給料が高い営業以外の仕事は何がある?稼ぎたいならコレに転職!

営業職の転職

「つらい営業から転職したい・・・」

「でも今より給料が下がるのは困る・・・」

と悩んでいませんか?

確かに安定した給料は仕事選びの大切な条件ですよね。

そこであなたの転職を応援するために、高収入を得られる営業以外の仕事をまとめてみました!

つらい営業から一刻も早く転職したいと思っている人は必見ですよ!

つらい営業・・・その給料とは?

ノルマに人間関係、はっきり言って営業ってストレスの塊ですよね。

そんな営業の給料事情ってどうなっているのでしょうか?

きついからこそ給料が高いのか、逆にきついわりに給料が低いのか・・・。

現在営業の仕事をしている人なら、もうわかっているかもしれませんが今一度営業の給料事情を見ていきましょう!

営業の年収は400~500万円

営業の年収について調べてみたのですが、平均300~500万円。

特に低いわけではありませんが、特別高いわけでもありません。

ただ

  • スキル
  • 勤続年数
  • 役職

などでも年収が変わってくるので、経験を重ねるうちに給料がアップするかもしれません!

しかし実際に営業をしている人たち多くは、仕事がきついわりに給料が少ないと不満を持っているようでした。

確かに不規則な生活、残業、無理のあるノルマなどを考えたら、給料は少ないのかもしれませんね。

ノルマが達成できないと減給される!?

営業の仕事には必ずついてくるノルマ。

会社によって違いますが、ノルマが達成できなかった場合給料がカットされる可能性があるんです。

一生懸命アポを取り、契約に繋げようと努力してもノルマが達成できなかったら減給・・・。

営業が好きな人や向いている人なら何も問題はありませんが、向いていない人や嫌々営業をしている人にとってはとても苦痛ですよね。

ですから、安定した給料を求めている人は早めに転職することをおすすめしますよ!

 

安定した給料をもらうならコレ!営業以外の稼げる職業

前項では営業の給料事情についてお話してきましたが、ノルマで給料が減ってしまうなんてなかなか残酷な仕事ですよね・・・。

そんな営業の仕事とおさらばするためにも、営業以外の稼げる仕事を紹介していこうと思います!

ノルマもなし、安定した給料がもらえる仕事ばかりなので、転職する際の参考にしてくださいね。

資格不要!誰でもなれる『プログラマー』

まず紹介したいのが、やる気があれば誰でもなれるプログラマーのお仕事です。

仕事内容を簡単に説明すると、パソコンを使ってシステムやソフトウェアを作るというもの。

中には「資格がないと無理でしょ」と思っている人もいるかもしれませんが資格は不要なんです!

ちなみになんの知識もなかった人が、活躍する技術者に成長したケースもあります。

しかし、一日中パソコンと向き合いバグが出るたびに修正するなど、地道な作業の仕事なので根気と体力が必要になってきます。

あとはやる気さえあれば誰でもなれる職業なので挑戦してみる価値アリですよ!

そして気になるプログラマーの平均年収ですが、約400~500万円と営業とほとんど変わりません。

給料が気になって転職に踏み出せなかった人も、これを機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

営業の経験が役に立つ『企画職』

営業の経験が役に立つ仕事として挙げられるのが企画職です。

企画職とは、商品の企画を提案したり、どうしたら商品が売れるのかを考える仕事です。

つまり「消費者が何を求めているか」「社会ではどのようなものが求められているのか」を理解する必要があるんです。

そして、営業経験者はその2つを理解していることが多く、企画職にとても向いていると言われています。

一生懸命学んできたからこその能力を存分に発揮できる仕事なのでとてもおすすめですよ♪

さらに、企画職の平均年収も営業とほとんど変わらない約400~500万円なので、給料を気にすることなく転職に励めるのではないでしょうか!

 

転職するなら『転職エージェント』を利用しよう

「よし、転職活動だ!」と意気込んで転職サイトを利用しようと思っている人は、ちょっと待ってください!

本気で転職を成功させたいなら、転職サイトではなく「転職エージェント」がおすすめなんです。

「なにそれ?」と思っている人のために簡単に説明すると、申し込むだけで転職のプロが詳しいアドバイスやピッタリの求人を紹介してくれるというサービス。

これだけでは、どこが転職サイトよりも魅力的なのかわからないと思うので、次項で転職エージェントについて詳しくお話していきます。

転職エージェントならではのメリット!

それでは転職エージェントのメリットと転職サイトを比べてみたので、見ていきましょう。

転職エージェント転職サイト
求人数が数万件以上なうえに、その多くが非公開求人。
そのため応募が殺到する可能性が低く、採用率が高くなる。
求人数が数千件で、すべてが公開求人。
誰でも閲覧可能ですが、応募が殺到するため採用率が低くなってしまう。
転職のプロが面談後、応募書類の書き方や面接対策について詳しくアドバイスをしてくれる。Web上で転職に関するコンテンツを気軽に読むことができる。
長所や職務経験をもとに、その人に合った仕事を厳選し紹介してくれる。
内定後も円満退社のためにサポートしてくれたり、入社日の交渉もしてくれる。
経歴などを登録することで、気になる求人に誰でも応募ができる。

転職エージェントと転職サイトはこんなにも違いがあることがわかっていただけたと思います。

転職サイトは誰でも閲覧可能なので、気軽に転職活動ができますが目当ての仕事に転職できない可能性が高いです、

それに比べて、転職エージェントは限られた人しか求人を閲覧することができないうえに、プロが厳選して紹介してくれるので、自分に合った仕事を見つけられますよ。

もし本気で転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用することをおすすめします!

利用はすべて無料ですし、転職相談だけでもOK。おすすめの転職エージェントも選んでおいたので、最後に紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】

★複数に登録しておくと転職成功率がアップします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は、なんと言っても求人数の多さ。日本一の求人数を誇ります。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人も10万件以上あり。

様々な職種、年齢、勤務地に対応しており、転職した者の2/3は一度は登録しています。

豊富な転職支援実績データに基づく選考サポートが手厚く、履歴書作成から面接準備まで転職のプロがサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。

カウンセラーの対応も迅速なので、働きながら転職活動をするのにうってつけのエージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、転職者の年収UP率が59%を誇る転職エージェントです。

世界でもTOP3位に入る人材会社のアデコグループが運営しており、細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当しています。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能です。

エージェントは各専門職種に精通しているため、他のエージェントにはできなかった専門的なことまで相談できます。

doda

dodaは、転職者満足度No.1、人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種ごとの多種多様な求人を保有しています。

求人数もリクルートエージェントに次いで多く、非公開求人を含めて約10万件。大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。

履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれるなど、転職成功のサポートも万全です。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

といった人にオススメ!

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、20代からの信頼がNo.1の転職エージェントです。

熱意のある担当者によるサポートも評価が高く、中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評があります。

転職サポートについては、職務経歴書のブラッシュアップや模擬⾯接はもちろん、利⽤回数や期間に制限なく転職相談をすることが可能です。

また、関東圏・関西圏・東海地方の求人が豊富で、20~30代向けのベンチャーから大手まで優良企業の求人を保有しています。

識学キャリア

識学キャリアは、急成長中のベンチャー企業に特化した転職エージェントです。

「識学」という組織コンサルを展開している会社が運営しています。
「識学」は大手企業や有名企業、上場企業などでも導入されており、導入企業は軒並み業績が伸びています。
また、2019年に上場した企業の10%以上は識学を導入しています。

 

特徴は何といっても紹介先企業との結びつきの強さ。組織コンサルを提供しているぐらいなので、企業の内情は知り尽くしています。そのため、高いマッチング精度が期待できます。

まだまだ相談者の数が少なく、他の転職者と競争しなくて済むので、今スグ登録しておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました