飲食社員の労働時間。長時間拘束する言い訳ランキングを大公開!

ブラック企業辞める

飲食店の社員。そのデメリットは何と言っても拘束時間の長さ。

通常短いと言われる飲食店でも12時間は縛られる。

飲食店はどこもこんなもんだ・・

こういった感じで達観してしまい疑問視してない人が大抵でしょう。

しかし本当にそうでしょうか?惰性に流されていないでしょうか?

このまま漫然と働いていても環境が改善されることはないでしょう。

 

そこで、会社が飲食社員を長時間拘束する言い訳を大公開します。

自分の置かれた環境に照らし合わせてみて、何かのヒントになればと思います。

言い訳ランキング

営業時間が固定だから仕方ない

一番の理由はこれでしょう。

普通飲食店では、8時間から12時間近く営業しているのが普通です。チェーン店などでは24時間営業もあります。

  • 人手不足であれば社員は自ら体を張る
  • 売上が悪ければバイトのシフトを削り自分が出勤
  • 早開け遅じまいで営業時間を伸ばす

お店に不測の事態が起こった時には社員が体を張って、身を乗り出さなければなりません。勿論それに対する見返りは皆無です。

長時間拘束して給料は固定。ある意味で良いとこ取りです。自分がオーナー社長だとしたら嬉しい限りの出来事です。働かせるだけ働かせて反映は無し。

普通の思考であればこんな事は誰もやりたがりませんよね。

だからこういった無茶を遂行するには工夫が必要になるのです。

  • 飲食業はどこもこうだという常識を認知させる
  • 日頃の教育で、売上がなければ生存なしの考えを浸透させる
  • 情報弱者を積極採用する
  • 忍耐強い家庭持ちを採用する

こんな工夫を効かせて、営業時間が長く固定だから、飲食の社員は労働時間が長いのは仕方ないんだと言い張ります。

 

オーナーの武勇伝

社長
社長

俺の時代は今と違って毎日徹夜で働いた

こんな事を仰ぐオーナーは多い。自分の苦労話を棚にあげて、だからこんな事で弱音を吐くな的な話しをします。

昭和の高度経済成長期に全盛期を過ごした人に多いのかもしれません。

しかし今や時代はネット全盛の平成。おかしな事やルール違反をしでかしたらすぐにインターネットで拡散します。

社員の底上げのためにこういった発言をしているのでしょうが、こういった事態を受けて疑問に思った人はすぐにGoogleで検索をかけるでしょう。

TwitterやInstagramでもつぶやきを繰り返し、本当に今の自分の立場が正当なものなのか確認することも簡単にできます。

言ってみればすぐに不当な事に気づくのです。

 

「俺もそうゆう感じでやってきたんだから、お前も同じようにやれ」というのは時代錯誤も甚だしいのです。

こんな感じで飲食の労働時間に無頓着なオーナー社長がいたら要注意かもしれません。

これだけネットで飲食店の就業条件の悪さが露呈されてるにも関わらず、そこにメス入れをしようとしないのは、世論を全く無視しているか、打つ手が思い浮かばない無能さを表します。

搾取するだけされて後には何も残らない。こんな事が将来にわたって起こる事が予想されます。

 

売り上げが悪いから

ごもっともの理屈です。売り上げが悪ければ社員の給料を支払うことはできませんから。

居酒屋などの飲食業態ではあくどいキャッチを雇って、無理くりにでも客を引っ張ってきて売り上げを立てているお店もあるほど。

利益追求団体である以上は、是が非でも生き残るためには売り上げを向上させるのは必要不可欠です。

しかしここで冷静に立ち返ってもらいたいです。

そもそもの売り上げ不振の理由として、ブランディングなどの戦略や、しっかりした教育の仕組みが構築されていないことが挙げられます。

簡単に言えば、働く環境・意見を言う環境が整ってないのです。

当然ながらその代表的な理由として、飲食店独特の長時間労働があります。

売り上げという数字を上げることだけに注目して社員の働く環境を整えない。目も向けない。

この状況で売り上げが悪いからと言って既存の社員にしわ寄せがいっている限り、労働時間の改善は難しいと言えます。

 

言い訳を受けての改善案と対策

飲食業という業態の都合上長い営業時間を強いられるのはやむを得ません。

しかし、短期的な視点で今月は売り上げが良かった、先月は悪かったといったスポット的な話ではなく、社員を売り上げ向上の歯車とみなさない意識を会社全体で持つことが必須です。

社長
社長

飲食業は長時間労働が普通だ

辞めたらまた募集すればいい

こういった空気感の強いお店は、今後も人員の流動に歯止めがかからない事が予測されます。

人がいなければ充分な店舗オペレーションも技術継承もできません。「こんな店こなければよかったな」と感じるお客さんを量産し続けるわけです。

こんな事を繰り返していて売り上げなんか立つはずないのです。

 

インターネットでブラック企業といったキーワードが拡散する前までは、飲食業に限らず企業のダークな部分が明るみに出ませんでした。

極端な話が社員を使い捨てるような雇い方でもビジネスが成功したのです

しかし今の時代で社員を長時間労働で縛り上げ、パケット定額使い放題のような手法で雇っていたら、その会社に未来はないでしょう。

 

一般人でも情報検索力はかなり高い時代です。

もし自分の働いているお店が上記のような項目に当てはまっていて、この記事に行き着いているなら、運が良いと言えます。

どうか早い決断を願います。

世の中には健全な手法で取り組んでいる飲食店は沢山あります。

飲食業にウンザリしているなら幾らでも他業種をネットで探せもします。

流通する情報を素早くキャッチして実際の自分の人生が豊かに向く方に利用していただけたらと思います。

 

とはいえ、転職するにしてもいきなり会社を辞める前に、まずは転職エージェントに相談してみることをオススメします。

水面下で転職活動し、転職先が決まってから退職届を出す。こうすることで、自分の収入が途切れることも防げますからね。

このようにスムーズな転職を行うためにも転職エージェントは利用すべきです。転職エージェントは企業の紹介だけでなく、書類の添削や面接対策も行ってくれるからです。

 

また、注意しないといけないのが、転職エージェントの中にも、ブラック企業でもいいから、とにかく紹介数を伸ばして利益を伸ばそうとしている悪質なエージェント会社もあります。

それを避けるためにもおすすめの転職エージェントを選びましたので、紹介します。

おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント一覧【無料】
ブラック
ブラック

複数に登録しておくと転職成功率がアップします

リクルートエージェント
リクルートエージェント

日本一の求人数!非公開求人も10万件以上あります。

幅広い年代、様々な職種に対応しているため、転職するならとりあえず登録しておくことをオススメします。

  • 初めての転職の方
  • これまでの職歴や学歴にあまり自信がない人

でも問題なく対応してもらえます。

また、面接対策が充実しており、年収アップの交渉もやってもらえます。

Spring転職エージェント
Spring転職エージェント

年収UP率59%!細かなカウンセリングによる高いマッチング精度が売り。

普通のエージェントは転職者と企業側の担当が分かれているところ、Spring転職エージェントは1人で転職者と企業側を担当。そのため、企業カルチャーとの相性まで見極めることが可能。

また、エージェントは各専門職種に精通しているため、話しやすいのが特徴です。

パソナキャリア
パソナキャリア

ベンチャーから大企業まで30,000件以上の豊富な求人数!未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・部長・事業責任者クラスまで、多種多様な求人を取り扱っています。

初めての転職の方でも安心できるような丁寧なカウンセリングが特徴。

24~49歳ぐらいまでの関東・関西・東海に在住の方で、

  • 自分に合った会社に転職したい
  • 自分の転職の軸がわからない

といった方に特にオススメ。

マイナビAGENT
マイナビAGENT

ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅しています。

中小企業や第二新卒のための独占案件の多さに定評あり。熱意のある担当者によるサポートも評価が高いです。

20~30代の人で、

  • 各業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらいたい人
  • 応募書類の準備~面接対策まで、親身な転職サポートを受けたい人

に特にオススメ。

doda
doda

転職者満足度No.1!大手企業から中小やベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。
人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数でNo.1を獲得しており、職種も多種多様な求人を保有しています。

  • 次こそは長く働ける職場を探したいと考えている人
  • 転職活動に失敗したくない人
  • 自分の適正がまだ分からない人
  • じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

などの人にオススメ!

タイトルとURLをコピーしました