意外と知らない
転職サイトの選び方

質問に答えるだけで、
あなたに最適な転職サイトがわかる!

転職に失敗している人には
共通点があります

イメージ画像

転職サイトに登録したけど、
自分の希望と違う求人を紹介された

イメージ画像

エージェントと面談したけど、
その後求人の紹介や連絡がない

実はこれ、転職サイトの選び方を
間違えてしまっているのです。

転職サイトごとに
「ITエンジニア向けに特化」「若年層向け」「高年収のハイクラス向け」
などの特色があります。

転職サイト選びで失敗しないためにも
最適な転職サイトを診断してみましょう。

転職サイトを選ぶときの注意点3つ

注意点 1転職エージェントは
1つだけでなく複数利用する

転職エージェントごとに保有している求人が異なるので、複数のエージェントを利用することで、あなたに合った求人に出会える確率が上がります。ただ、あまり多すぎても転職エージェントとの面談や連絡回数が増えるだけなので、3社ほどがオススメです。

注意点 2根拠のない口コミやランキングを
信じてはいけない

口コミのサイトを見ていると、転職エージェントの悪い評判が書かれているかもしれません。それは、転職エージェントもすべての人に合った求人を保有しているわけではなく、人によって合う合わないがあるためです。Amazonなどでも同じだと思いますが、人は悪い評判の方を書きたくなってしまうものです。なので、悪い口コミを信じてしまうと、逆にいい転職ができなくなってしまう可能性があります。

注意点 3各転職サイトの強み・特徴を
理解せず選んではいけない

繰り返しになりますが、それぞれの転職サイトでは取り扱っている求人が異なります。主には、職種や年齢、希望勤務地によって選ぶべき転職サイトは異なりますが、性別や該当職種の経験年数、現在の年収などによっても選ぶべき転職サイトは違っています。なので、まずは転職サイト診断で、あなたに適した転職サイトを診断してみましょう

実は公開されている求人が
全てではない…?

実は、転職エージェントは非公開求人という、一般には公開されていない求人も保有しています。一般的には非公開求人の方が公開求人より魅力的な条件になっている事の方が多いですが、以下の理由で非公開にされています。

イメージ画像

1. 特定の企業への応募の集中やミスマッチを防ぐため

どの転職サイトでも、人気の求人に応募が集中することはよくあります。ただ、このように一部にだけ応募が殺到してしまうと以下の様な問題が発生するため、あえて非公開にしています。

  1. 企業が採用に要する時間が無駄に増えてしまう。
  2. 転職サイトが十分に、あなたの経歴やスキルをチェックできず、ミスマッチが増えてしまう。

非公開にしなければ、企業にとっても、転職サイトにとっても、あなたにとってもデメリットが多いのです。

イメージ画像

2. 企業の人事や事業戦略の内情が漏れるのを防ぐため

例えば、新規事業を始めたり、既存の事業の方向転換をしたりする際に、一気に人を増やしたり、別のスキルを持った人材が必要となったりする場合があります。それらの人材の募集を、誰もが見られるサイト上に掲載されていたらどうでしょうか?せっかく極秘で進めていたプロジェクトの情報が社外に漏れてしまうことになると思います。
そのため企業は、社外に極秘の情報が漏れないようにし、他の企業との競争に勝とうとしているのです。

イメージ画像

3. 急募でサイト上に情報公開する時間的余裕がないため

特に急成長中の企業において、急募で募集をしている場合があります。その時は、転職サイト側も企業のニーズに応えるためにサイト上に求人を載せることよりも、企業に人材を紹介することを優先させる場合があります
そのため、サイト上には掲載されず、結果として非公開求人になってしまうことがあるのです。
非公開求人でも、マッチしている求人があれば転職サイトとの面談のときに紹介してもらえるので、まずは登録してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました