長時間労働が美徳になっている会社からは逃げろ!

ブラック企業辞める

電通の長時間労働事件を発端に、長時間労働のあり方が注目を集めています。

人員の問題や会社の利益構造の問題など色々ありますが、長時間労働が蔓延している会社に、

「長く沢山働くことが美徳」

と捉えているフシがあります。

なぜこんなことが起きてるのか?

そんな会社に将来はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

年功序列の世代が作った歪んだ価値観

一昔前、日本が高度経済成長期の時代は、数(人数)のチカラが後押しし生産性が悪くても利益があがる仕組みができあがっていました。

それを我が社の実力と錯覚した経営者は、数のチカラに魅了され、量をこなせば成果があがるという方向にのめり込んでいったのですね。

多くの海外の企業が少ない時間、頑張らないで成果を上げる方向にこだわったのに、日本の企業は頑張って成果を上げるという方向にこだわったのです。

なまじ数で成果が上がるあまり生産性は置き去りにされ、数をこなすという部分に視点があつまり、同時にそれが価値観としても固まっていきます。

 

長時間働けば成果がでる

「長時間労働は美徳」の背景には、こんな当時の時代背景も反映しているという事実は否めません。

そして問題なのは、この古い価値観を引きずったままの人が今の会社の幹部になっている点。

さらには数を基盤にした利益構造が壊れてきているのに、古い価値観だけは生き続けているという矛盾。

「長時間労働は美徳」という価値観に陶酔している経営陣が、会社の中枢を陣取っているために、若手や新人がこれをくつがえすことが非常に難しい点も問題の解決を遅らせているのです。

  • 早く帰ろうとすると嫌な顔をする
  • 仕事を切り上げるために早出したのに、余裕があるとみられる
  • 幹部が長時間働くことに謎の達成感を感じている

会社全体がこういった空気感に包まれているので、自分だけ、自分の部署だけ早く仕事をきりあげることが中々できないのです。

仕事、仕事、仕事。

我慢が勝利を生む。こんな歪んだ価値観を持っている年配者がなんと多いことか。

えてして、こういった価値観が浸透している人間に限って我慢の捉え方を間違えている。

 

給料は我慢料か?

長時間労働が美徳という価値観を持っている上司に限って、「給料は我慢料」などという人がいる。

我慢して金を貰う??

今一よく分からないですよね?

 

「給料は我慢料」という上司は、何かに耐える事で利益が増大していくとでも思っているのか?

一昔前の時代だったら、耐えてさえいれば給料が上がっていったのかもしれない。時代の潮流に乗っかってさえいれば、会社やブランド商品のおかげで物がバンバン売れたからでしょう。

言い換えれば、自分以外の何者かが別の所で利益を上げてくれていたので、自分は何もしなくても我慢さえしていれば給料がもらえたとも解釈できます。

申し訳ないが今に照らしていえば、こんな甘い考えは通用しない。

なぜなら、給料の対価はどれだけ価値を提供できたからです。

 

会社から給料を貰えるのは、お客に対してどれだけ価値を提供できたかで決まります。

  • 接客
  • 建築
  • 設計
  • 料理
  • 安全

こういった価値を、それぞれ個人の技量や力量に従い駆使し提供し、対価として給料を得ているのです。

長時間労働が美徳と捉えているアマちゃんは、こういった考えが希薄です。

価値がお客の元に届くまでのプロセスは、客側にとっては一切関係のないものです。

サービスや商品の品質・納期に問題がなければ、途中経過はどうでもいい話。

その事実をよく理解している人は、途中経過を時間や量などの数で計るようなことはしない。

長く時間をかけたから品質の良いものが完成するとは限らないし、コストを膨大に増やしたところで成果が上がるわけでもない事を十分理解しているのです。

ここに「給料は我慢料」などと言っている人とに深い溝があるのです。

  • 給料は我慢料の人 = 時間を切り売りし、価値を創造するアイデアが無い
  • 給料は価値の対価の人 = 斬新なアイデアを売って対価にお金を貰う人

数に価値を置く人と仕組み(アイデア)に価値を置く人には歴然とした差があるのです。

全く価値観のそぐわない2者が同じ会社に混在しているもんだから、下の立場の人間はストレスを感じないわけがないのです。

その上、少ない努力で成果を上げたとしても、みあった評価がなされないから余計に息苦しい。

 

長時間労働=努力量が多い?

時間をかけてダラダラ働く事で成果が上がるならみんなそうするでしょう。

しかし、スポーツの世界でも実証されているように時間量と成果は必ずしも平行するわけではありません。

 

プロ野球界「ダルビッシュ」選手の言葉でこんなフレーズがあります。

スポーツの世界でこういった事が顕著なのだから、ビジネスの世界ではより顕著なのではないでしょうか?

同じことを闇雲にやり続けていてもいずれ廃れる。そうならないための仮説と検証を繰り返す。頭を使う。考察する。

 

長時間労働が美徳という発想は、頭を使わないで努力するという発想に似ています。

時間を使えば使うほど成果がでるという単純な理屈。

残念な事にこんな理屈はもうとっくに終わっています。なぜなら時間を使って成果を上げる仕事は今後ロボットに取って代わっていくことが明白だからです。

柔軟な発想の若者ほど、こういった現実をしっかり理解している。

だから無駄に長時間縛られることが非常に歯がゆい。

 

最後に:逃げるという選択肢を持っておく

長時間労働が美徳な会社で働き、無理に順応しようとするとますます疲弊します。

そんな時は「逃げる」という選択肢を自分の中に持っておいて下さい。

 

なにも会社を辞めるという「物理的な逃避」を持てということだけではありません。「精神的に逃げる」という思考法を持っておくのです。

一言で言えば、

「周囲に合わせる自分から逃げる」

のです。

これは何も現実逃避するという意味ではありません。

周囲に無理に合わせるのでなく、自分らしく生きるためにはどうすればいいのか?を模索するために同調せずに逃げるのです。

 

みんなやってるからという理由で、無理に歩調をあわせていればどこかで必ず息切れを起こします。

そうならないためにも「逃げる」という選択肢を置いておけば、考えに整理がつき、では具体的に何をやったらいいのかが見えやすくなります。

堂々と逃げるということは、自分自身に堂々と向き合う事と同義。

 

参考になるかわかりませんが、私が長時間労働のブラック企業から脱出した体験談をまとめていますので、興味があれば見てみてください。