと良いんです。

転職エージェントに登録して面接をしたりセミナーに行くのが億劫であれば、まずは転職サイトに登録だけして、情報を眺めるだけでもOKです。小さなステップから初めて、だんだん大きくできれば良いんです。

 

転職初心者こそパソナに登録しよう

転職エージェントはたくさんありますが、私が20代の2回の転職で10社以上と面談をしてきた経験からして、パソナキャリアは転職初心者にはまず間違い無いエージェントです。

理由はただ1つで、転職者のサポートが一番手厚いからです。

 

例えば、リクルートエージェント・マイナビ・dodaは、転職について比較的前向きに検討している人であれば向いていますが、「まだ転職自体も悩んでるし、転職の軸もブレている」という状態であれば向いていません。

なぜなら、この3社はエージェントが支援を開始してから3ヶ月以内に転職が決まらなければ、基本的にはエージェントによるサポートは終了するからです。

一方、パソナキャリアであればそのような期限もなく、なんのために転職したいのかという軸の選定から一緒に付き合ってくれます。

 

終わりに|いつだって行動するかどうかは自分次第

ここまで読んでいただいてありがとうございます。ただ、残念ながらこの記事を読んだだけでは、あなたの転職活動は何も進んでいません。

また、転職活動は「誰からも頼まれていないこと」です。だからこそ後回しにしがちです。

週末に少し転職について考えても、月曜からまた仕事が始まれば目の前の仕事に忙殺されてしまい、だんだん転職について考えなくなって日々が過ぎてしまいます。

これまでのキャリアの棚卸しや、これからの自分の働き方を見直すきっかけとしても、まずはパソナキャリアに相談してみることをオススメします。

 

トニー
トニー

僕も転職の1歩目を踏み出すのは少し怖かったです。でも、だれかに相談してみると意外とすんなり進んでいきました。

転職相談した結果、昔の会社にそのままい続けることで自分の未来の価値がなくなっていくと思って踏み出した結果、今の自分があります。

転職活動をする一番いいタイミングは「今」この瞬間です。この瞬間にきちんと行動をできる人は将来もきっと大きな決断ができます。ぜひ自分の人生、自分の力で良い方向に持っていきましょう。